ROSASOLIS

<< 池の平湿原 2 高峰高原 >>
池の平湿原
f0160480_13312686.jpg

池の平湿原は、標高2000m.数万年前の三方ヶ峰火山の火口原に広がる高層湿原です。浅間山系の急峻な地形と内陸性気候のもたらす昼夜の気温差、年間の気温差がとても大きく、特色ある気候条件にあるということです。

そのため里山に生息する動植物から、本来ならば3000m級山岳地帯に見られるような高山性の動植物までが,この一帯に混在し生息しているというとてもお得な、喩えて言うなら天丼に・・・あぁ、だめです。そういう卑近な例を持ち出してはいけません。
とにかく、そのような特異な環境が、池の平湿原を多様な自然がおりなす、“高山植物の宝庫“としてくれたのだそうです。


では、湿原に降りていってみましょう!



f0160480_1336315.jpg
f0160480_13363654.jpg

ここでは植物保護のため道がつくられています。
植物帯の中に人ははいれないことになっています。

霧にけむる樹木

f0160480_1339965.jpg

枝を横に伸ばすコメツガ
カッコイイですね。いっそう神秘的です。

いよいよ湿原です。
f0160480_13443961.jpg

マツムシソウ
今回、この花ほどあらためて見直した花はありません。
とにかくかわいい!愛らしい! これもあちこち、というレベルではなく、方々にた〜くさん咲いていました。
f0160480_1347246.jpg

ツリガネニンジンの白花も数は少ないけれどありました。

f0160480_13591452.jpg

お花畑です。

まことに、・・・ぼやけて残念、恐縮なのですけれど、雰囲気つかんでいただけるでしょうか?
実際はすご〜く広いのです!
f0160480_1414740.jpg

薄紫色の花がマツムシソウです。
この花はマツムシが鳴く頃に咲くからというのが由来なのですが、マツムシというのは
鈴虫のことなんだそうですね。

   追加: Wikipediaによると、「古くはスズムシのことを「マツムシ」、マツムシのことを「スズムシ」と呼んでいた、あるいは混同されることが多かったといわれる。 形態は、スズムシに似ているが体長は19〜33mmとより大型で、体色は淡褐色。」とありました。

f0160480_1461598.jpg

リンドウに笹が入り込んでいます。
乾燥してきているところにこうやって笹が茂るのだそうです。
f0160480_1484461.jpg

ヤナギラン
これもここでは有名らしいです。はじめて見ました。

人の歩くところは全て木道ができており、東御市の丁寧な管理によって、湿原も復元してきているそうです。
f0160480_14111677.jpg

木道の一つの終点にあるのは、「鏡池」です。
その日のような霧に包まれたときにはいっそう幻想的な風景が広がっていました。

  
湿原を囲む外側は外輪山があり、その一つのピークが三方ヶ峰です。
ほどなくして山頂につくのでそこも登ってみました。
f0160480_14175188.jpg

ここはハクサンシャクナゲがたくさん生えています。花の季節は見事だったでしょうね!
f0160480_14194250.jpg

右側の植物はハリブキというのでしょうか?
葉に細い針が出ています。
f0160480_14221395.jpg

ハクサンフウロの葉がこんなにきれいに紅葉しています!
f0160480_1423745.jpg

ナナカマドの葉はこんなにまだみずみずしく・・・うちのは強光のせいか落葉しちゃったというのに・・
f0160480_142562.jpg

 ガマズミ? でいいのかな?

つづく
[PR]
by sakillus | 2009-09-02 13:47 | 自然物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/11853003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by seedsbook at 2009-09-02 16:04 x
ヤナギラン、マツムシソウ、ツリガネニンジン、ハクサンフウロにそっくりなフウロはこちらでもあちこちに生えています。ヤナギランは高速道路の脇などに群生。マツムシソウ、つりがねニンジンはライン河土手に群生。フウロは道端に。。。我が家のテラスにもいつの間にか繁殖。。。。笑
Sakiさんのお写真はとても雰囲気が伝わってくるので素敵です。
ぼけた。。。とコメント付きの花畑、鏡池の写真がなんとも言えず良い味で、好きですよ!
Commented by ローズYUKI at 2009-09-02 17:37 x
わあ~sakiさん素敵!
独りで行かれたんですね やるぅ~!
この夏は息子が久しぶりに長期帰省していて(まだいます)
母親家業に精出していたので?!
ほとんどどっこにも出かけませんでしたが
皆様のおかげで中国や日本のお山に身をおいているような気分にさせていただきました。
霧に包まれた「鏡池」のお写真に感動~♪


Commented by plum at 2009-09-02 20:10 x
高峰高原ってどのあたりかわからないけど、
sakiさん車運転して現地で山登りですか~日帰り?さすがぁ!
私もそういえば去年白馬に日帰り強行したこと思い出しました。
平地でうろうろしてるより、思いきって高いところに登ったほうが
いろんな植物に会えて楽しそうですね。
ツリガネニンジン、そうでした!
お送りした種はツリガネニンジンじゃなくてツルニンジンでした(笑)
こんなんじゃあ、高い山登っても体力が尽きてヘトヘトでお花畑見る余裕なんてないかも(^^;)
ハクサンフウロの紅葉きれい~♪初めて見ました。
Commented by sakillus at 2009-09-02 21:53
seedsbookさん、 え〜〜っ、そんなにあるんですか!?
おまけにハクサンフウロ似のフウロまで。
群生、群生、群生・・・@@ ちょっとくやしい気持ちがするのは私の心が狭いせいでしょうか? 笑
seedsbookさんは遠くまで行かずとも、いろいろたのしめますね。
森もあるし、町並みも趣あり、興味深いし・・・お店もいろいろたのしめそう。
でも、EUで白熱電球がなくなるのはいやですね。
私も日本でそうなったら、物置いっぱい買いだめしよう。

写真のこと、ありがとうございます。霧のおかげで「おひねり」をもらえた気分です。^^。
Commented by sakillus at 2009-09-02 22:03
YUKIさん、そうですか〜。ありがとうございます!

ひとりでどこかでかけるの、わりと好きなんですよ。この程度なら大丈夫です。
でも、運転がね。^^;
あはは、YUKIさん、息子さんに甘そうだなぁ・・母親ってどちらかというと男の子に甘いですよね。
YOKOさんがからだ張っていろいろなお花見せてくださって、レポートしてくれたので、
わたしもがんばろう!とおもったかどうかはあやしいですが、でも、とにかく刺激はしっかりもらいましたね。

「鏡池」は小さな池なんですが、いい雰囲気でした。
山の中の池や沼など水辺はいいですねぇ。し〜んと静まりかえって、なんというか重心が下がるような
落ち着きがあります。
Commented by sakillus at 2009-09-02 22:19
plumさん、この辺りは軽井沢から車で40分ぐらいだということですよ。都内からだと車だったら関越〜
上信越道の高速のほうが近いかも。
ロザリアン向きのコースを勝手に考えると、軽井沢でレイクガーデンを見て、翌日こっちにというプランはどうでしょう。な〜んて。
霧じゃなければ山登りする予定だったのですが、この日はそれはあきらめて林道で。林道だとアップダウンがないんです。池の平湿原もあまり高低差がないので、全然楽勝ですよ! でも、10キロの行程。
湿原だけだったらさらに楽。
高尾大丈夫だったんですからここも大丈夫ですって! 白馬トリオができましたね。

そうなんですよ! 高いところの花はとにかくきれい♪えらべばそんなにきつくないところもあるので、
ごーごーれっつごーよ。
ハクサンフウロの紅葉きれいでしょう! むふふ、わたしはすでにゲットしましたよ。

ツルニンジン、昔興味あったことがあって捜したのですが、お店で売られているの見たことなくて・・・
だから、発芽してくれるといいなぁとおもっています!
Commented by sakae at 2009-09-04 23:58 x
僕には無理だぁ
全てにおいて(汗
すごいなぁ
Commented by sakillus at 2009-09-05 09:26
sakaeさん、今日は秋らしい快晴です。そちらはどうですか?

そういう無理な方のためにも(注)「背後霊を背負って」ひとりでもでかけます。!

注:バラ友さんなどネットでの知りあいを、たとえ一緒ではなくとも、意識して
そう言うのだそうです。
Commented by クミン at 2009-09-06 12:37 x
sakiさん、こんにちは^^。
すっかり出遅れました(笑)。
でもどうしても
『鏡池の写真、いいですね~』って言いたくてつながらせていただきました^^。
アメリカなんかにこう言う絵をかく方がいそうです。
原始の力を感じます~。

バラ友の皆様のおかげで、色んな所に行けて有り難たや~♪
Commented by sakillus at 2009-09-06 16:39
クミンさん、こんにちは。^^。

鏡池、小さな池なんですけれどね。ぽっかりしている感じが蜃気楼のようでもあり
思考の彼方へと運んでくれるようです。
そうですね〜、アメリカなどにいるかもしれませんね。
シャガールだったらどんな絵を描くのかなぁなんて想います。どんなものが
浮いているでしょうね?

インターネットっておもしろいですね。
ひとつのキーワードでもって集まり、雲散してゆく(背後霊を背負って^^。)
少し前には考えられなかったことです。
Commented by すみごん at 2009-09-07 08:27 x
「背後霊を背負って」っていうの、おもしろいですね。
今度浅草あたりに行く時は、sakiさんの背後霊を背負って
行くことにしましょう(笑)
Commented by sakillus at 2009-09-07 11:51
すみごんさん、おかしいでしょ!? 
クミンさんの名言です。^^。

浅草は大人になってからも何度か行ったのですが、ここからは遠くてなかなか行けません。
天丼やすきやきのおいしいお店もありましたよね〜。
つげの櫛も買ったなぁ・・・  電気ブランのお店ってまだあるんでしょうか?
花やしきのボルトがはずれそうなジェットコースターに乗ってきてください。笑
わたし、しっかりすみごんさんの肩につかまってますから!
<< 池の平湿原 2 高峰高原 >>