「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 画眉鳥 春もやっぱり工事中 >>
光まぶしく山笑う
今年はバラに気持ちが傾く前にすっかりほかの植物に引き寄せられている。
おもえばすばらしい植物はいくらでもあり、それぞれの愛らしさ、すばらしさ、みずみずしさなどに
感動するのはもっともなことかとおもう。

と、冷静に言っているが気持ちはずいぶん高揚している。
だってそんな季節なのだから。

ヒカゲツツジのことしの開花もすばらしかった。
f0160480_2344146.jpg

何日も雨が降らず乾燥していた折、待ちに待った雨の中で、そして、
きょうも雨上がりの清い大気の中で輝いていた。
決して派手ではない抑えた色合い
改造後の場所の移動でここが気に入ってくれたようだ。

f0160480_2348532.jpg

このイカリソウもいい感じに石にはまっている。
うしろのギボウシはジューンフィーバーというもの


f0160480_23511046.jpg


いただきもののヤマブキ一重が一輪だけ咲いた。
やや淡い色である。
来年はもっと咲いてくれるだろう。



f0160480_23521711.jpg


地植で育てるのはむずかしいかもしれないけれどやってみて、と言われたミチノクコザクラ
Primula cuneifolia var.heterodonta (エゾコザクラの変種)
青森県の岩木山の亜高山帯に分布。雪田の融雪地や湿った草地に生える。

水はけに気をつけた用土で植えてみた。
さて、どうなるだろう?
小さくて愛らしい

f0160480_2355417.jpg

またまた小さくて愛らしいものが続く
四国カッコウソウ伊予紅
Primura kisoana var.sikokiana "Iyobeni" 

去年植えた日本クリンソウの色に似ているけれど、
背丈は低い。
見やすいところに植えた。
まだ淡いトーンの中でひときわ目立つ

f0160480_0102159.jpg

去年初めて植えて、そのみずみずしさにまいってしまって今年ふやした
オオバナノエンレイソウ
Trillium kamtschaticum

葉も花も柔らかい
その根塊(と言っていいのかな?)は大きく丈夫そうだけれど、
シラネアオイと同じく、雪解け水を多量に含みながら生長していく植物なので、
環境の違う我が家で、毎年良いコンディションに持ってゆくのは簡単ではないだろう。


ムシカリがあんまりすばらしいのでまたアップします。
f0160480_0124816.jpg

f0160480_0131271.jpg
f0160480_015811.jpg

なんておおらかな枝ぶり


ハナは静かに光を感じ、ローズマリーの香りを感じているのだろうか?
f0160480_0155988.jpg

うしろのエビネ、踏まないでね。





[PR]
by sakillus | 2009-04-16 00:18 | 植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/10816454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すみごん at 2009-04-16 23:49 x
ムシカリ、昔から大好きな花(木)です。
以前近くの花屋に枝物として入荷していたときがあり、
見かけるといつも買っていました。
このおおらかさ、いいですよねー
ツツジの仲間はあまり好みではないんですが、ヒカゲツツジは例外で大好きです。
シロヤシオもいいなぁ。
まあ、とても自分では持てないんですが。
ハナちゃんの表情がいいですね。気持ちよさそう!
Commented by sakillus at 2009-04-17 11:02
すみごんさん、そうでしたか〜!大好きでしたか。^^。
花屋でも出ているんですね。
今葉もどんどん開いて来てますがこれもいいですね!
なんだか春にいやされますねぇ・・・
ほわ〜んとしていて
昨日高尾に登ってきて、どうも花をさがした限りでは見つかりませんでした。
ツツジは、頂上付近でミツバツツジが咲いていて、この時期あの明るいピンク色はないので、
これも良かったです。
高尾の山とうちの近所の山は植生がとても似ていて、この辺りの方の庭ではミツバツツジが
たくさん植えられています。どのぐらい前なのか?たいがい山から抜いて来たようです。あれれ〜。
だから山には少なくなっちゃっています。
ヒカゲツツジもそこそこ丈が伸びるようなのでふわ〜っと伸びて咲いてくれたらこれまた素敵ですね。

ハナはこんな時なにかが宿っているかのように荘厳な気配さえ漂います。
そうそう、野良猫の話ですが、世界って人間だけのものだけではないので、野良猫を認め、
共存するぐらいのこころの広さって求められてもいいような気がするんですけれどね!
弱いものいじめなんか論外です。ほんと。
Commented by seedsbook at 2009-04-17 16:30 x
ひかげつつじ、いいですね。色がいいな。ふんわりしていて。山吹もしぶい色味。
ずっとこの色でしょうか?素敵だな。
別サイトの菫の話も楽しく拝見しました。
前回日本に行ったときに日本の菫の種をいただいたんです。でも残念ながら失敗。
Commented by sakillus at 2009-04-17 21:07
seedsbookさん、ずっと雨が降らず、地面は灰色をしていたのですが、
雨は降ったことによって土の色になりました。それがいっそうヒカゲツツジを
きれいに見せたのではないかとおもいます。
派手じゃなくて柔らかい色合いが優しいです。

この一重の山吹はくださった方によると、いつでもこう色が淡いのだそうです。
まだ小苗ですが、少しずつ大きくなって、来年はもっと咲いてくれることを願っています。

あはは、すみれの話ですね。
昨日はそのタカオスミレを追って、その名前の元である(最初に発見されたとかで)山に行ってきました。
個体数は減っているらしいのですが、群生地をみてきました!
あ、なにげなく種が採れたらしまっておきます。
Commented by kaffe at 2009-04-20 17:17 x
ややっ 皆さんと同じ意見ですが、ヒカゲツツジ・・色がとってもいいですね。
そして枝ぶりもいい感じです。
優しい色と新緑がとてもいい具合で、sakiさんの庭は格段に時間の流れが
別世界のようです。
ハナちゃん、何か猫の神様みたいです。後光が射してる気がするんですけど^^
Commented by sakillus at 2009-04-20 23:05
kaffeさん、わたしはこのヒカゲツツジの花を見たのは2季目なんですよ。
去年咲いたときよりもいいですね。去年の場所はもう少し暗いところでした。
今年のこの場所は光が花弁を透かして見せてくれます。
こんなにやわらかい感じだったんだなぁって。^^。きょうもまだきれいです。
今日はミツバチが密を吸いにやってきましたよ。
ツツジも自然樹形の方がいいとおもいますね。

このあとけっこう苗を仕込みましてね。フッフッフ・・・ちょっとにぎやかになってきましたよ♪

そうそう、ハナとの出会いなのですが、14年程前、おそらくこどもにでもいたずらされたのか、目に砂を
入れられていたところを娘が連れてきたんです。その時すでにミカがいたので2匹は飼えないと、目がおちついてから野良猫にまたなってもらう予定だったのですが、ハナがそれを押しとどめました。
その時の角膜の傷は消えずに残っていますが視力はあるようです。
ネコ親ばかかもしれませんが、ハナは人を癒す力をもっています。そして面白い猫です。
<< 画眉鳥 春もやっぱり工事中 >>