ROSASOLIS

<< 氷菓 2度目の新年 >>
そら 宙
f0160480_8591441.jpg


クジャクシダが黄金色に輝いてきれいです。

葉ものをみてほっとしたりして・・・

f0160480_90028.jpg




  自分のしていることに迷いが生じているとしても

  わたしをうつす鏡は宙にある

  そして、わたしのこころのなかにも

f0160480_922227.jpg

[PR]
by sakillus | 2011-02-12 09:03 | 自然物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/15492290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Noir-Z at 2011-02-13 07:29
sakiさん

おはようございます。
そちらはまだ残雪が積もっているのかな?
都内と違って底冷えがすることでしょう。
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいね。

冬枯れた庭の黄金色...実にいいです。

空は鏡ですね。
僕自身は未だハッキリした自覚が持てませんが...
やはり天は鏡だと感じる次第です。
映っているでしょうか。

G d D
Commented by sakillus at 2011-02-13 08:56
G d Dさん、おはようございます。

積もってますよ〜。
昨日から今朝にかけて微妙に移り変わる景色を見せてくれています。
北側の山々、薄暮の墨絵のような景色は本当に美しかった。
この2日間は本当に冷え込みました。今朝はすっきりとした青空になり、またそれぞれの場所でやはり気持ちのよい驚きをもたらしてくれています。

冬枯れた庭の黄金色.
そうでしょう!
クジャクシダは夏の強光が苦手だけれど、それさえ我慢すればこんなにまた楽しませてくれます。

私も最初は天とおもったのです。天はテンともアマとも読みます。ソラという響きもまた好きなのですが。
人の気持ちを集中させればそこに映るものはあるでしょう。
Commented by kabumi at 2011-02-13 11:48 x
sakiさん、こんにちは♪葉ものたち、今は黄金色に彩って。それをも、そんな今をも楽しんでいるかのようにそれぞれの宙を舞っていますね^^。株もとや節に目をむければ、既に若々しいみどりやなにかを吹いていたりして。愛らしく、とても美しい姿ですね。
最後の蓮。
わたしには、心眼から薄っすらとのぞむ姿。体ではなく、芯の部分にこの華が静かに在るイメージで伝わってきました。
雪が降ったり、冷たい風の日もありますがお日様のさす向きや光は刻々と変わってきていますね‥春はもう来てるんですよねーっ^^。PS.うち、ネコ飼ってますよーん♪
Commented by sakillus at 2011-02-13 22:29
kabumiさん、こんばんは。

この写真を撮った日は雨上がりの朝で、からからだったこの冬にお湿りがあると、こうやって色も姿も冴え渡ります。
そろそろ枯れ色をした葉も少しづつかたずけようかとおもう今日この頃ですが、こういう黄金色は最後の輝きですね!
これから球根類やヘレボルスがじわじわっと咲き始めますね。

蓮は人の深いところにうったえかける花ですよね?
ゆさぶるものがある。この花も鏡と言っていいのかなぁ・・・

そうですね〜、春は確実に!雪はどういうわけかこれからの方が降りますが。日も長くなり、向きも光の感じも変わって。
そういえばきょうフキノトウを見ましたよ♪
猫、飼っているんですね!どんな子かな〜?
<< 氷菓 2度目の新年 >>