ROSASOLIS

<< 小さな植物の寄せ植え 困ったさんの剪定 >>
マンサク満開
初めてわずかにそのつぼみから黄色を見せてから、もうどれだけ経っただろうか?
牛の歩みのようにのろのろと開花していったマンサクもここのところの
暖かさに背中を押されて気づけばもう満開。

f0160480_0391516.jpg

f0160480_039312.jpg


紙質のような花弁から想像される印象とは違い、満開になった今朝、
まるで舞台が反転してがらっと変わるように、目の前に迫ったもの、それは瑞々しさだった!
この国は水の国、マンサクもまた、水の洗礼を受けた木なのだとおもった。

去年は植えて間もなかったこともあったのか、花数が極端に少なかったのでわからなかった。
しかし今年、やや緑味を持った黄色、緑黄色、もしくは黄檗色(四十八茶百鼠というほど茶や鼠色は多いが、黄色を示す日本語はやや寂しい)に木全体を染めたマンサクは圧倒的な瑞々しさをもって私の目に迫ってくる。
色の少なかった庭にマンサクの黄と少し遅れて枝垂れ梅の桃がなんと爽快なこと。

f0160480_0414942.jpg

f0160480_0421957.jpg



梅の香りはいうまでもないことだが、マンサクの香りがこんなに強いとは!
柑橘系の香りが足を止めさせる。それもなぜか懐かしい匂い。

やっぱりわたしは木に咲く花が大好きだ。

f0160480_0444651.jpg


   椿も見てるよ

f0160480_0452193.jpg

[PR]
by sakillus | 2010-02-27 00:48 | 植物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/12957998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-02-27 18:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2010-02-27 22:06
鍵コメさん、こんばんは。

そうそう、マンサクは春一番の木に咲く花ということで、黄色がいいですね!花の形も錦糸卵のようなのでいっそう。
わたしも黄色の花については時に幼さを感じてしまいどうも、、とおもうこともあるのですが、原種の花の黄色というのはいいものだなぁと、自然の中を歩くとおもいます。
冬枯れの中から黄色の花が出てくるというのはその明るさが希望のようでいいですね!

そうでしたか・・・なにしろひとつの大きな峠を越えられたということで、
ご本人やご家族、鍵コメさんにとってもほっとされているとはおもいますが、今後も心健やかに過ごされればいいなぁと、わたしもひそかに思っております。性格がちょっと変わるというのは私も聞いたことがありますよ。なんででしょうかね?

わたしも、他人のことはとやかく言えません。でもとにかく気づくことが大事と。いくつになっても気づかされることがあります。そして、健康が第一と!!

そうですね!薔薇の咲く頃にぜひ!
わたしもそうおもっています。祈りと感謝のこころを忘れずに。
鍵コメさんにとっても大切な方々にとっても、明日もよき日でありますように!
Commented by seedsbook at 2010-02-28 21:50 x
こちでもマンサクが咲きましたよ。
春一番という感じです。
Commented by sakillus at 2010-02-28 22:57
seedsbookさん、不思議ですねぇ、冬の暖かさや日照ではずっとこっちが
勝っていたのに、マンサクの開花は同じなんですね。!

一雨ごとに春がやってくるって感じです。
Commented by YOKO at 2010-03-01 10:45 x
>やっぱりわたしは木に咲く花が大好きだ
私も同感です!
まだ寒さが残る時期に咲く黄色い花の木には、桜の開花以上に春がくる喜びを感じます。
黄色といえば、Fortune's Double Yellowのその後も楽しみにしています。
私も・・と思ったのですが、完売で次回にまわすことにしました~。
Commented by kyoko at 2010-03-01 10:55 x
sakiさん、こんにちは。マンサク素敵ですね。こんなに繊細なお花だったんですね。ぼかした撮りかたがいいですね。(憧れ)

これからお庭が元気に活気付きますね。

さて、もう少し暖かくなったらsakiさんのお庭とヴェロニカさんの工房と・・・ちょこっと行きたいな~と思うのですが、どんな感じかしら?

知人に焼き物をする人がいて、ヴェロニカさんのことを話したら、会いたいというのです。

ご迷惑でなければ、なんですが・・・。
Commented by sakillus at 2010-03-01 22:29
YOKOさん、こんばんは!

やっぱりYOKOさんも!そうでしょう、そうおもいましたよ。^^。
アオモジの花をアップされてるのを見ると、そういう目線が感じられますもの。
もちろん草に咲く花も好き、どの花もいいわけですけれど、なんていうのでしょう。こういう特にたくさんの花をつけるのもは、一つ一つの花の主張がなくて、無私というのかな、清くて潔い感じがするんです。
そして、黄色は今の季節とてもいいですね!

Fortune's Double Yellow、完売でしたか〜。次回売り出されたときに是非是非〜。わたしも剪定枝を挿してはみましたが、どうなるか〜?
Commented by sakillus at 2010-03-01 22:39
kyokoさん、こんばんは!

マンサク、なかなかいいでしょう?造形的に見てもおもしろいですよね。
このところの雨で植物たちも刺激されたようで、おっ出てきた!っていうのがたくさんありますよ。全体的にはまだまだ地味ですが、そのちょっとした変化がなんともいえません。^^。

おぉ、おいでください〜。^^。ヴェロニカさんのところは、この秋の展示会が決まって、それが京都と東京の連続展示なのです。まぁとにかくたくさん作らなければということなのですが、大丈夫なのではないでしょうか?
4月にお花見をかねて何人かの集まりがあるようですけれど、じっくりお話する方がよければ、適当に期日を言ってくださればいいとおもいます。まずは私にでも。
うまくタイミングがあえばいいですね。
Commented by fairyhatskyoko at 2010-03-02 15:18
sakiさん、ありがとう^^
では、また日程については連絡しますね。
京都と東京での展示会・・・素敵ですね。
Commented by sakillus at 2010-03-02 20:35
kyokoさん、どういたしましてです〜。^^。

そうですね、また連絡してください。

京都はどうなることやらですが、東京は一昨年の秋にやったところなのですが、オーナーがいろいろ面倒をみてくださり、なんと3週間もやるんです!
ほんとうにピッチをあげなければなりませんね〜。ヴェロニカさん。
<< 小さな植物の寄せ植え 困ったさんの剪定 >>