ROSASOLIS

<< 生け垣をつくる 秋の草木花 >>
秋の草木花 2
f0160480_22534121.jpg

f0160480_2254725.jpg

雨の日でした。
雨が見えるでしょうか? 
William R.Smith
よく登場するのですが、やっぱりあまりに風情がよくて、葉の赤みがきれいだったので
撮らずにいられないんですよね。
f0160480_22561510.jpg

Baronne Henriette de Snoy
これもよい花が咲きました。
f0160480_2257435.jpg

Rock hill Peach Tea
色がいいですよね〜。

f0160480_22585683.jpg



f0160480_22592175.jpg

サラシナショウマ
f0160480_2302633.jpg

f0160480_2331591.jpg

八重咲きササリンドウ
去年鉢に植えたのですが、今年は枝茎がずずっと伸びて
自然なたたずまいでgood!
f0160480_2333867.jpg

イトラッキョウ
今年はいい花が咲いたなぁ〜
f0160480_235364.jpg

甘木リンドウ

f0160480_2363263.jpg

どういうわけか、紅妙蓮寺がもう咲きました。三輪も


   ******************

しつこいかもしれませんが、やっぱり危ないTPP!
中野剛志さん、かましたってください。
1/2 国を滅ぼすTPP 推進者の巧妙な手口・ダマしの数々 【中野剛志】
2/2 国を滅ぼすTPP 推進者の巧妙な手口・ダマしの数々 【中野剛志】


TPPを推進している人たちは、構造改革を推進していた人たちと同じなんだぁ、やっぱりね〜。
構造改革ってどういうものだったか、いまとなってはわかりますよね?
弱いものいじめ?文化がどうなろうといいんだぁ?

中野氏曰く、
TPP 推進者=売国奴たちは国内の人々にはうまいこと言ってだましておいて、
それだけの巧妙さがあるんだったら、それをアメリカにもしてよ〜って
本当にそう思います!!

それと、仕事って希望があるからやりたいと思うもの。
やってもたちうちできないとわかったらテンション下がりますよね?
農業のこと、どう思っているのかな?
捨ててもかまわないと思っているのかな?

前原なんちゃら売国奴氏は「農業の割合なんてたった1.5%、その1.5%のためにほかが犠牲になってもいいんでしょうか?」などとぬかすが、
「たった1.5%(適当)の輩の利益のためにほかの国民が犠牲になってもいいんでしょうか?」
と、私は言いたい!


憶えておこう。
誰が推進しているか。
[PR]
by sakillus | 2011-10-25 23:07 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/16736697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2011-10-25 23:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2011-10-26 13:09
鍵コメさん、はじめまして、ようこそ!

コメントどうもありがとうございます!

いえ、こちらこそ見てくださってどうもありがとうございます。

私たちはいろいろな企みの渦中で暮らさなければならないのですね。
世の中が良いほうへ進んでいないとしてもきっと、このままではすまないと信じています。因果応報という言葉が生きていますように。

そちらは富士山のお近くなのですね?
少し前にそばまで行きました。
近くで見るとあまりに見事で、それが幻のように見えてしまいました。

コメントいただいて励みになりました。ありがとうございます!
Commented by fairyhatskyoko at 2011-10-27 20:28
sakiさん、こんばんは。

やっとmy gardenを購入しました。
にこにこロードの本屋さんに注文して、やっと届きました。

見慣れた景色が美しくページに広がっていました。
柿とお豆腐のデザート風?あれ、おいしそうです、やってみます。

仕立てと染色と植物、庭・・・という流れのくだり面白かったです。

私の帽子とヨガと似ている部分も感じて、なぜかほっとしました。

庭と仕立てと往復するリズムができていて羨ましいな。さしづめ、私は午前はヨガして午後から帽子・・・、そんなライフスタイルができるといいなと思いました。

いやしかし、今回のリフォームはなかなかヘビーでして、なんと時間がかかること!!でも、手抜きもできないし、あともうちょっと・・・が長い長い。

ああ、ごめんなさい。自分のことばかりで長くなりました。またね!
Commented by sakillus at 2011-10-27 21:55
kyokoさん、こんばんは。

本を読んでくださってどうもありがとうございます!

そう思ってくださいましたか。最後のほうのページですね。
わたしも自分としてはそこらあたりが一番新しかったです。
あらためて思い返すと感慨深かったですね。
そういうところを掘り下げてくれた編集者さんに感謝していますし、こういうところまで書かれることって普通ほとんどないとおもうのですが、ありがたいことです。
次の「My Garden」は12月に発売ですが、それもちょっと楽しみにしていてくださいね。誰かが出ます。誰って、、kyokoさんちの庭も手がけた
、、プロです。ふふふ。

kyokoさんも二足のわらじ型ですものね。重なることがおありでしょう?
二つの仕事の往復は日々大事なことを優先させるので、スケジュール通りにはいきませんし、時の経過に焦ることも多いですが、自分でそれを鎮めています。

リフォーム、たいへんですか!
一から造るのと違って制約がありますもんね〜。
でも、たのしみですね!また報告してください。
<< 生け垣をつくる 秋の草木花 >>