「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< ひらひらと揺れる妖精のように それぞれの季節に >>
ヒメシャラの下で貴婦人だったはずが
ヒメシャラの下にはいくつかクリスマスローズを植えていました。
白の何気ないもの、原種2種、赤(濃いピンク)のダブルなどなど。

それで、、あまりつっこまれると困るような困らないような話なのですが、
わたし、どうしてもあれをあそこに植えたいと思うものがありました。

そう、売り物のクリスマスローズです。
その欲求が日に日に増し、売るかわが庭の充実を図るか?
二者択一を迫られたとき(勝手に悩んでいるという話もあり)
どうしても後者を選んでしまいました。 

それで赤のダブルはよりによってこの開花期に掘り上げ、ほかに移植し、
(でも、とても丈夫なのですよね。全く問題ない。
バラならとても開花期に掘り上げるなんて考えられないけれど・・・)
その場所に新たなヘレボを植え付けてしまいました。

f0160480_2114325.jpg


これ、セミなんですけれど、大輪なんです。
自分で言うのもなんですが、いいんですよね、この光景。

f0160480_2122050.jpg

ヒメシャラの木の下でちんまりと存在感があるんです。

それでその後、う〜んこれ、何かに似ているなぁ、なんだろう?なんだろうと考えていたわけです。
で、さっきわかりました。

それで、この方に命名しようとおもいます。

   
   「傘地蔵」です。

はい、貴婦人になんという名前をつけるのだ!という声も聞こえてきそうです。
が、貴婦人も傘地蔵もそれそれの良さがありましょう。
私は傘地蔵も好きです。

で、ほかにも実はこのようなことをしている箇所があるのですが、
それはまた来年にしようかな?


   **************
f0160480_21143961.jpg

バイカオウレンもだいぶ咲いてきました。
f0160480_21151478.jpg

冬の光岳キリンソウは興味深い。


☆バラの剪定枝をヴェロニカさんちに持っていったら、
地元のYさんが古民家解体後の太い梁をわざわざ切ってくれ、それを持って来てくれたらしく、
その立派な赤松の丸太をわたしにくださると言う。
椅子にどうですか?と。

ふたりで、太い梁を切ってもったいない、もったいないと言いながら。

そう、たしかにもったいない話でした。
でも、太さも十分あり、「ほぞ」があるため持ち運びに都合が良かったのです。
f0160480_21202989.jpg

こういうのを、エビで鯛を釣る、と言うのでしょうね。
[PR]
by sakillus | 2011-03-01 21:29 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/15591983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MiscellaneousOGRs at 2011-03-03 11:01
sakiさん

おはようございます。
今日も風が強いですね。
陽射しは確実に三月のものだけれど
吹きつけてくる風は二月を引きずっています。
それでも時折...潮の匂いがします。

もう何遍も云っていますが.笑
やはり落葉樹の下のヘレボはよいですね。
どうしても...そのお気持ち、なんとなく分かります。
僕は鉢で管理してはいるものの...
頭の中にちいさな庭の見取り図があって.笑
常にシュミレーションを忘れません.笑
末永く草花の行く先を見据えるといいますか...
おこがましいけれど...
だからこそ枯れずに長生きしてくれているのかのしれません。
ウチではキリンソウは紫玉の鉢に蔓延らせています。
紫玉が葉を落とした時に綺麗なんです。

そうそう...ちょっとこの斜面になった箇所って映えますよね。
sakiさんの庭の陽射しにも確実に春を感じた次第です。

G d D
Commented by sakae at 2011-03-03 13:26 x
おじゃまします。
梁すっご!
きっと立派なお家だったのでしょね。

引越し先が決まりましたが北向きのお部屋で植物は全く育ちそうにないです。
もっとも居心地がいいと長いしちゃいますから冬寒く夏蒸し暑いところでよかったと思います。
自営業の辛いところが今回の引っ越しは一気に出てしまいました。
Commented by sakillus at 2011-03-03 18:37
G d Dさん、こんにちは。

今日も寒いです。久々に霜も降りました。
午前中は剪定をやりましたが・・・
3月って結構寒いですよね?風も強いし・・・難しい月だなぁと毎年思います。花粉もね。
潮の匂いがするんですか!!東からの風なのかな?

はい、わたしの気持ちもわかりますでしょ?笑。
自生地のヘレボって案外草原のようなところに生えてますか?
樹木がわさわさしているところじゃないですよね?
それを日本で植えるとしたらどんなところなのだろうと考えます。
しかし、これほど有名になる前から、樹木の根締めとして使われていたと言いますよね。それでおかしくなければいいのかなとおもいます。

>頭の中にちいさな庭の見取り図があって
こういうことはおもしろいですね!その気持ちがG d Dさんの鉢植物を際立たせるのですね。
ここのところおもうのですけれど・・どんな樹木を植えるかって大事なのだとおもうんです。それで下草がある程度制限されます。今園芸の世界で流通している樹木はわたしにとってはNGなものが多いです。普通に低山で育っている樹木に素敵なものがたくさんあるのに。

お日様は確実に春になって来ていますね!
Commented by sakillus at 2011-03-03 18:39
sakaeさん、この梁、すごいですよね!
そんな家に住みたい!

引っ越し先、決まりましたか!
なるほどなるほど、条件のあまり良くないところに住んで、
それをバネにして次に!そういう手はありますね。

またしばらくお忙しい期間が続きますね。
どうぞお体お大事に!
<< ひらひらと揺れる妖精のように それぞれの季節に >>