「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 物置に関心が集まる 白い蓮〜クリスタル・ビューティー〜 >>
今ごろ咲くんだね
というのはクレマチス‘グレイス’(C.'Grace') タングティカ系です。
f0160480_165784.jpg

イントリカータ・ボタニッシュアートを亡くしてから去年、その後釜に買いました。

f0160480_16593527.jpg


つるはかなり伸びたものの咲く気配なく、あきらめモードになっていた昨今、
ふと見れば咲いていました。

f0160480_1713018.jpg

ひとつひとつは4センチぐらいの小型の花で、
淡い透明感のあるクリーム色が清々しい。

もっとも心惹かれるのはその雄しべ♪
ぱちっと描いたまつげみたい。
人のそれはときにどうかなぁとおもいますが、
このクレマチスのまつげにはキュンとなる。
かなり気に入ってます!

タングティカ系は耐暑性が問題となることがありますが、少なくともこのグレイス、
うちでは問題ない模様。

f0160480_1752236.jpg


同じくフロリダ (C.florida var.sieboldiana Single form)

これは2番花です。
フロリダ、大好きなんです。


   (注)フロリダに関しては少し複雑です。「一重のテッセン」とも呼ばれています。
      「別冊NHK趣味の園芸 クレマチス」では、「一重のテッセン」別名「フロリダ」になっています。
      フロリダ系の品種を多数発表しているレイモンド・エビソンは「本物のC.florida は長い間発見、発表されていない」と書いている。(「The Gardener's Guide to Growing Clematis」)
      今出回っている一重のテッセンは枝変わりだろうとも書いている。
      テッセンのもととなった一重の野生種は存在する(した)と考えられており、
      それはどこにあるか、何なのかというテーマは世界中の専門家、研究者が注目している。と、「別冊NHK趣味の園芸 クレマチス」にあります。
      
   ****************************************

ティーローズは夏によく咲く品種がありますが、この Homere なども、
うちではその代表格
f0160480_17142443.jpg

とるにたらにような花であれば、摘蕾することもいとわないのだけれど、
こう綺麗に咲くとなると、そのままにしてしまいます。
f0160480_17154190.jpg

断続的に咲いています。

和名「天振」(天を振るわすほどの威力)の意味をこの夏に少し感じました。
でも、そんな男性的な薔薇ではありません。

f0160480_17195944.jpg

これはちょこちょこっと咲いている Stanwell Perpetual

f0160480_17211427.jpg

山の夜明け
[PR]
by sakillus | 2010-08-14 17:23 | 植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/14395444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakaae at 2010-08-15 13:56 x
山の夜明け・・・薄汚れているオイラには眩しすぎるる(汗
Commented by rosedeco at 2010-08-15 15:54
sakiさま、こんにちは。
クレマチスも百合もギボウシもsakiさんの好きです。
私、薔薇以外にうとくて・・・
でも、お友達の家で、これ好き!って言うとそのお花はほとんど野草です。
薔薇もsakiさんのお庭では他のものたちと同等で・・
薔薇だけが威張ってないところが大好き。
植物が生きてる感じがします。
ああ、うまくは言えません。。すみません。

歩夢

Commented by sakillus at 2010-08-15 19:26
sakaeさん、あらまぁ・・・
sakaeさんが薄汚れているかどうか?わかりませんが、
そうやって自分の鏡のような存在があるってありがたいことではありませんか!
どなたにも平等にね。
Commented by sakillus at 2010-08-15 19:40
歩夢さん、こんばんは。

今日も暑かったですねぇ・・・久しぶりに頭痛がするほどでした。
自分の好みが誰かに好まれるってうれしいものですね。^^。
あ、薔薇以外はこれから開拓ですね〜。よ〜し、あなたはだんだん山野草も好きになる。ぐるぐるぐると。

冗談はさておき、そうですね、薔薇は一年に一度のシーズンに
夢のように華やいでもらいます。まぁ、秋には秋の風情がありますが、数、華やぎからいえばやはり春のシーズンが一番、
その時に輝くのが一番とおもいます。もちろんその後もずっと見守っていますよ〜。
そう、威張ってる感じの薔薇はたしかにいないですね。ほかの植物たちとも馴染んでもらえるのがいいとおもっています。

>植物が生きてる感じが
とおもっていただけてわたしもうれしいです。
どの植物にも魂があるように、わたしもその存在を忘れないってうのが大事ですね。

PC,たいへんでしたね!数ヶ月で壊れるなんてずいぶんな話ですね。ぷんぷん。
Commented by Noir-Z at 2010-08-16 23:00
sakiさん

挫けそうになった時、
声を聞きたくなる方って不思議といらっしゃるものですね。
『Homere』は夏の姿がいちばん好きです。
我が家ではうどん粉を拾いやすい部類に入りますが
この夏の姿に出会う度、やはり育てていてヨカッタと勝手に.笑

色濃く咲いても薄く咲いても夢のよう。
今年は念願だったクレマチスを4品種迎えましたが
全て全滅...唖然呆然.笑

山の夜明けが神々しくて
小さな写真ながらしばらく見つめています。
sakiさんも素敵な夏をお過ごしくださいね。

いつもありがとうございます^^

G d D
Commented by sakillus at 2010-08-17 09:13
G d Dさん、おはようございます。

きょうもまた朝から暑いですね!
いろいろお疲れ様です。でも、暑い中でいろいろ作業し終えれば、体の中の老廃物も汗で流して、疲れはあるものの労働のあとは気持ちの良さがあるものですね。ただ休めるときはしっかりと休んだ方がいいですよね。

Homere、ほんと、どうして夏にこれだけ綺麗な花が咲けるのかしら?というぐらいきれいですね。
ティーローズはうちではだいたいが遅咲きの部類でどちらかというと春はそんなに目立たない、しかし!夏以降どんどん存在感を増します。うちの秋バラはティー主体かなぁ・・・

あ、クレマチスを育てる環境じゃなかったでしょうか?
埋もれたり日照が弱いとたしかにあまり本領を発揮できませんね。

夏の空は朝夕がとてもきれいです。
あぁ、こんな景色を見られてよかったとしみじみおもいます。
どういたしましてです。
G d Dさんもお体ご自愛なさりつつがんばってください!
<< 物置に関心が集まる 白い蓮〜クリスタル・ビューティー〜 >>