ROSASOLIS

<< 新しい朝に剪定開始 物置に関心が集まる >>
睡魔
最近夕食後、ものすごい睡魔がやってきます。
もんのすごく眠いです。
私の体は正直なので、おそらくずっと突っ走ってきたので、この辺で休んでおいた方がよいという
知らせなのでしょう。

とはいえ、しばらく居眠りしたあと、こんな時間にコーヒー飲みたくて飲んでます。

f0160480_2358101.jpg

Devoniensis(T)

このバラを育てるのは二回目です。
育てやすいバラではないというほかの方からの情報もあります。
しかしながら、このバラの忘れがたさは何かな?
たとえば白のこの色合い、
純白でないのはおわかりいただけるでしょう。
緑がかるでもない、ベージュがかるというのが、なんともノスタルジックで惹きつけられるんです。

でも、いつもそうだったかどうか・・・記憶が定かではありません。
この花は夏の花なのでこんなものですが、ほかの季節であればもっとよいはずです。
これも悪くはないですが。

f0160480_055745.jpg

f0160480_061968.jpg


Mrs.B.R.Cant
うちでは四季咲きといえば、なんといってもティー!
ゴー、ゴー、ティー ・・・う〜ん、わたしは眠いはずなのに・・・

このMrs.B.R.Cantも春はカメラに収めることもそこそこでしたが、これからが良いのです。


     *******************************

f0160480_0104999.jpg


フシグロセンノウは遠くからでも咲いているのがわかります。
鈍い緋色の花が横たわりながら咲いています。
茎のもろさを持ちながら。

この花にはっとするのは、
女性ならばいくつになっても、自分の中に紅を持っている、
その紅の部分に気づいた時のような小さな驚きに似ています。
センノウの類にはそういうところがあります。

* 緋色(ひいろ)・・・茜で染めた色。黄味の赤


    **************************************
  

咲季山草軒、新商品入荷!
[PR]
by sakillus | 2010-08-23 00:17 | 自然物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/14449501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Noir-Z at 2010-08-25 06:24
sakiさん

おはようございます。
蝉の啼き声がかすかに遠く風のない朝。
今日も暑くなりそうですが、
晩夏の朝は気持ちがよいものですね。
如何お過ごしでしょうか?
残暑御見舞い申し上げます♪
さて...最近とても眠いとか...。
自然の摂理です、お互いに体は大事にしましょうね.笑

昨日片づけをしていましたら1964年のアサヒグラフが
出てきました。もちろん僕が生まれる数年前の代物。
古書店で山積み...10冊100円だったような遠い記憶。
この雑誌を捨てずに大切にしているのは
表紙と特集が岸田今日子さんだから。
ソファで斜めにゆるやかにくつろぐ彼女の姿はとても美しいです。
久しぶりに目を通し、じっくり読んでみましたら。
当時ちょうど33歳だったこと。新婚間もないこと。
天皇誕生日の今日のよき日に生まれたから『今日子』。
そして好きな花は...との問いに対して
な〜んと!クリーム色の薔薇と答えていらっしゃいました。

G d D
Commented by Noir-Z at 2010-08-25 06:40
仲谷氏と何故結婚したかとの問いに対して
他の文学座の青年たちとはちょっと違っていて
彼にはどこかヤクザっぽいところがあったから、だそうです。
ふたりでこたつを囲みくつろいでいる見開き頁もあります。
三島由紀夫氏が自身の戯曲『葵の上』での彼女の演技について
ベタ褒めしていたり...巻頭数頁とはいえ、
なかなか面白かったです。
女性はいくつになっても、やはりチャーミングであって欲しい。
僕はそう思います。茎のもろさもよいではないですか。
晩年になって彼女は『結婚は一度でいいわ...』
とも仰言っていました.笑
僕は未婚ですが、結婚していたとして...
やはり一度でいいと思う!と感じた次第です。
僕が生まれた70年代は音楽なども含めて少々ガサツ。
けれど60年代は素敵ですね、洗練されていると思います。
『茜』の実物を見てみたい気が致します。
どうぞ好い一日を!

G d D
Commented by rosedeco at 2010-08-25 11:46
sakiさま、こんにちは。

今日は少しだけ秋の気配を空気に感じます。
猛烈な暑さの中に秋がひっそりと隠れている感じが好きです。
季節の変わり目は何時も好きです。

白いティー、綺麗ですね。
恥ずかしながらティーの魅力に気が付いたのは今年なのです。。
sakiさんと、G d D さまが教えてくださったの(^^)
Devoniensisはお迎えしようと思っています。

sakiさん先日、豊田道倫のお話したでしょ?
その夜、電話かかってきてビックリ!
久しぶりだったし、sakiさんとの話を聞かれてるようなそんなタイミングで豊田くんから連絡が。。
町蔵といいおかしいですね!

沢山眠ると生まれ変わります!
でも無理はなさらないでくださいね。

歩夢
Commented by rosedeco at 2010-08-25 11:47
sakiさん、リンクをさせていただきました。
どうぞ宜しくお願いいたします!

歩夢
Commented by saki-kss at 2010-08-26 00:21
G d Dさん、こんばんは。

夜になってやっと秋の気配がしています。
こちらでは鈴虫がずっとBGMのように流れています。
今年東京の暑さは過酷だったでしょう。
このまま夏は終わらないのではないかという疑問さえ抱きますが、終わらない夏はない。笑。

はい、眠いです。昨日はとても果物が食べたくておもいきり食べたら少し改善されました!やはり夏は野菜と果物ですね。
G d Dさんの方こそ疲れが出るかもしれないのでどうぞあまり無理をなさらずに。

岸田今日子さん、そうでしたか〜!クリーム色の薔薇とは!
なんのバラなんでしょうね?当時のことを考えればHTかな?
それとも架空のバラかしら?
白いバラ、黄色のバラはあっても、クリーム色のバラってあまりないような気がするんです。
わたしはベージュ色のバラをずっと探していて、色だけではなくその他の要素もあるわけだからなおのことむずかしい。
このDevoniensisは色、その他を含めてもなかなかいい感触です。

>ヤクザっぽいところが
この趣味よくわかります。わたしも弱いです。^^;
でも、当時の文学座って山崎努なんかはヤクザっぽくなかったのかな?仲谷氏は平気で皮肉を言いそうなイメージがあります。
Commented by saki-kss at 2010-08-26 00:34
G d Dさん、続きです。


岸田今日子さんの出演作品を改めて見てみると、やはりそうとうおもしろい作品に出ていますね。市川崑監督はやはり好きなのですが、ずいぶん出ていたんですね。
テレビでもいろいろ記憶に残っていますが、あれ、ショーケンの「傷だらけの天使」に、いとこの!岸田森とでていましたね。あとやはり、ムーミン♪
彼女みたいな自由人で女優そのもののような方はあまり結婚という枠にはまるのは苦手かもしれないですね。

フシグロセンノウは茎のもろさを持っていますが、同時に種がたくさんでき、発芽しやすいという利点も持っています。
長所と短所を備え持っているというのはおもしろいですね。実生で育てると発見があります。

60年代はあたりまえだけれど、とても昭和で、歌謡曲などは名曲がたくさん生まれましたね。高度成長と情の細やかさが同居していておもしろい時代でした。

茜はこの辺りの山でもあるはずなのですが、発見できていません。地味な風貌です。
根がやはり茜色なんです。でも、実際染めに使えるほどは日本では難しく今では他国のを頼っています。
Commented by sakillus at 2010-08-26 09:21
歩夢さん、おはようございます。

今朝も朝から日射しが強いですが、おっしゃるようにひっそりとかくれんぼをしているように秋がほのみえていますね。
じきにわたしたちは「み〜つけた。」と言って秋をつかまえるでしょう。

ティーローズ、きっと歩夢さんをとらえて話さないでしょう。^^。
Devoniensis、おぉ、そうですか!
ご存じかもしれませんが、シュラブとつる性とあって、つるの方が樹勢は強いかもしれません。でも、支柱と場所がいりますね〜。
わたしはほんとはつる性が欲しかったのですが、探していた時はありませんでした。

豊田道倫さん、実際のお知り合いだったのですね!
そういうシンクロがわたしの周辺にはよくあります。歩夢さんもかしら?
そういうことってプレゼントかなとおもうのです。

>沢山眠ると生まれ変わり
たしかに!今年の夏は全体に睡眠時間が少なかったのでこの辺でたくさんとっても怒られませんよね?
生まれ変わるといえば、福岡某氏の(生命科学者)「動的平衡」という理論を私は支持しています。毎日体内の細胞は変化しているのだけれど、総体として変わっていないように見えるという・・・

暖かいお言葉、ありがとうございます。



Commented by sakillus at 2010-08-26 09:21
歩夢さん、わたしも、(リンクしていただいたのだなとおもい、)リンクさせていただきました!
「さん」でけっこうですよ〜。^^。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by いばら at 2010-08-29 12:40 x
sakiさん ご無沙汰しています。

遅ればせながら、開店おめでとうございます。
どんどん前に進んでいるsakiさんを拝見すると私もがんばろう!という気持ちにさせていただけます。

わたしも、7月からず~っと忙しくてちょっと今一呼吸中です。

「身体が休みを欲している・・・」を私もただいま実感中(笑)でして、タイムリーに共感させていただきました。しかも、Devoniensisの話題ですし・・・
この薔薇、私も大好きで(我が家のはつるです)育てています。そうか、シュラブもあったんですか。
つるは一季(だと思う)なので春しか会えないと思っていましたが、シュラブは今も咲くんですねぇ・・・(いやいや、狙ってはいませんよ)

ではでは、sakiさんもご自愛ください。
Commented by sakillus at 2010-08-29 23:21
いばらさん、こちらこそご無沙汰しています!
お元気ですか?

どうもありがとうございます!前に進んでいるのか後退しているのか、時々わからなくなりますが、とにかく前に向かっています。はは。

忙しかったですか〜。わたしもときどきいばらさんのブログ覗いてはお忙しそうだなぁとは思っていましたが、7月からいっそう忙しかったんですね〜。

今年の都会の方々はいつに増して疲れのたまる夏だったのではないでしょうか?体は正直ですね。頭ではもうちょっとやれるだろうと思っても、休みたいと言ってます。
わたしは例年ですと秋に体調を崩すのですが、これだけ眠い日々が重なったのは黄色信号なのかも。
でも、この1週間ぐらい果物をよく摂っています。それでいくらか緩和されました。
水分とビタミンと糖分ですね!
まぁ、ほんと、いばらさんもしっかり休めるときは休んでください!

つるのDevoniensis、おもちでしたか!大きくなっているでしょう?つるの方が花も一回り大きいでしょうか?
あぁ、つるは一季、ありがちですね〜。
あはは、なんとなくいばらさんの好みはわかります。
シュラブも意識しちゃいそうですね。笑。
いばらさんもご自愛ください。

<< 新しい朝に剪定開始 物置に関心が集まる >>