「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 小さな葉っぱ カメラの目と人間の目 >>
白い花
一番好きな花の色は?と問えばそれも答えることはできるけれど、季節や気候、
自分の気分などによっても異なるだろうから、簡単に答えることはむずかしいかなともおもう。

けれど、一番なければ困る色はと問えば答えはすぐに出る。
白い花の色だ。
もし、この世界に白い花がなければ絶望的な気分になるだろう。
本当に白い花があってよかった。

というわけで、この頃咲いていた白い花を
f0160480_23132243.jpg

バイカウツギ

数年前、八ヶ岳山麓のとある喫茶店に入ったとき花瓶に生けられていた。
店主に「これ、バイカウツギですね?」と話すと
「よくわかりましたね? もう花も終わり。新しい花に変えるからよかったらお持ち帰りください。」
と言われ、持ち帰り、挿し木にしたものだ。
今ではとても大きくなり純白な清楚な花をたくさん咲かせている。

f0160480_2321376.jpg
f0160480_2321575.jpg

シャクヤク プレアリームーンとオルラヤ
Mme.Georges Bruant、コデマリと

f0160480_23234856.jpg

Mrs.Hervert Stevens cl.

f0160480_23265427.jpg

二人静

f0160480_23274936.jpg

一陣の風が吹いて
クレマチス 都筑とジャーマンカモミール

圧巻だったのはアマギシャクナゲ
f0160480_23302090.jpg

f0160480_23304882.jpg

静岡県天城山に自生するシャクナゲらしい
桃色の花が多いのだが、うちに来たのは清冽な白花
これも野生を感じさせてくれる花だった。
[PR]
by sakillus | 2009-05-17 23:34 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/11089472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KOU at 2009-05-18 06:37 x
おはようございます~(@^^)/~~~
何だか雑木林の一部を囲んだような雰囲気ですね~(^^♪
同じ5月の白花でも~種類がたくさん有って~(^O^)
バイカウツギは確か家内のベランダにも有ったように思いますが~
こうしてお写真を見るとそれぞれの花は深い緑の背景があってこそのものだと良く判ります。

『キノコ栽培』
ちょっと自宅では困難ですから~まあシイタケのホダ木程度ならOKですが。
堆肥サイロで自家製堆肥作りに励む事にします。
sakiさんのお庭の隅ってシイタケ栽培にピッタリの雰囲気です(^O^)
Commented by sakillus at 2009-05-18 18:33
KOUさん、こんにちは。
そうですね。雑木は去年からずいぶん植え込みました!
白花はまだまだありますが、なかなか全部はできません。

深い緑の背景があってこそ、とのお言葉、その通りだとおもいます。
植物って背景次第で映り方が違いますね。とはいえ、そこがむずかしいところでもあるのですが。

キノコ栽培、そうでしょう。本気で菌床を使うものはそれ相当の設備が必要になってきますからね。
堆肥サイロで自家製堆肥作り、KOUさんのところは剪定枝やらなにやらがたくさんでるでしょうから、
たくさん堆肥ができますね!
シイタケ栽培はここに来てすでにやっているのです。ホダ木は6,7本かな?
なめこのホダ木というのが最近やってきました。 林業やっている方が持ってきてくださるので。

そうそう、言い忘れていましたが、「ハチはなぜ大量死したのか」は中味も大量で、一日の読書時間が極端に少ないわたしは、なかなか真相までたどりつけませんが、ハチの生態がわかっておもしろいです。

Commented by クミン at 2009-05-22 12:06 x
sakiさん、こんにちは^^。
すっかり出遅れましたが、白い花、良いですね~♪
白いシャクナゲなんて、最高に素敵!
でもsakiさんのお庭だからこその花で、下界に持ってきたらいけないような気がします。

ミセスハーバート、やっぱ良い!
うちのミセスですが、ずっと過激に横張りの樹形だったのが、この春のシュートが真上に伸びてくれて、随分すらっとしてきたんですよ。
思いがけないことで、とっても嬉しいです^^。
これで小梅ちゃんも引っ越さずに済むかもしれません。
バラも3年は手許で育ててみないと分からないものなのだな~と再確認しました。
それにルゴサっ子も元気そうで何よりです。
sakiさんちの冷涼な空気で暮らせて、本当に幸せモノです!
きっとバラも心から喜んで咲いていると思います。
有難うございます。
それを思うと、チベタヌスもsakiさんちに送らせてもらえばよかったかなと後悔しきりです。
芽は出たものの、どうも元気がないので心配です。

なんか、支離滅裂な書き込みになってしまって申し訳ないです。
来週は少しゆっくりできるかも・・・^^。
Commented by sakillus at 2009-05-22 21:11
クミンさん、こんばんは〜!

白い花涼しげで清楚でいいですね!ほんと。
日本シャクナゲは派手な西洋シャクナゲとちがって清楚で好きなんですけれど、低地(うちは半低地かも?)で育てられるものは限られていますね。
アマギシャクナゲは生育の遅いほかのシャクナゲとちがい、伸びもとても良いです。
そのうち勇壮な姿になるかもしれません。

クミンさんちのミセスハーバート、小梅ちゃんに遠慮してくれたのでしょうか? ^^。
植物ってあんがい隣との距離を考えているようなところありますよね。ま、考えてくれないのもありますが。
樹形もある程度人間がコントロールできますよね。あんまりやりすぎるのはどうかなともおもいますが。

マダム・ジョルジュ、その後たくさん咲きましたよ!今もたんと咲いています。
写真にも撮ったので、近日中にはアップする予定なのですが。。。
いやぁ、そのチベタヌス、うち地植えしちゃったんですが、それが良くないんです。え〜ん。
最初に植えたところ、陽当たり良すぎて、つい最近移動したら、そこも午前の日が強すぎた!
もう鉢あげですわ〜! こっちもバタバタしています。お互い体だけは気をつけたいですね!
<< 小さな葉っぱ カメラの目と人間の目 >>