ROSASOLIS

<< 梅林 水の結晶 >>
西側石枠完成
大きなミニトマトをかたずけたので、やっと西側植栽スペース道路側をなんとかできることになった。
ここは他の部分の道路側と共通するように、石は高さを揃えるのではなく、ガタガタっとしていつつ、
全体的にまとまっていればいいかなぁと考えていた。

そんなわけでやっと閉じることができた。
f0160480_17205329.jpg

f0160480_17212283.jpg

手前に見えるのは、新三東菜。これがまたおいしいのだ。


今の段階では石がありすぎにも見えるかもしれないが、植物がなにか植えられればその感じもなくなるだろう。
部分的に石をはずして植物で土を留める事も考えたが、車を中に入れるときに、石があった方が目安になって良いのだった。

ちらっと見える椿は朴伴。
その他にジューンベリーなどもある。
バラは、ロサ・ギガンテア 、エアーシャー・スプレンデンス、
ロサ・パルストリス (もしかするとそのうち移動するかも)、ロサ・ニティダ、その他いくつか。

石枠の外側、全部砂利で覆わないで土を残しているのは、来年もまたミニトマトを期待しているのだった!


茎ブロッコリーも大きくなった。
f0160480_17381659.jpg
f0160480_17383853.jpg

ヒューケラといっしょに。
どの時点で食べれば良いのかは今はわからないけれど・・・


その他に最近やった作業では、ナナカマドの移動。
f0160480_1741113.jpg

家の東側、北側ともいえる場所にある。雨落ちからその先に池を造るのだが、ナナカマドがそばにありすぎていた。
枝の向きも池予定地に向いて下がっていたので閉じられてしまう感じで良くなかった。

これはほりあげているところなので、よけいに傾いている。

60㎝ほど南に移動させた。
向きも変えて。
根をちょっと切ったのでダメージがあるかもしれない。


f0160480_17451178.jpg

真ん中辺にあるのがナナカマド、まだ小さい。
手前の木はシャラ。
ナナカマドの奥に鉢植えだったロサ・ガリカ・ヴェルシコロルも植えた。

f0160480_17483125.jpg

ナナカマドの株もと、ヤブコウジがはっきり見えるようになった。

落ち葉は寒さ避けと微生物の棲処として。


この辺りにはロウバイもある。
f0160480_1756935.jpg


黒い大きな実とこの冬咲く蕾が同居している。



ほかに、ブッドレアをかたずけてしまった。

時々娘に庭の感想を聞くことがある。
一応美術系だし、園芸店に勤めていたこともあった。
良いところとか、違和感のあるところなどを伝えてくれる。
違和感のある植物が目だってくることがある。ブッドレアもそうだった。
彼女も山野草や日本に自生しているような、内側に水をたっぷりとたたえているような植物が好きなのだ。
わたしもブッドレアにはずいぶん抜こうかどうしようか迷っていた。
いのちあるものを抜くのはたとえ違和感があろうともためらいがある。
でも、、、いつまでも違和感を抱えているのは負担でもある。

誰かがどこかで育てているだろうから・・・


ついでに、よい感じで枯れてきたもの、
f0160480_185389.jpg

中国イカリソウ


f0160480_1864678.jpg

ヤマブキ
[PR]
by sakillus | 2009-12-13 18:10 | 庭づくり | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/12484019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 梅林 水の結晶 >>