ROSASOLIS

<< ムシカリのゆくえ〜かすかな可能性 新しい朝に剪定開始 >>
ムシカリのゆくえ
庭で植物を育てていると、癒される、驚きを感じるなど楽しいことが多いのだが、
そればかりではなく悲しいこともしばしば起こる。
それでも過去に起きた悲しいことは時とともに薄れ、なんでもないことのように思えることも少なくはない。

今年の日射はいつになく強く、まるで太陽光を遮るべきものがなにもなくて地球にとどいているかのようだ。
なにもかもを容赦なく照らしている。

我が家の北側は思いのほか陽が当たり特に朝は東から、時には夕方西から陽が
よく射している。それは季節によって異なるのだが、夏はそれが顕著だった。
ムシカリを植えてもうじき3年、この春もすばらしくきれいな花がたくさん咲いてくれた。

異変に気づいたのは7月に入ってからだ。
夜暗闇で、しかし、室内の灯りを通して見る葉がやけに下を向いている。
それは夜だから?…いや、そうではなくて、事態は驚くべき早さで(と、感じたのだが)葉が枯れていった。
私は焦り苦しみ、それを止められない自分が悲しかった。
なにしろ深山に生えるムシカリゆえ、例年の暑さと日射であれば耐えられたものを
今年のはいかにもきつかったのだろう。

枯れた葉や枝を無惨なまま残しておくことはどうにも耐えられず、完全に可能性のないところを切っていった。

庭師さんにも電話で相談し彼の考えを聞いた。
いくつかの理由は考えられるが、今年の暑さや、もしかすると更新したがっていたのかもしれないし・・・根の問題ではないのではと言っていた。
でも、簡単には枯れないとおもいますよ、とも。
簡単には枯れないという言葉をほっとしながらも完全に安堵したわけではなかった。
でも、もし枯れたら?
  「しょうがないよね。」
  「しょうがない。」
  「しょうがない。」
  「しょうがない。」
しょうがない、という言葉をなんど口にし、心の中でおもっただろうか。
それはあきらめとともに悔しさの結語だった。
なぜなら、わたしがこの庭で一番枯らしたくなかったのが、このムシカリだったから。
それはまちがいなく言えた。

f0160480_23121713.jpg


      つづく
[PR]
by sakillus | 2010-09-02 23:28 | 植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/14521485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2010-09-03 14:09
sakiさん、私のの銀杏の大木は完全に枯れてしましました。
とても大きな素敵な木で、
この銀杏があるから此処を好きになったと云っても過言ではないくらい好きな木でした。
私、何とも言えない気持ちです。
10メートル以上の大木は、人のような妖精のような存在感で、いつもそこにいてくれたのですね。
その空気感が消えてしまいました。
こちらはもう、1か月以上2カ月近くまともな雨が降っていません。


ムシカリ、無事でありますように・・・


歩夢
Commented by sakillus at 2010-09-03 21:36
歩夢さん、銀杏の大木、完全なんですか?
わたしも以前、隣家の土地に銀杏の大木があって、秋の紅葉ともなれば、それはそれは素敵で、黄金色に輝いていましたよ。
柔らかな日射しととけ合ってね。
でも、専門家に見てもらったんですか?可能性ないのかなぁ・・・
高さも太さもすごいでしょうから、切り倒すのも大仕事でしょうけれど、おもいきって切ったあとに更新して芽がでるかもしれませんよ。
うちの地区の神社の(たぶん)けやきの大木も葉が全部枯れていましたが、あれはどうなのだろうなぁ・・・?
その銀杏も相当の年月生きてきたのでしょう。ひょっとすると人間よりも長生きかもしれませんね。守り神のような存在感がありますよね。お気持ちお察しいたします。

ムシカリのこと、ご心配ありがとうございます。
まだ予断を許さない状況ですが・・・
Commented by すみごん at 2010-09-03 22:17 x
木が枯れてしまうって、悲しいですよね。
ましてや、気に入っている木であればなおのこと。
うちでも、この異常気象の影響が出ていて、もしかしたら
ヒリエリがダメになりそうです(T_T)
枝先からどんどん枯れていっています。
今年はとてもたくさん花を咲かせてくれたのですが、
最後の力を振り絞ったのかな・・・
なんとか持ちこたえてくれることを祈っているところです。
Commented by roseposy at 2010-09-04 08:39
ムシカリ、とっても素敵な木なのに。。。
写真も素敵でしたが、この春実際見せていただいて、私も(って失礼かしら)とてもお気に入りなのですが。。。。。
復活しますように♪♪
Commented by sakillus at 2010-09-04 20:09
すみごんさん、返事がおそくなりました!

そうですねぇ、木が枯れてゆく様は見ていてもどうにもならず悲しいです。
すみごんさんもムシカリはお好きでしたよね?
この木でここまで大きいのは珍しいのだそうです。
今は枝がなくなってしまいました。

ヒリエリ、そうですか〜。枝先からというと、無事なところまで切り落とすとか。キャンカーみたいに株元からだと救いようがない感じがしますが、おもいきってがつんと切ってしまうとどうでしょう?何が原因でしょうね?コガネとか?
うちでも少し前にたくさん花を咲かせたあと枯れたカフェ、
どうやら原因はネグサレセンチュウのようです。
それはまた後日記事にする予定です。
この時期、鉢をあけて中を見るのも冒険ですよね〜。
なんとかなるといいですが。
Commented by sakillus at 2010-09-04 20:12
ROSYさん、そうおっしゃってくださるとわたしも応援されているようでうれしいですよ〜!

素敵な花でしょう?ほわんと暖かく明るくてね。
復活、私も願っています〜!
どうもありがとう〜〜。
<< ムシカリのゆくえ〜かすかな可能性 新しい朝に剪定開始 >>