ROSASOLIS

<< 藍の巾着 蓮 >>
夏草
ここのところすっきりとした晴れ間はありませんが、
かえって気温は低めで楽ですし、ざぁっと雨が降るので水やりの手間が省け助かります。

と、雷がきました。
雷、嫌いではありません。

f0160480_12501259.jpg

レンゲショウマ
暗いところで咲いていると涼やかでなおかつ灯りがぽっとともったよう。

半日陰よりはもう少し暗めのところが無難です。
性質は強いですが、夏の強い光にあたると葉焼けをおこします。

f0160480_12532046.jpg

ヤナギラン
2年前に行った池の平湿原にたくさん生えていたので、庭で見たかったのです。

これも性質は強健。自生地よりも背高になってしまいました。

f0160480_12581660.jpg

夏のトクサは涼しげですね。カキツバタと。

f0160480_12585328.jpg

去年までは白のエキナセアがあったのだけれど、、、?
これなんですか?貧相なルドベキアみたい。先祖帰りしちゃったのかな?

f0160480_1305374.jpg
う〜ん、これはなんだったかな?
場所的にはヒメイトシャジンがあったところなのだけれど、、、
ちょっと葉が細くないなぁ・・・


f0160480_1323265.jpg

定番のキキョウ



f0160480_1332387.jpg

サギソウ 銀河
すごい造形ですね、よくできています。

f0160480_1354920.jpg

カラマツソウ デラバイ
シキンカラマツに似ていますが、ひとつの花ではシキンカラマツのほうがきれい、
こちらは数で勝負。

f0160480_1374258.jpg

ホスタ ブルーカデット

   *******************


庭について、わたしは視覚的に惹かれることもありますが、それと同時に、もしかすると
それ以上にそのものの けはい、とか情緒に惹かれます。
ビジュアル的に追い求めるのは嫌いなんです。色とか形とか。
特別追い求めなくてもそんなこと、自然にあれとこれは良いなとかまずいなとか
おもうのではないでしょうか?

日本人は本来ものの奥に潜むものを感じて来た民族だとおもいます。
そのようなDNAを捨ててはいけないとおもうし、少なくともわたしは捨てたくありません。
[PR]
by sakillus | 2011-08-06 13:08 | 植物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/16379398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wood-land at 2011-08-07 02:09
わぁ~ レンゲショウマ!咲いたんですね~
うちも今年はおかげさまで15個ほど蕾が付いています。
まだかまだかと毎日開くのを楽しみにしているのですが・・・
・・まだなんです~
15全部すべての蕾が咲いたらどうしましょう~^^
順番に長い間咲いてくれたら嬉しいです。

あ、寝なくちゃいけません。
Commented by saki at 2011-08-07 06:13 x
Mayさん、おはようございます。
え〜。15個もついたんですか!!それはすごい。
うちでも地植えのが一番早く咲き始めました。
まだ咲いていないのもたくさんありますよ。
かわいいですからね〜。これからたのしみですね♪
ここ何日かは曇り空のようですね。
遮光ネットの頑張り時はこれから?笑。

ちょっと出かけてきますね〜!
先日はご連絡どうもありがとうございました!
Commented at 2011-08-07 07:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by すみごん at 2011-08-07 16:39 x
レンゲショウマ、神秘的できれいですよね。
あの花は木洩れ日の下で見るのが一番きれいだと
以前から思っていましたが、sakiさんの庭で見て
やっぱりそうだ!と思いました。

シキンカラマツだとばかり思っていましたが、
園芸品種でしょうか・・・でも、きれいですね!
Commented by seedsbook at 2011-08-08 16:05 x
レンゲショウマをなくしてしまいました。
Sakiさんの木陰に咲くレンゲショウマを見たいものです。
でも、↓ 蓮の花がもっと見たい。
いつも美しいものを見せてくださってありがとう。
Commented by sakillus at 2011-08-09 12:41
鍵コメさん、こんにちは。

返事がたいへん遅くなり申し訳ありません。
また今日は暑くなりましたね、いかがお過ごしでしょうか?

そうですか、それはよかったです。やっぱり利用したほうがいいですよ〜。いろいろ考えてくださっているのですね。

蓮はこう暑い夏によいですね。葉だけでもよいです。
レンゲショウマ、たぶんそうだとおもいます。日向ではすぐ
葉焼けをおこしてしまいますが、翌年まではあとをひきずらないですね。

夏は蒸し暑くたいへんなこともありますが、植物がたくさんあるとだいぶ緩和されますし、人間も夏に乗って(うまく表現できませんが)うまく過ごせるようにできればいいですね。
Commented by sakillus at 2011-08-09 12:52
すみごんさん、こんにちは。

返事が遅くなり失礼しました!仙台に墓参りに行っておりました。

レンゲショウマ、そうですね。これは単体でいるよりなにかの中にいたほうがよいような気がします。
ショウマと名のつくものは多いですが、さすが蓮華というだけあって特別な感じがしますね〜。

カラマツソウ デラバイは、Thalictrum delavayi(タリクトルム デラバイイ)が学名で、たしか中国の自生種だったとおもいます。
最後にiがつくので、例の^^;、人名だということですね。発見者かなぁ。この手のカラマツソウは野生的で花期もながいのでいいですね!
Commented by sakillus at 2011-08-09 12:56
seedsbookさん、レンゲショウマ、そうでしたか〜。残念でした。
結構くらいところでぽっと咲いていると何ともいえず神秘的でいいです。
神秘的というなら、もっとすごいのは蓮ですけれどね!
あと、ゆりもいいですね〜。
夏咲く花は少ないけれど、一つ一つが印象深くよいですね!
<< 藍の巾着 蓮 >>