ROSASOLIS

<< 山中湖 遮光ハウス >>
バラの余韻と夏の庭
蒸し暑い日々がつづいています。

それでも我が家は樹木のあるおかげで温度を下げてくれますし、涼しい風さえ吹きます。

しかしながら、庭は花が少なくなり、これからますます緑が濃くなり、うっそうとしてくるもの。
これをいかにすっきりとさせることができるか?う〜ん、できるのかしら?

夏の庭はキビシイですね!

バラの日々も少し前だったのに、はるか以前のことのようにもおもえます。

最後の方で房咲きを見せてくれた Lavender Lassie や Charles de Milles,
断続的に咲く Saflano など、しばし余韻に浸りたい想いです。
f0160480_20433498.jpg

f0160480_2044636.jpg


Charles de Millesは豊満という言葉がぴったりで、手に持てばずっしりとくるその重さ、
光沢のないガサッとした葉とともに、わたしのこころにしっかりと響きましたよ。
f0160480_20471588.jpg


ガリカって花後の葉もしっかりとしていて病気にかかりにくくていいですねぇ・・・

f0160480_21161842.jpg

Saflano
二番花もよかったなぁ・・・

f0160480_20534418.jpg

cafeも新しく出たシュートから、こんなにいい花が咲きましたが、
あらら、花後に葉が落ちちゃった。がくっ。



それから山紫陽花のつづきです。
f0160480_2122659.jpg

土佐の涼風(土佐涼風)、これも買ってしまいました〜。
涼しげでいいですね。
f0160480_21234717.jpg

こちら、名前はとてもよく似ているけれど、土佐緑風です。
装飾花が葉色と同化しそうなほど渋い色です。
f0160480_21262782.jpg

富士の滝 のある風景です。

かすかにササユリが見えます。
f0160480_2129894.jpg


う〜む、頼んだのはヤマユリでしたが、咲いてみたらこれ。
ササユリももちろん大好きだけれど、、、
喜ぶべきか?う〜ん、でも、やっぱり、ヤマユリに咲いてほしかった〜!!
[PR]
by sakillus | 2010-06-30 20:54 | 植物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/14090733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2010-07-01 12:34
sakiさま、こんにちは♪

まだ、シャルルドミルなど、咲いているのですか???
いいなあ~
相変わらずの涼やかな素敵なお庭!
シャルル・ド・ミルといえば、私もグッと心を掴まれた1人です。
ORを買いたいのだけれど? っと問われると、先ずこの薔薇が思い浮かびます(^^)
蕾も良いですよね~♪

今日も関東は凄い蒸し暑さ・・・
sakiさんのお庭で爽やかな気持ちになりました。
Commented by sakae at 2010-07-01 15:31 x
いいなぁ2番花・・・・家はカラスくんのおかげで全滅だよ。
今は3番さんが頑張ってくれてるんですけどね。
Commented by sakillus at 2010-07-01 21:48
歩夢さん、こんばんは!

いえ〜、過去のことなんですよ。
6月中旬のことでした。でも、シャルルさんは今年は花期が長くて、なんでしょう、2週間は楽しめたかな?
えへへ、画像で見ると涼しげですね。
この梅雨期は例年になく蒸し暑いんですね。うちはでも、それほどでもないでしょうか・・・耐えられないほどではないです。^^。

シャルル・ド・ミル、わたしにとっては変な言い方ですが、臨界点のバラなんですね。これ以上この感じで花径が大きいとくどいとおもうかもしれませんし、色がこの色だからこの豊満な形でもわしづかみにされますが、色が違っていたらどうだったか?とか。このバラ自体がこれだけゴージャスでありながら高慢な感じがないというのもいいですね。
やはり名花ですよね!
蕾も丸っこくて装飾萼がいいですね〜。

この時期はまだ人のほうで暑さに慣れていないからたいへんですね。どうぞご自愛ください。
Commented by sakillus at 2010-07-01 21:53
sakaeさん、見てきましたよ。

カラスはなんでバラを襲うんでしょうね?
無粋ですね〜。

3番花、早いですね!うちでもほぼ休みなしで咲こうとするバラありますよ。このサフラノもそういうタイプですね。
Commented by G d D at 2010-07-02 05:37 x
sakiさん

おはようございます。
寝苦しくていつもより1時間も早く目が覚めてしまいました。
『Charles de Milles』には実は苦い想い出があります。

おそらく我が家でいちばんの大鉢。
直径50cmくらいはあったかと思います。
オリーブの大株を植えてもよいくらいの大きさ。

『香水月季』の最初の記事に使う予定でしたが
園芸種の桔梗とすりかえました。
非公開にレ点を入れていなかったので
どうやらごくわずかの方がご覧になったようです。

僕はこの花を愛でていらっしゃる方にはたいへん失礼なのですが
はじめてゾゾゾ〜ッ...としたのです。あー怖かった.笑
それは豊満な花を覗きこんだ時に花芯がなく空洞だったから。
云い方がよくありませんが、あとにも先にも不気味に感じたのは
この薔薇だけです。あの蕊のない空洞!実に怖かったですね。
よって今はウチにはもういません.笑

『cafe』はやはりよい花ですね。
この時期にこの花容は貴重です。
いくらシュートの先の花といえども。
もう一回育てようかな?思いっきり内芽剪定で.笑

どうぞ好い一日を。
Commented by sakillus at 2010-07-02 22:16
G d Dさん、こんばんは。

寝苦しいというと暑くてですか?
今年の初夏は例年になく蒸すようですね。ですねって、さいわいうちではそれほどではないんです。樹があることでなにもないところより2〜3度違いますしね。湿度的にみても、まぁ、耐えられないほどではないです。

え?シャルル・ドゥ・ミル、花芯がなかったですか!
あれぇ、個体差かなぁ・・・うちのはあったんじゃないかなぁ。今「オールドローズ花図譜」も見ましたが、はっきりとしたものではないけれど、グリーンアイがありますよ。
ついでにhelp me findの画像でも・・・

八重でも、もう少し花弁数が少なければ、おしべもめしべもあるけれど、このぐらい多くなると、消えるのが多いですよね。グリーンアイがかろうじて残るぐらい。
ERなんかはなにもなくなっちゃうのが多いんじゃないですか?

わたしはフロリバンダはこのカフェとアイスバーグぐらいなのですがカフェのような色のばらってあんまり強くないですよね?こういう微妙な色のバラはそれほどはいらないけれど、たまにあるといいなぁとおもいます。^^。
Commented by Noir-Z at 2010-07-03 09:34
sakiさん

おはようございます。
でしょ?でしょ? 笑
僕もあらゆる文献、ネットから例のオールドローズ花図譜も
含めて...それはそれはくまなく調べたんです。

ひとつの薔薇に対して、その時感じた(体験した)感情も
大切でしょ?(sakiさんなら分かってくださると思いますが)
最初の記事に持ってくるくらいだから美しさにおいては満点。
所謂フライングソーサーですよね。
どこから切り撮っても素敵な薔薇だと思いました。
すりかえたではなく正しくは『さしかえた』ですね.笑
嗚呼...可笑しい^^

ちなみにそんな大鉢に植え込むぐらいだから
2m近い成木。非常に立派な株でしたし
品種違いでもないのです。
でもどの枝に咲いた薔薇も花芯はありませんでした。
白い空洞。
グリーンアイって所謂完成形でしょう。
蕊がないのも完成形。
面白いですね。
今日も蒸します、好い一日を^^

G d D
Commented by sakillus at 2010-07-03 19:39
G d Dさん、こんばんは。

さきほどから霧雨が降ってまいりました。

そうでしたか・・・それだけ立派な成木でどの枝に咲いた花も白い空洞っていうのはやるせないですねぇ・・・

G d Dさんの抱いた恐怖を理解できているかどうかは自信がありませんが、そうだなぁ、私が思い浮かべたのは、動物でも魚でも奇形で生まれてくることがありますよね、特に戦後は。
それを見たときにおもわず、これはまちがいなのか?あってはいけないことと、本能的に恐怖を感じるとおもうんです。

それはまちがいなく、その動物や魚に罪があるのではないのだけれど・・・むしろ罪をかぶせられてしまったのかという。

だから、そのシャルルを見たときに、たぶんわたしだったら
「パンドラの箱」をあけてしまった原罪のようなものを感じるかもしれませんね。

G d Dさん、あたっちゃったのね!
昔駄菓子屋で、ひもでひっぱりあげる苺の飴があったのをご存じですか?
あぁ、それで、でっかい苺をひっぱりあげちゃったんだわ。

でも、 G d Dさんにはドルモアがあるさ〜!

<< 山中湖 遮光ハウス >>