「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 池の平湿原 メロディ ペリカン >>
高峰高原
夏のうちに花の山に一度行ってみたいとおもっていました。
「花の百名山」に載っている山は、多くが高山で泊まりがけで登るものがほとんど。
今、体力的にも時間的にもその余裕はありません。
しかし、できれば高山か亜高山に咲く花を見たかったのです。

高峰高原を選んだのは日帰りOKということと、私の最も尊敬する方が、生前こよなくそこに咲く花々を愛しておられたということで、前から興味があってのことでした。

今回はわたしひとり単独行で、家からも遠く、どういう経路で行くかも悩みましたが、
関越の方が近いかもしれませんが、行き慣れている中央道から長坂で降りて、
清里などを経由し小諸から山の方へ入る道を選びました。
遠いです!

その日長野地方は曇り、山は霧に包まれていて不安もつのります。
高峰高原ホテルのそばのビジターセンターの駐車場に車を置き、どうしようか考えました。
どうしようかというのは山道を登っていくか、車も通れる林道を通るかです。

やはり霧で山道を登るのは危険なので、何があっても大丈夫な林道を行くことにしました。
その日の目的地のメインは池の平湿原でもあったのですが、そのすぐそばにも
駐車場はあるとのことでしたが、すぐさま目的地に着くのはつまらないので、
そこまでの林道を片道3,5キロ歩くことにしました。
その間も花がたくさん咲いていて飽きることはありませんでした。

その中の幾つかから
f0160480_2244184.jpg

ヤマオダマキはビジターセンターのそばで。
ここ一箇所でしか見られませんでした。
f0160480_22485049.jpg

こういうセリ科の植物は同定がむずかしいです。
ミヤマセンキュウなどは近いかも?

f0160480_22502734.jpg

それにノアザミも加わって

とにかく花畑が広がっていて霧にもかかわらずどきどきわくわくしてきました。
気持ちは晴れていて、花と色彩の豊かさに感動します。
f0160480_22531013.jpg

ミヤマアキノキリンソウ?
黄色の花は庭ではめったに植えないのですが、こうやってみると黄色もいいなぁとおもいます。
f0160480_225691.jpg

ツリガネニンジン
実際にみるのははじめてでしたが、たくさんあってとてもかわいかったです。
f0160480_22572925.jpg

オヤマリンドウ
f0160480_22581733.jpg

ヤマハハコ
f0160480_22585844.jpg

ハクサンフウロ
いろいろな花を見た中で特に心に残った花があります。
そのうちのひとつがこれ、ハクサンフウロでした。
浅間山にも近いのでアサマフウロかな?とおもったのですが、そうではないらしいです。
とても可憐で透明感があって、今まで見たフウロソウのなかでも一番感動しました。
これがそこにもあそこにも、方々にちりばめられているようにありました。
f0160480_233455.jpg

シシウド (たぶん)
背が高くて、霧の中にぼ〜っと浮かぶように立っている姿がかっこよくて。

写真をあまり撮れなくて(撮ってもピンぼけが多く)、なかなか雰囲気を出せないのが残念ですが、
とにかく花の豊かさ、彩りの妙に打たれました。

庭の植栽をするには自然の野山を参考にとは言われていましたが、そのことを実感しました。

つづく
[PR]
by sakillus | 2009-08-31 23:10 | 植物 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/11843993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クミン at 2009-09-01 17:59 x
sakiさん、こんにちは^^。
素敵な山歩きでしたね!
画像のお土産、嬉しいです。
こういう本当の『山で咲いている野草』を見せていただくと、私も膝や腰をちゃんと治さなくては!と思います。

で、今日は健康体操の日だったので、頑張ってきました。
ところが、急に腕が上がらなくなって整骨院にも行きました・・・。
これが『○じゅう肩』でしょうか?
ほんに、やれやれです~(笑)。
Commented by sakillus at 2009-09-01 21:42
クミンさん、こんばんは。

あいにくの天気だったんですが、霧がまた悪くはありませんでした。
今回みたいなところだと、目的地まで車で行けて、あとはほとんど高低差がないので歩きやすい
ですよ。それだと膝や腰にもあまりダメージ与えないんですけれどね。
やはり自然のつくりだす風景は素晴らしいにつきます。!雑草でさえなんだかうっとうしくなく
見えるのはなぜなんでしょう?

健康体操っていうのがあるんですね! ラジオ体操のようなのではないのですね。
うちの地区では今日明日がお祭りで、今日は神輿を担ぐ日でした!
かつては女人は担いではいけなかったらしいのですが、現在では歓迎ということで、
「ぜひ担いで。」と言われ、母子で担いだら、ふふ、身長差でほとんど役にはたってなかったくせに
けっこうもちあげたりして力をつかったので、現在腕、肩が力はいりません。
こういうの、神輿肩とでもいったらいいですかね? やれやれ〜。^^。
Commented by すみごん at 2009-09-02 08:52 x
おはようございます。
sakiさん、単独行なんてすごいなぁ。
街中へは一人でずんずん行きますが、山はやはり連れがいないと
だめかもしれない私です。
山の霧はこわいけれど、写真を拝見するといい雰囲気ですね。
すでに秋の風情で、冷涼な風を感じます。
で、一眼レフのカメラをお持ちになったんでしょうか?
それまたすごいわー
以前(といっても8年ほど前)、白馬に行った時はコンデジを
持っていったんですが、登るので精いっぱいで写真はあまり撮れ
ませんでした(^.^;)
Commented by sakillus at 2009-09-02 11:06
すみごんさん、おはようございます。

危険がともなうところだと二人以上じゃないと危ないなぁとわたしも思うのですが、今回のは
大丈夫だろうとふんで。高山はもう花が終わってしまうし、(たいがいはすでに終わっている)自分も日程をはかるのがむずかしいし、早朝発じゃないと話にならないしで、前日は行こうかどうしようか迷っていたんです。んで、朝起きて決断!  ・・・ただし運転は疲れます。。。

すがすがしい風が流れてましたよ! 気温は20度ぐらいでしょうか。ちょうどよかったです。
花も秋の花ですね。 行ってよかったです。
そうなんです。一眼レフ。少し前に50mmの単焦点を買っていたんです。そのほうが軽いじゃないですか。それが中古でとても古いので、マニュアルフォーカスなんです!だから合わせるのがたいへんで、合わない!霧ときてる、で、臨場感をあらわせないのが残念です!!
みなさん、けっこう白馬には行っていらっしゃるのね!
今回のは山登りってものでもなかったので。^^; 


Commented by YOKO at 2009-09-02 13:40 x
わ~~いsakiさん♪
やっぱり日本の山もいいですね~。
単独行もいいな~。 誰に遠慮もなく好きなだけ好きな場所にとどまれるって。
まあ,自然相手のことだから一人だとそれだけ神経もつかわないといけないでしょうけどね。
霧もまたいいですよね。
晴天だと色が飛んでしまうけど(特に高山の日差しときたら)花の色もしっとり落ち着いて。
ああ,いつでもどこでも山はいいですね。

すみごんさんも白馬に登られたのですか。^^
私もずいぶん昔登りましたが,あの雪渓はきつかったです。
写真撮る余裕もなかったですね~ あの頃は。
今の方が体力も根性もあるので,もう一度挑戦したいです。(笑)

実は今 山の庭に来ています。
お昼に到着したものの,作業するにはあまりに暑いので小屋の中に避難しています。
続報も楽しみにしてますね~♪
Commented by sakillus at 2009-09-02 14:45
あ!YOKOさん、どうもです〜♪

行ってきました〜。べつにYOKOさんにはりあっているわけじゃありませんが〜。ぷぷぷ
ちょっと前の花もよかったのでしょうけれど、この時もけっこう良かったですね!
あはは、>誰に遠慮もなく好きなだけ好きな場所にとどまれるって。
たしかに! でも、YOKOさん、四川、雲南の単独行はきついです!

そう、一時霧が晴れた時があったのですが、晴れだといきなり暑くなるしで、逆にこれぐらいでも
よかったかなぁとおもいました。そう視界がさまたげられるわけでもなかったので。

>今の方が体力も根性もある
あ、なんかわかる気がします。^^. 根性はたしかにありますねぇ。
わたしだって、車で高度があがるたび、霧につつまれてゆくのを見るとちょっとびびってひきかえそうかとも
おもいましたが、せっかくここまで来たんだから、このままかえって清里あたりぶらついてもねぇって。^^;

お山なのですね。この時期晴れるとまだまだ暑いですね。
続報さきほどアップしました〜。^^。
Commented by すみごん at 2009-09-03 13:54 x
sakiさんの決断力はすばらしいですね。
こういう決断って、気力体力がある程度充実していないと
なかなかできないような気もします。
迷ったらできるだけ行動する方に向かうようにしてはいるんですが
最近ちと根性不足です(^.^;)

日帰りだとカメラ以外の荷物は少なくてすみますね。
霧など焦点を合わせにくい時の撮影は、もしかしたらオートよりも
マニュアルの方がいいかもしれませんよ。
オートだとカメラ側がかなり迷ったりしませんかね・・・
コンパクトなレンズも、こういう時は便利でいいですね。
私の場合、50mmをつけるとボディと合わせて1.2キロくらいに
なっちゃうかなぁ。
コンパクトなデジイチが欲しい今日このごろです。
Commented by すみごん at 2009-09-03 14:01 x
すみません、書きわすれました(^.^;)

YOKOさんも白馬に行かれたことがあるんですね。
私は、それまで登山などしたことがなくて、かなり辛かったです。
猿倉山荘→白馬尻→頂上宿舎→山頂→白馬大池(順番がおかしいかも)
のルートで、帰りは栂池方面に出ました。
大雪渓!確かにあれは辛い・・・
私はYOKOさんやsakiさんと違い、今の方が体力ないです(T_T)
もうあれだけの荷物背負って登る自信、全くありません。とほほ。
Commented by sakillus at 2009-09-03 16:59
すみごんさん、えへへ、それほどでもないです。
前の週が台風がどうたらで見合わせて、リュックだけはスタンバっていたんです。
気力体力はある程度充実していないととっさの判断はむずかしいでしょうね。
娘からは「タフだね。」とか、べつの人からは「どこか疾患ないの?」などと聞かれます。^^;

地図をみるのが好きなので事前に下調べはそれなりにしますね。
山の愛好会にいたときは、元山岳部のおじさんたちにまじってすこしは鍛えられましたので。
「道なき道も登れるように。」なんて会で。今はそんな根性ないですけれど。

あ、そうなんですか!そういう時はマニュアルの方が良いと。いいこと聞きました。
カメラ、レンズについては何かがあってからやっとわかるという段階なので、いろいろ情報をいただけると
助かります。いいカメラは本体が重いですよね。

白馬のそのルートは本に載っているのと同じですね。花も高山植物が見られるのですね。
標高差が相当あるので疲れたでしょうね!それに大雪渓ですか。・・・歩きたい・・
登山は慣れっていうのもありますよね。しょっちゅう行っていると疲れ方も違うのでしょうけれど、なかなか
行けませんね。
Commented by YOKO at 2009-09-03 21:10 x
sakiさん、すみごんさんこんばんは。
うわ~、猿倉!!
ものすごくなつかしいです。 同じコースをたどりました!
九州の西の端からだから車とフェリーを使ってかなりの長旅でしたよ。
友達夫婦と4人で行きました。

高山植物もチングルマとかイワカガミとかそこそこ見たと記憶してますが
今も語りぐさになるほどの思い出は、猿倉山荘のお布団のすごさ。(笑)
本格的な登山は初めての私には衝撃的なものでした。^^;

思わず検索してみましたよ。
なにしろ四半世紀も前のことなのでうろ覚えですが
建物の外観は昔と変わってないような気がします。
室内はきれいになってるみたいですね。寝具も当然変わっているんでしょう。
ほんとなつかしいな~。 あはは、ひとりで興奮しました。すみません。

高山植物を見たのはそれ以来、こんどの旅が二度目なんですよ。
知識がないはずですね。
sakiさんにはいろいろお世話になっています。^^
Commented by sakillus at 2009-09-03 23:58
YOKOさん、気づいていただいてありがとうございます。

あはは、YOKOさん、うけてますね〜。九州からだと長旅ですね〜!はぁ〜。
>猿倉山荘のお布団のすごさ
想像・・・う〜ん、山小屋の蒲団ってわたしは経験ないんですが、だいたい一年のうちほとんど
しまわれているんですものね・・・実際きついですよね、わたしだいたいが大雑把な性格だけれど、
寝具とか寝る場所に関しては結構神経質なんですよ〜。^^;

さきほど白馬の山行の記録(他人の)を見たら、うわぁ、あの大雪渓は長いんですね!
すみごんさん、よく歩かれたなぁ・・・ それにスリルばっちり!
天国となるか地獄となるか?天気にも左右されますね。まさに天空。行けたらいいですねぇ。

わたしも高山植物には憧れがあるだけで、そんなに知らないんですよ。
いや〜、こちらこそですよ! それにしてもYOKOさんは、今回のあちらへの旅は
バラはともかく、花の季節という意味ではいい時期に行かれましたね〜!
旅の記憶に、わたしはほんの少しばかりすでに植物を入手してしまいました。
花畑もいいなぁ・・・なんてちょっとおもったりして。遠い目。
<< 池の平湿原 メロディ ペリカン >>