ROSASOLIS

<< 生ゴミ未熟堆肥その後 池の平湿原 3 >>
珍しく寄せ植え
その鉢は元々水鉢として売られていたものだったのだが、普通に鉢として使えるようにと
その店で鉢底に穴をあけてもらった。
しかし、その穴が小さい。!
控えめな?(ウソ〜という内なる声が・・・)私は、
「もう二つぐらいあけてもらえませんか?」と言えなかったのだ。

ちょっといやな気もしたが、バラを植えていた。
しかし、さすが水鉢としてあるせいか通気性が悪そうだし、どうもダルマ形というのかな?
樽というのかな? そういう形はバラの鉢としてはふさわしくないような気もする。
案の定、生育もかんばしくない。(この際鉢のせいにしておく。)

かんばしくない鉢の土は通気性も悪そうだ。
ほかの神経質じゃない植物だったらなんとかなるだろうとおもい、
用土を多少は改良して、先日めずらしく寄せ植えをしてみた。

庭全体をひとつの大きな鉢として植栽したいという野望をもっているわたしは(目標は大きい方がいい!)
寄せ植えをする気がなくなっていたのだ。

庭全体の植栽のほうは永遠の目標ということでひとまずおいといて、センスという言葉も
この際棚にあげて・・・(ないからあげられないか・・・)

久しぶりに園芸店に行って少し仕入れてきたもの、それよりも多いうちの庭からほりあげたものなどで。

f0160480_16142493.jpg

f0160480_16144479.jpg

  * 買ってきたもの
赤みを帯びているススキ
もう少し名前どうにかならなかったか? リンドウの園芸種 ’ももこりん’
コバルトセージ

  *自前
イチハツ
ホトトギス
スミレ
斑入りイワミツバ (堀りあげたばっかりなのでよろけてます。)

あるものでやったということで・・・
斑入りイワミツバのためにしばらく日陰で養生します。

f0160480_16215556.jpg

‘ももこりん’  
 花は可愛いのだけれど・・・


f0160480_16231296.jpg


コバルトセージ



もうひとつこの鉢があって、それもバラが植えられているので、そのうちそれも寄せ植えしてみようかな?
でも、そんなちいさな鉢底穴でも根が地面に伸びているので、もうちょっと後でほりあげることにしよう。
[PR]
by sakillus | 2009-09-14 16:30 | 植物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/11932120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by seedsbook at 2009-09-14 19:52 x
おお、この寄せ植え欲しいです。笑
昨日ベルギーの植物市に行ってきました。。。。がどうも最近自信喪失気味で、上手くいかないのでは。。。と気よわになって、薔薇を一鉢買ってきただけです。
買ってきたのは普通のアップル ローズです。 何故買ったかと言うと実に惚れました。
Commented by sakillus at 2009-09-14 21:47
seedsbookさん、あはは、どうもありがとうございます!
高いでっせ、というのは嘘ですが。
庭の中で自然に増えてくれるものを使えたというのが良かったですね。
できれば、増殖したものをストックできるバックヤードがあればもっといいのですが。

ベルギーの植物市、行ってこられたのですか。この時期秋のものもあるかなぁって
覗いてみたくなりますね。

自信喪失気味のときはありますよ。誰しもあるとおもいます。。。
そんなとき野生種はいいですね!
アップル ローズ、ポミフェラ、実がいいですよね〜♪
トゲがぶちぶちっとついているのもかわいらしいですね。
Commented by sakae at 2009-09-15 09:38 x
寄せ植えもスケールが違いますね、僕の寄せ植え何とちんけなんでしょ(汗
そう思ってしまうバランスのよき寄せ植え。
すごいなぁ。
Commented by sakillus at 2009-09-15 17:01
sakaeさん、そう言ってくださるのはとてもうれしいことです。ありがとうございます。
たいしたことはないのですが。^^;
大きくて重量感のある鉢なので、それに釣り合わせるには、高さのあるものか、大きな葉ものか、
こぶりの樹木ぐらいかなぁなんておもっていたので、このススキはそのために買ったわけじゃないのですが、ちょうどよかったです。
あと、縦にすっと伸びるアヤメ科のものもいいですよね。庭にもたくさん使っています。
sakaeさんも寄せ植えするんですね!バラオンリーじゃなかった。

それはそうと、開店8周年おめでとうございます!!
あの、9.11と同じ日だったのですね・・・それはそれなのでしょうけれど、複雑な日の開店だったのですね。8年・・・月日の経つ早さを感じます。
Commented by toti51 at 2009-09-15 17:25
はじめまして。seedsbookさんのところでお見かけして、しばらく見せていただいております。
”庭全体を大きな鉢として植栽”という部分にぐっときます^^
ポリシーがなんとなくご一緒のような気がするのですが、うちは、もう庭としての体裁はとても保ててなく、まるで山か野原、生き物のためのビオトープのようになってしまっております。
こちらの素晴らしい立地で、こつこつとお庭を造っていかれる様子を楽しみに見守りたくおもっております。なんだかやっと、気の合うお庭に出会えた気分でおります。 
ということでリンクを頂戴させていただきます。
Commented by sakillus at 2009-09-15 21:53
totiさん、はじめまして。ようこそ!
お名前はseedsbookさんのところでおみかけしたことがあります。
見ていただいていたのですね。どうもありがとうございます!

大きいことを言っていますが、全体の様子はともかく、気持ちは実際そうなんです。
もちろんそう簡単にはいきません。^^; 苗をいくらでも買ってよいというのならある程度恰好はつくかもしれません。しかしそうもなかなか・・・
時間の経過を待たなければできない風景もありますね。

 totiさんのところは合計100坪ぐらいあるんですか! それを維持するのはたいへんですね。
そして、歴史もあるのですね。
わたしもついこの間までつるものと格闘していました。
ここにきてやっと植物の勢いも収まってきて一息ついています。
生きものがたくさん生息しているというのはいいことですよね。
ここの風土の中で馴染める庭を、しかも、なんというか西洋に向きがちな庭の傾向にちょこっと反抗しています。ふふふ。
リンクどうもありがとうございます。
こちらもリンクさせていただきますので。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by kaffe at 2009-09-16 10:18 x
sakiさん

おはようございます。

ほほぉ~~ さすがsakiさん お庭の景観とマッチした寄せ植えです。センスばっちり。
使っている植物も、自己主張が強くなくていい感じですね。

>庭全体をひとつの大きな鉢として植栽したいという野望をもっているわたしは・・・

うんうん 納得のお言葉。同じように、庭をひとつの絵として捉えている私も、そこに注ぐ力と時間だけで
寄せ植えを作る気が起きないでいます。
(まぁ 作っても下手くそで嫌気がさす というのもかなりあるのですが^^;)

ピンクのリンドウ・・・・ ももこりん ももりん ももちゃん  もも  何だかどれもダメですわ~
いっそ さくら なんて名前のほうが可愛かったりして♪
Commented by sakillus at 2009-09-16 13:54
kaffeさん、こんにちは〜。

 コメントどうもありがとうございます。ふふふ
いやいや〜、センスのことはともかく、寄せ植えっていうと鮮度がなくなるとリセットというサイクルには
疲れますし、お金もかかる。長く葉だけでも鑑賞できる葉ものをメインにしてみました。
それと、自分の趣味もあっさりしているほうが好きになってきたというのもあります。
そして今日いいことをおもいつきやってみました!
種を仕込んでおくんです。そうすればまた違った楽しみができるでしょう? うふふ〜♪
kaffeさんは庭同様、寄せ植え作っても愛情のこもったやさしくいいものができてるとおもいますよ。

>庭をひとつの絵として捉えている私も
うんうん、kaffeさんも庭を全体で描くタイプですね。
それがダイナミックなのでね・・・それにかける情熱、どこからくるのでしょうね?
今日はそんなことを考えていました。とにかくまちがいなくわきあがってくるもの。
いつも仕事や家事に追われながらも、庭や植物のことを考えている。
この情熱は誰からも邪魔されない純粋な情熱だなぁなんておもっていました。熱いですね。

ピンクのリンドウ、さくら、あ、いいですね!それ支持します!
<< 生ゴミ未熟堆肥その後 池の平湿原 3 >>