ROSASOLIS

<< 呪詛のような美しいことば 影響 >>
北側の桜
f0160480_1694275.jpg

実はうちには桜の木が二本ありました。
おそらく山桜の類いかとおもわれます。
北側にあるそれを家から覗く、
その向こうには山並み、その山にも山桜がぼぉっとかすんで見えます。
そして山を越え、はるか北のことを思わざるをえません。


この春関東では計画停電なるものがおこなわれました。
福島第一だけの被害によるものではありません。
火力発電が破壊されたからそうせざるをえなかったということです。
しかし、政府は原発がだめになったからといういい方をします。
この期に及んで、まだ原発擁護の姿勢を崩そうとしていないことに
注目をすべきです。

現在日本の発電は火力、水力をすべて稼働すれば夏のピーク時でも、
原発が一つも稼働しなくても十分足りるというデータがあることも
覚えておかなければなりません。

関東の電気をつくるために東北の福島の土地が選ばれ、そこで大切な土地が奪われ
海が汚された、これからも...
新潟の柏崎刈羽も関東のためであるということも忘れてはいけません。

そのことがもうしわけなくてしかたがないのです。

また、死の灰とよばれる使用済み核燃料も、人間の尺度では永遠という年月(100万年とも)を
冷やし続け、見守らなければならないということに、
危なくてどこへも捨てることのできないものを、
どうおとしまえをつけなければならないのか、
・・・途方に暮れてしまいます。
そんなものをこれからも作り続けて許されるはずはありません。

今も必死で現場で作業をされている方々のこと、
そのような方々をほかの地で出してはいけません。


はっきりと「もういらない!」と言うべきではないでしょうか?
原発を一刻も早くやすらかに眠りにつかせるべきではないでしょうか?


  ★そして本日の花
f0160480_16271963.jpg

ヒカゲツツジ
f0160480_1634147.jpg

姫ケマンソウ
f0160480_16341827.jpg

糸葉シャクヤク


  ★岩上安身オフィシャルサイトの中の4/21 福島瑞穂社民党党首へのインタビュー、
   おもしろいです。

  ・危なすぎる浜岡原発は即刻停止すべし
  ・電力は原発なしでも十分足りる
  ・これからの電力への提言
     >発電と送電とをわけるべし(このことにより地域独占から自然エネルギーの電力参加が                   可能になる)
  ・「電力村」と呼ばれる既得権益ゆずらないひとびとの嘘
  ・原発の非合理的な(金かかる)発電について
  (最悪の例として、もんじゅは14年稼働していないが、維持費だけで年間200億円かかる)
   などなど。
   福島さん、がんばってます。(なお、わたしは特定の支持政党はありません)
   
[PR]
by sakillus | 2011-04-23 16:35 | 自然物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/15858984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2011-04-24 16:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-24 16:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2011-04-24 21:34
鍵コメさん、こんばんは!

そうですね、わたしもとても違和感を感じました。
情報操作、ある可能性は否定できないですよね〜。
でなければ、よほどのんきな人を抽出したのかと皮肉りたくなりました。
そうおもいますか!同感です。かの国とその中の恐ろしい巨大ネットワーク、わたしもやはりこれらが結局牛耳っているのかと愕然としました。
かの国はここ30年原発は新設していないですよね?それって危ないってわかっているからでしょうね。こっちには作らせておいて。
我が国の政府も東電も「悪魔に魂を売った」のですね。残念ながら。政党じゃないのですね。歯向うと失脚させられたり、消されたり。。
いろいろと見えてきてしまいますね。でも、隠されていることを見ていかないといっそう日本は弱体化させられてしまいます。
今TTPのこともすごく気になっています。

ありがとうございます。わたしも勇気づけられます。
Commented by sakillus at 2011-04-24 21:46
鍵コメさん、そうですか!奇遇ですね!笑
あはは、おもしろいトリオですね!
だからわたしたちはバラがある意味原風景?
わたしの前世(のひとり)、もしくはつよく影響を与えている方は、恋を捨てて、教会で病を持つ人々の手当てに一生を捧げたのだそうです。
<< 呪詛のような美しいことば 影響 >>