ROSASOLIS

<< 梅雨空の庭から マンサクのその後とコブ >>
カルス、それとも?
前回記事にしたコブについては癌腫病なのか、「カルス」という植物自体の
(傷口ができたときなどにそれを包み込む)細胞なのか、はたまた第三の何かなのかはわからず、
今後も折あるときに検証してみようとおもう。
とにかく今はまた、仕事がパタンパタンと折り重なるように襲ってきている。
そうは言っても、あまり無理はできないし、したくない。
人生は長丁場、溜めなくて済むストレスは溜めないに限る。
そうでなくても日々それなりに無理なくして生きてゆくことなどできない。
灰のように少しずつふりつもってゆくストレスはできるだけに発散し(他人の迷惑にならない範囲で)
調整していきながら生きてゆくのが人の知恵ではないかとおもっている。
だから庭へ? フフフ


コブのできている(いた)バラに関してはとにかく元気なので、このまま様子をみていよう。
元気であれば結局はそれでかまわないのだ。

というわけで、今期のバラと最近咲いた他の植物などを。

f0160480_0393176.jpg

Lavender Lassie
f0160480_041333.jpg

Belle Isis
全体を撮ったもので良いのがなかったので部分だけだけれど、ひとまず、たくさん咲いてくれた記録に。
f0160480_0422346.jpg

Tricolore de Flandre
背景はカワラナデシコ
f0160480_0441624.jpg
f0160480_0443588.jpg

Baronne Henriette de Snoy
f0160480_0463397.jpg

Grey Pearl
満開になる少し前のこのあたり、やっぱりきれいだぁ・・・雨にも似合って。
f0160480_048978.jpg

冬梅乃子
右下はオダマキ、上に見える赤いシュートはWilliam R.Smith
右上に見えるのはペンステモン
f0160480_049949.jpg

ペンステモンの何だったかな?
f0160480_0514475.jpg

f0160480_0525100.jpg

白糸ホタルブクロ
ちょっとおもしろいね。葉っぱも細いのであります。
f0160480_0544769.jpg

プリムラ カピタータ
花がいいなぁとおもって買ってみたものの、ブータン、チベット、雲南省などの高山性のものだった。
夏越しができるかどうか?

追記:ネットでの情報では、園芸的に流通しているのは亜種のモレアナ種が多いという。
それが本当でうちものそうなら夏越しも少しは楽なのかもしれない。
とにかく様子を見守ろう。



f0160480_133695.jpg

Rosa palustris に蕾が! 感激
花も実も見たい〜!
f0160480_152289.jpg

Rosa nitida も下からシュートが上がっています♪
[PR]
by sakillus | 2009-06-19 00:58 | 植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/11338974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2009-06-19 02:12 x
癌腫は一気にお取れえますよ気をつけてね。
Commented by sakillus at 2009-06-19 06:40
sakaeさん、そうそう、今まではコブができた時点ですでに衰えていますが、今回のはそうはならないから
謎なんです。
でも、もしうちの格子の片面のバラが一気に崩れて消えるとしても、それはそれでいたしかたのないことですわ。生きもの相手ですからね。
Commented by seedsbook at 2009-06-19 14:41 x
Grey Pearlの色味が誘惑してます。
なんて美しい微妙な色合い。
留守中随分植物を枯らしてしまいました。。。この時期はもう日本には行かないぞ、と。。。
白糸ホタルブクロもなかなかいいですね。
Commented by sakillus at 2009-06-19 21:47
seedsbookさん、こんばんは。

Grey Pearlのような微妙な色、きっと好まれるだろうとおもいました。
このような色はうちではそうそうないせいもあるのでしょうが、庭で出くわすととても驚きます。
どの時点で出会えるかが問題! 数時間後ではちょっと落ちました。
今年はアッシュウエンズデイが体調を崩していたので、^^;これとカフェぐらいでした。
微妙な色のは。

留守中にそれはそれは、残念で悲しいおもいをされましたねぇ・・・!
地植えでも、油断のならないのがあります。わたしも1週間以上留守していたら、幾つか枯らすかもしれません。

白糸ホタルブクロ、なかなかいいです。
写真でもおわかりのように、蕾の段階が妙でしょう?透けてますよね。ちょっとエイリアンみたいです。
でも、咲けば清涼感があって良いです。どれだけふえるか関心を持っています。
Commented by seedsbook at 2009-06-20 01:09 x
実は今日オランダに植物市を観にいってきました。
プリムラ カピタータもありました。白糸ホタルブクロは無かったけれど、
よく似ていて薄いピンクの同系のものがありました。
ほしかったけれど大鉢しか売っていなくて諦めました。
他にもかなにマニアックな店ばかりだったので沢山ほしいものはありましたが、
育て切れそうに無いので断念。
Sakillusさんも喜びそうな植物が沢山在りましたよ。
今日は数鉢増やすにとどめました。
仕舞いにはすっかり草臥れてしまいました。
早々に変わったゼラニウムを買ったので、荷物もちつつなので写真もあまり撮れず。。。もっとも、
あちこちに気がそれて写真どころじゃありませんでした。
Commented by sakillus at 2009-06-20 09:40
seedsbookさん、それ、去年も行かれたところですか?
わたしもうらやましげに見ていたものでしたが。
プリムラ カピタータ、これ今ちょっとネットで検索していたら、園芸的に流通しているのは亜種のモレアナ種
が多いと書かれていたところがありました。だとしたら夏越し期待できそうなのですが・・・
オランダの植物市はありとあらゆる園芸種がありそうですね!
マニアックな店! いいですねぇ・・・いいなぁ陸つづき。
うちの近くはあまり園芸店がなくて、下草類は結局遠出するか、通信販売を利用することが多いです。
でも、実際目で見るとこれとあれを組みあわせようとかイメージが湧きますよね。

あちこちに気がそれて写真どころじゃない・・・わかります!
鑑賞だけのときだとしっかりカメラが活躍しますが、購入を意識したときは目が勝負ですね!
<< 梅雨空の庭から マンサクのその後とコブ >>