ROSASOLIS

<< 初開花 眠りにつく前に >>
今年の藤は豊作である。

f0160480_1447344.jpg

たちこめる甘い香り
なぜかなつかしい・・・ 何か思い出があるわけではないのに

これはノムラモミジの下にある。
それの根がすごくて掘れないので大きな鉢に植えたままにしてある。
根が鉢の下地面に伸びているのは確実だから、「鉢ごと地植え」なのである。

f0160480_1452592.jpg

奥の方に見えるのがそれ
手前のシャクナゲは開花まであともう少し
ノムラモミジは赤い葉にまぎれて小さく花をつけている。
それが実になりあちこちに発芽する 、あっちにもこっちにもそっちにも・・・

藤の匂いにつられて近くに行ってみると近頃忘れていたスズランがあり、
蕾を見つけたので、もう少し目立つところに植えてあげようとほりあげる
なにかとやることはあるね


f0160480_14562471.jpg

丁子草はなにも目新しいものではないけれど、
雨上がりの朝に雨滴などをつけている様をみつけると
途端に評価がアップする
宝石みたいだね
f0160480_1458869.jpg

[PR]
by sakillus | 2009-04-27 15:04 | 植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/10919882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by seedsbook at 2009-04-27 17:19 x
ちょうど今我が家にも藤が咲いています。
我が家も豊作。。。。といってもSakiさんの藤よりも房が短い。
私もブログにアップすべく準備中でした。
良い香りが近くを通るたびに香ってうれしいものですね。
もうそろそろライラックが終りに近づいてきたので、
今度は藤の花の下に佇みます(笑)

丁子草は私好きなのです。。。といっても実は本物見たことが無くて、
以前日本の方におねだりして種をいただいたのですが、
ちょうど忙しかったので蒔きそびれてしまいました。
花いろに惹かれます。
Commented by sakillus at 2009-04-27 21:34
seedsbookさんもいろいろお持ちですね!
この藤はわりと一般的な藤なのではないかとおもいます。
我が市内でうちよりちょっと標高の下がったところのライラックが満開でした。
ということは、seedsbookさんちの方が若干温かい!?
今晩はやけに冷えます。引き出しをあけても寒さがやって来るような寒の戻りです。
藤の香りの甘さってなんか粉っぽさがあるような印象があります。

丁子草の花色、いいですね!
写真のこの色もわりによいですが、実物はもうちょっとよかったです。(なかなか青色は写すのがむずかしいです。)花の時期にどういうシチュエーションで出会えるかというのも生きものを相手にしている醍醐味ですね!
Commented by YOKO at 2009-04-28 12:06 x
やはり赤い葉の木はモミジでしたか。 さらによく見せてくださってありがとうございます。^^
実は、うちの庭に似たような赤い葉をしたモミジが生えてきてるんです。
たぶん近所から種が飛んできたんだろうと思います。

sakiさんちのお庭の様子を見て、緑の中に赤い葉が混じるのもいいなと
大きくなったら山の庭に連れていってまねっこしようと思いました。
春に赤い葉のモミジもいろいろあって、品種名を特定するのはむずかしそうですね。
名なしの植物がまた増えました。

藤といえば、ヤマフジが自生していてあちこちからつるを伸ばしてきます。
今年初めて花が咲いたけど、なかなかのおてんば娘で(笑) これから大変そうです。
もうひとつのブログでヤマブドウの新芽も見せていただきましたが
ほんと白熊さんですね。かわいい~。^^ なでなでしたくなりますね。

Commented by kaffe at 2009-04-28 12:56 x
本当にため息がでるような風景です。
藤の花・・・ またまた欲しいものが増えてしまいました^^
藤色のほかに、白やピンクもあるようで・・ しばらく藤探しの日々となりそうで
ちょっと怖い。

↓の駐車場の石に座って、お茶をすすりたい衝動に駆られます。
木々が馴染んでいますよね。もう何年も経ったかのよう。

丁字草もこんなに可憐だったとは!色んな意味でsakiさんのお庭で
見直す草花が沢山あります。
Commented by sakillus at 2009-04-28 19:39
YOKOさん、こんばんは。

そうですか、赤い葉のモミジ、生えてきましたか!
わたしもさっきちょこっと検索してみましたが、赤い葉のモミジもいろいろあるんですね。
モミジに詳しいのはクミンさんの叔父さんでしたっけ?
うちのは葉のかたちはわりとノーマルというか、イロハモミジに似ているとおもいます。
そして、出だしの赤もきれいですが、紅葉する前に一瞬深緑がまざるような微妙な色になって、
その後鮮やかな赤になります。その辺の色の変化には驚きます。
若葉の緑にモミジの赤、いいですよ〜! 冴えるとおもいます。
うちでは隣りにヤマボウシがあって、このふたつの兼ね合いがおもしろいんですよね。
意思疎通しているんじゃないかとおもうぐらいバランスがとれていて。

ヤマフジの勢いもすごいですよね〜! 
切ったつるでかごでも編んでしまいましょうか?

ヤマブドウも見て下さってありがとうございます。そういえば触っていません!
実がなるのはいつなんでしょうかね?^^。
Commented by sakillus at 2009-04-28 19:52
kaffeさん、こんばんは。

いやぁ、大木があるとそれだけで絵になりますよね。^^。
藤もkaffeさんちのように広いスペースがあればぜひ1本や2本ほしいものですよね!
これも色もそうだし、花穂の長いのやらそうでもないのやらいろいろあるようで、
こうした品種選びもたのしいですね。
うちの辺りの山ではこの時期、木々の間をつたって山藤が点々と咲く風景が見え壮観です。
植物のたくましさを感じる瞬間です。

駐車場辺りもここに古株のコブシがあります。
それが一つの中心となって日陰や日向があり、景色が出来上がってゆくのって面白いですし、
ある意味やりやすいですね。
でも、自分ひとりではなかなかつくれない空間でしたね。

丁字草はどちらかというと地味な花かもしれませんが、雨上がりの朝に出会えたその一瞬だけで
もう満足ですね。来年はないかもしれない。でも、心に残る瞬間に出会えたことはずっと残りますね。
それだけでいいという気がします。
<< 初開花 眠りにつく前に >>