「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< バレリーナ 母の結婚 2 >>
格子を昇るもの

ここに植え付けて2年、Mme.Alfred Carriere もここまで伸びました!
f0160480_168303.jpg

葉の展開も上々。さすがです。
なにもやらなくても花はたくさん咲くので今年も無肥料です。


一方、左側の Reve d'Or も健闘しています。
f0160480_16175568.jpg

わかりにくいとおもいますが、後方の赤っぽい葉がそれです。
f0160480_16191859.jpg

左手前にジューンベリーが写っています。もうすぐ咲きそうです。

Reve d'Or の横には Parks' Yellow Tea-scented Chinaもあり、まだ負けてはいますが、
今株もとからシュートが何本か出ていて末恐ろしい、いえ、将来がたのしみです〜。^^;


格子の東面(正面からは見えない)には Clematis armandii 'Apple Blossom'
f0160480_16142234.jpg


f0160480_16274962.jpg

このクレマチスは 原種 Clematis armandii を元にした園芸品種のようです。
ということを最近知りました。

笹の葉のような常緑を持ち、うちでは植え付けて2年なので、まだそこそこしか咲きませんが、
たわわに咲く日が来るのではないかと思います。

 Clematis armandii は、中国原産、南部から西部にかけて広く分布するといいます。
Armand David (アルマン・ダヴィッド)神父(あのチベタヌスを発見した。パンダを紹介したり。)
にちなんだ学名なので、
armandiiはアルマンディイと発音するのが正解です。

その隣にはシロモッコウバラもあって、やっと蕾を確認しました。
f0160480_16364240.jpg



     その他

家の北側の植物も動きを見せています。

f0160480_16375070.jpg

ムシカリの蕾がぶちぶちっと・・・
やっと見られる。  うれしい

シャクナゲ、何とかの装いはフライング気味にひらきかけています。
f0160480_16405122.jpg

[PR]
by sakillus | 2009-04-07 16:40 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/10736287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fairyhatskyoko at 2009-04-07 16:54 x
sakiさん、こんにちは。
今ごろ、お母様の結婚の話を読んでます。・・・まあ、素敵だわ。
本当に素敵だわね。
自分にはないものを持っている・・・それに少しあこがれが混ざって素敵と思ってしまうのかな。
人はだから、それぞれに皆素敵じゃないですか?
というか、素敵だと思う人に吸い寄せられるように近づいてしまうのかな。

そして、今のsaki さんが素敵なのよ、絶対ね。
何か、しっぽを持っているってわけだから。
Commented by sakillus at 2009-04-07 21:27
kyokoさん、こんばんは。^^。

いやぁ・・・素敵ってわけでもないんですが。まぁ、人って掘り下げてみないとわからないことも
あるってことですね。と、今さら娘が言うのっておかしいでしょ?

わたしは実家の家族には誰にも似ていない、異邦人みたいだとおもっていたので、
母の話を聞けたのは良かったです。
遺伝子があっても似ていない、自分にないものを持っているというのはありますね。

ほぇ〜っ。そう言っていただけるとうれしいです。そんなに素敵じゃないですが。あはは・・・
しっぽですか? 悪魔?
尾てい骨はしっぽの名残だといいますね。それが取りきれていない、つまり原始的というのはあるかも・・・

そうだ! わたし、kyokoさんにいただいた帽子ちょこちょこかぶっていますよ。
おしゃれだけれど、カジュアルなのがいいですね! かぶらないとき小さくしまえるのも。
Commented by AIKO at 2009-04-09 19:29 x
おお~、レーヴ・ドールもパークスも恐ろしいですよね。
キャリエール夫人も華奢なようですごいです!
sakiさんのお宅の格子は無数の花で覆われるでしょうね~~!

アルマンディイですね(^^ゞ
ピーチブロッサムの香りは本当にリンゴのようでしょうか?
我が家のはリンゴとはちょっと違うような気がするのです。
もっと強く、少し刺激があるような気がします。

>祖母ー父のラインからははずれている
外れていませんって!
淑やかでいらっしゃいます。
Commented by sakillus at 2009-04-09 22:56
AIKOさん、こんばんは。

さらに西側の格子はアルバ・セミプレナが控えております。フフフ。
レーヴ・ドールはすごいですよね! 葉もほぼ常緑のようで、病気にも強い!
肥料もたいしてあげていないのにあの多花性。
ハイブリッド・ムスクにも一役かっているのですね。(トリアーの2世代上の親)
アルマンディイもAIKOさんに教えてもらってわたしもはじめて気づきました。
どれを見てもアーマンディーでしたものね。学名だと思いませんでしたよ。
昨日本屋で「クレマチス」という最近出たほんを買ったらこれもアーマンディーになっていました。
荻巣先生の本にはアルマンディイとしてあるのにおかしな話だなぁとおもいました。
さっき匂いを嗅ぎにいったら、ときどきふっと香るのですが、りんごではなく、なにかもっと高貴な匂いがしましたよ。でも、今日花粉が飛んでいて私の鼻はちょっと自信ないなぁ・・・^^;

いやぁ、はずれてますって! 淑やかじゃないすって!
今日お客さんがみえて父の写真をみると、「男前ですね。で、ご主人だった方ですか?」ですって!
<< バレリーナ 母の結婚 2 >>