ROSASOLIS

<< 咲季山草軒からのお知らせ 「あなたの、ことばを。」  >>
4月はきっとよい月に、少なくとも今よりは
f0160480_2211924.jpg

とにかく長くて寒い3月でした。
時間の感覚がややもすればわからなくなった3月。

・仙台の友人の話。
  今でもとても寒く、物資はほとんどなにもかもが足りていない、
  ガスがまだきていないというのが決定的に不自由で、
  食べ物も手に入りにくいのだが、調理できないので、簡単に食べられるものしか食することが
  できないということ。
  何かを手に入れるのにも並んだり制限があったり、寒さもあったりで体も疲労している。
  余震がずっと続いているので不安。
  そんな時の言葉の掛け方も、的外れなことを言われると悲しくなったりあきれたりする。


友人はかろうじて住まいは壊れたりしていませんが、まだまだ苦労が絶えないようです。
オール電化ならいざしらず、あれ以来お風呂にも入れない方がたくさんいるのではないか、
カップ一杯のお湯を沸かすのもとてもたいへんということで、
この大震災、大事故では家も家族も友人、知人も土地も失った方がとても多くいるわけですが、
失わなくても今日明日を維持してゆくのがたいへんという方がたくさんいることを忘れないように
したいとおもいます。
また、今日生きるのに苦労している人には言葉も気をつけたいです。
それでもあっけらかんとしている人で、おかしなことを言って笑わせてくれるのです。
ネットでは言えないようなことも。笑。

本当に1ヶ月前には考えられないことでした。
わたしがかつて住んでいた仙台の地域は名取川に近く、太平洋には自転車を30分ぐらいこいで
閖上という海岸に着けるところでした。
死者をたくさん出した若林地区というのは知りませんでしたが、地図で見るとそう遠くはないところでした。
今こうして無事にいられることによって、自分ができることを、これからの指針を持って生きてゆきたいとおもいます。

料理の道に進んでいる娘でしたが、この間の諸事情にもより、3月はシャレにならないほど仕事になりませんでした。
20歳ごろから急に観えるようになった手相も本格的に仕事にしようかと画策中。

わたしも以前観てもらったことはありましたが、先日ちゃんと観てもらいました。

それにより、とにかく自分の信じることに従い進んで良いみたいなので、背中を押してもらった気分でした。
また、初めて手の甲を観てもらったことにより、衝撃的な想いをしました。
それは、この私をつき動かす一因にたしかになっているものなのでしょう。
また、驚いたことに、わたしが薔薇、特に古い薔薇に惹かれる理由もそこにありました。

それでね、こんなことも言ったんですよ。
「おかぁさんって女性的な人なんだ。」

今頃やーねー、そーに決まっているじゃないよー。
f0160480_2222892.jpg

f0160480_22115640.jpg

f0160480_22123510.jpg


  草木があるというだけで、どれだけ救われるだろうか。
  本当にありがたいことだ。

4月はきっと今より良い月に。
[PR]
by sakillus | 2011-03-30 22:18 | 自然物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/15736781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 咲季山草軒からのお知らせ 「あなたの、ことばを。」  >>