ROSASOLIS

<< 青軸レンゲショウマ 藍の巾着 >>
仙台へ
先日、毎年恒例となっている仙台への墓参りに行ってきました。

墓、大丈夫なのか?一応お寺に前もって電話したところ、ひどいところの家には電話したというので、
実家にはなかったということで、一応大丈夫だったのだろうということにして・・・

で、現地は、大丈夫でした。ほっ。一応お父さんにもお願いしといたけん。^^。
ここは青葉城の隠し砦だったから地盤は強いと姉語る。

それで、話は変わり、その日は仙台七夕だった。忘れていた。
仙台は旧暦でやるので1ヶ月遅いのだった。
f0160480_18193188.jpg

前準備もたいへんだったろうとおもう。
正直なところ、これまでこのお祭りはそれほどそそられなかったが、
今年の七夕飾りは気合いが入っているとおもう。

f0160480_18215659.jpg


ぶれてしまったのでたいへん残念だが、この飾りは一番下にたくさんの学校の名前が書かれてある。
たくさんの生徒たちが祈りを込めて折った折り鶴なのだ。
銀一色の鶴が厳かである。





それから、自分ではなにもできないけれど、かつて幾度かは遊びに行ったところだから
見ておこうとおもっていた。閖上の浜の辺りを。

海に近づくにつれどきどきしてくる。
だいぶ離れたところにも船が乗り上げ横倒しになっているところもあり一瞬目を疑ったが、
それが今では日常の姿なのだ。
カメラを使う気にはほとんどなれなかった。
かつて、それぞれの家でそれぞれの営みがあった所は、そのほとんどがかたずけられ
大地がむきだしになっていた。
新興住宅地が、区画割りが済んでさてこれから家を、という真っ白な状態と似て非なる
重い更地である。

f0160480_18334734.jpg

二枚だけ撮った写真

f0160480_18343411.jpg

あまりにも美しい夕日だったから。
空から射し込む光はそれでも普通に、もしくは奇跡のように
現実をさらすのだね。
[PR]
by sakillus | 2011-08-11 18:41 | 自然物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/16403860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2011-08-12 18:23 x
復興と云う名前はまだまだ遠いっす。
Commented by sakillus at 2011-08-12 20:32
sakaeさん、ここにくるまでたいへんだったでしょうね。
これから復興はゆっくりなのではないでしょうか?
いろいろな意味でそう思いました。
Commented by fairyhatskyoko at 2011-08-15 07:51
ずっしりきました。
普通という事が奇跡?
すごい時代を生きているんだね、私たち。
自分の中でも、余分なものを一つずつそぎ落として
手放しながら、手放さないものを大切にあたためたいね。
すごい時代を平安に生きるコツかな。
私も明日から仙台、夫と過ごす夏休みかな。
Commented by sakillus at 2011-08-15 15:39
kyokoさん、暑いですね〜。お元気ですか?
いろいろあるにしても、とにかく生きていける暮らしがありがたいですね。今回の震災や原発事故はいろいろな矛盾をあぶりだしましたね。自然災害は仕方ないとしても、人間の愚かさはなかなかなおらないのでしょうか・・・

欲を言えばきりがないと申しますが、この国においてはまずまず恵まれているとおもいます。もっとひどい国っていくらでもあるものね。
kyokoさん、手放さないもの、手放せないものを大事にするのでしょうね?

仙台、町中はそれなりに戻って来たようですが、震災を機に店を畳んでしまったところも少なくないようです。
どうぞ、良い夏休みを!
<< 青軸レンゲショウマ 藍の巾着 >>