ROSASOLIS

<< 蓮の蕾 フェンスをなんとかしよう! >>
時計の針を少し戻して
f0160480_21221660.jpg

これは前回の記事と同じカワラナデシコ。
開花は突然やってきます。
写真はちょっと暗いけれど、濃いスイカズラをバックに白っぽい葉っぱのカワラナデシコがけっこう好きです。

今回はアップしそこなっている6月のバラや、その他いろいろな植物を

f0160480_21255631.jpg

Souvenir de Pierre Vibert (Moss)
このバラ、実は開きかけた葉が好きなのです。微妙な色で。
花の色も深くて良いのだけれど、蕾の数からすると開花率が低かった!
f0160480_21325476.jpg

Homere (Tea)
f0160480_21342560.jpg

The Generous Gardener (English Rose)
これもこの通りたくさん咲いてくれた。
ただ今は2番花がちらほらと。
シュートがおそろしいほどの勢いで何本も出ています。
f0160480_21373291.jpg

Lady Hillingdon も咲きました。

f0160480_2233794.jpg
f0160480_21413564.jpg

The Nun (English Rose)

f0160480_21424390.jpg
f0160480_2143392.jpg

William R. Smith
f0160480_2144508.jpg

The Night (HT)

f0160480_2211549.jpg
f0160480_2147293.jpg

Rosa spinosissima luteaの実が素敵で!
昨日蕾が一つできていることを発見!!

f0160480_2262435.jpg

Jacques Cartier (P)

f0160480_2149490.jpg
f0160480_21493580.jpg

香りもあってずっと咲いているブルーのセージ,カモミールとエキナセア

f0160480_2152561.jpg

これもよく咲いていた姫フウロ
f0160480_2153666.jpg

ヤマアジサイ 「羽衣の舞」

f0160480_229498.jpg
f0160480_2294013.jpg

こちらは壁水栓の上のカワラナデシコ
北側のよりも少し早く咲き出しました。
[PR]
by sakillus | 2009-07-03 22:10 | 植物 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/11446482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MiscellaneousOGRs at 2009-07-04 13:45
sakiさん

こんにちは。
スッカリご無沙汰しております。
先日はどうもありがとうございました。
短い時間ながら楽しかったです。

『時計の針を少し戻して』ですか...。
う〜ん...今の僕には身につまされますね=(笑)
今年はUPできなかった草花が沢山ありすぎて収拾がつかないまま。
エキナセアの左隣の混植、とても素敵ですね。これ、カモミール?
それぞれこの花たちは...それこそどなたですか?(笑)

『〜lutea』の実もすごくいい色してますね。
このまま齧ってみたい衝動に駆られそう。
まさに果実ですね。
先日、某所で渋い色合いに変貌を遂げている羽衣の舞を見ました。
その後...ヤマアジサイたちはどんな感じでしょうか?
きっと居心地がいい土に大満足していることでしょうね。

G d D
Commented by sakillus at 2009-07-04 19:28
G d Dさん、こんにちは。

こちらこそ先日はどうもありがとうございました!
私も楽しかったです。また植物談義したいですね!

ははは、G d Dさんには耳が痛いでしょう? 春からにしますか? ・・・冬でもかまいませんが。
でも、いっそ気を取り直して初夏(今)からでもよろしいかともおもいますが。^^。
そうそう、カモミールです。その上の青い小花は名前は不明なんです。
ハーブナーサリーのおじさんが良さそうだから使ってみてと。
花穂が次々と上がり、続々と咲きます。やたら大きくならいところが良いです。サルビアなんとかと学名はつくのでしょうけれど・・・
カモミールの上に木立性のサントリナ(何年もこんな感じです)、そのひだりに桔梗があります。
エキナセアの上はノコギリソウですが、花がピンクだったので、、、NGです。葉は好きなので葉で勝負。
カモミールは痛んできたので取ってその辺にパラパラとふります。そうするとこぼれ種で近い将来また出てきます。この辺りはタイムもたくさんあります。そして、ホウキグサが玉となり数個!
Commented by sakillus at 2009-07-04 19:29
G d Dさん、続きです。

『〜lutea』はなんどやっても挿し木に失敗するので、種まきに挑戦です。
さきほど一つ取って、ガリリとかじって、種を取りました。未熟種子の方がもしかして発芽率が良いかとおもい、そのままポットへ。
実は、ふふふ、かすかに甘い味わいがありますが、食するには不適です。
この羽衣の舞は通販で買いました。当たりでしたね!
G d Dさんにいただいたヤマアジサイはそれぞれ地植えしてみました。
来年はきっと花が咲くでしょうから、枝の伸び方や花に合わせた場所に移動するかもしれません。
そんなこともたのしいです。
そうそう、例の根塊はやはりカキランでした! どうもありがとうございます♪
わたしはうれしいですが、G d Dさんは気の毒なことに。。。
今後増えたら、(といってもどういう感じで増えるのでしょうね? )お返しいたします〜。^^。
Commented by MiscellaneousOGRs at 2009-07-05 11:25
sakiさん

おはようございます。
そうでしたかー!
やはりカキランでしたか。
疑いは濃厚だったのですが、
ポットが隣同士だったもので勘違いしちゃったんですね。
これだけ育てていると、それぞれの植物の根を見る機会って
ありそうでなかなかないのでよい勉強になりました。
ご迷惑でなければどうぞsakiさんの庭の住人にしてやってください。
きっととても映えると思いますよ。色は渋い茶色です。

例えば10年後...その時僕らがどんな暮らしをしているか分からないけれど、
枯れてなくならない限り...
あぁ...、これはsakiさんから分けていただいた苗だったな...とか
pさんに挿していただいたものだったな...とか
クミンさんの庭のスミレだったな...とか...時が経てば経つほど嬉しいですよね。

ブログは始めて3年にもなるのに試行錯誤の繰り返しです。
でもまたあらたにフォーマットを作ったので
新しいこともぼんやり考えつつあります。
毎日1枚ずつなんてどうでしょうね...。
G d Dさんにはそれ、ムリでしょう!?という声が聞こえなくもない?(笑)ガハハ。

G d D
Commented by sakillus at 2009-07-05 21:01
G d Dさん、こんばんは。

そう、カキラン、わたしも買ってまもないカキランを移動するためにほりあげたら、ひげ根だったので、
今回あのような太い根っこがこんがらがってる(?)のは同じものとはおもえなかったのですが、
ネットで葉の様子を検索してみたら、茎を巻き込むようにしている様がどうみてもカキラン!
わたしも勉強になりました。
では、お言葉に甘えましてそうさせていただきます。ありがとうございます。^^。

そうですねぇ・・・庭をざっと見回せば、知りあいの方が関与しているものがたくさん。
そうやって庭ができているのだなぁと思うと感慨深いですね。まるで人生そのものみたいで。

おぉ、あらたにフォーマットをお作りになったと!それはまたたのしみですね。
毎日1枚ずつ、それはナイスアイデアだとおもいますよ♪ (運動部の特訓みたいですが)
ひと月に一回、30枚の画像を載せるのとどっちが楽でしょうね?  にゃはは・・・
Commented by クミン at 2009-07-07 18:16 x
sakiさん
>知りあいの方が関与
そういう言い方もあるかと、ちょっと笑ってしまいました^^。

私もバラ友の皆様のおかげで、
庭に出るたびに、日本のあちこちから来てくれた植物たちの笑い声がさざめいているように感じます。
Commented by sakillus at 2009-07-07 21:41
クミンさん、あはは〜、かたい言い方ですよね。
そこのところなんと言ったら良いのかしら?としばしば考えましたが、
苗をいただいたり、木を植え込んでもらったりと、見渡せば単独で自分で買って植え込んだものとどちらが
多いのかしら?とおもい、そのような状況で一筋縄ではいかないものですから、そんな言い方になりました〜。へへへ

はるばる九州からの苗もおかげさまでずいぶん増えました。^^。
<< 蓮の蕾 フェンスをなんとかしよう! >>