ROSASOLIS

<< 原発よさようなら! 友人 >>
落ち葉
夜になり風がいっそう強くなりました。

ちょっと心配だったので懐中電灯を持って外へ・・・
何が心配だったかというと、落ち葉が飛んでいないかです。

大丈夫。よしよし・・・

f0160480_20362749.jpg

   フタリシズカがいい感じになってきました。

春の芽吹き、いきいきとした緑葉、秋の紅葉と
一年中楽しませてくれる落葉樹がもしも一瞬煙たがれるときがあるとすれば、
それはこの落葉の季節でしょうか?

落ち葉も趣と考える人もあれば、迷惑と考える人もいます。
近隣の方が迷惑とおもう方だったら、掃除に気をつけねばならないかもしれません。

我が庭では、小径など植栽部分ではないところに落ちる落ち葉こそ掃かなければとおもいますが、
植栽部分、つまり下草のあるところでは、落ち葉が風に飛ばされることもなく、
そのままとどまっています。
今年になりそれがはっきりとしてきました。

それは山の林の中ときわめて近い状況になったと落ち着いた気持ちでみています。

また、わたしはその状態を「美」と感じます。
わたしの思う「美」は視覚的なことだけではないのです。
むしろ視覚的なことはあとからやってくるものと。
自然に逆らわずに無駄なく生きて朽ちてゆくということが「美」のひとつのありようだと感じるのです。



そして、今日はこのタイミングで庭全体に米ぬかを播きました。
それで微生物の繁殖と落ち葉の堆肥化を少し早めるようにするためです。

また、小径や駐車場に落ちる葉だけでも相当な量になり、
「My GARDEN 秋号」でも記事にしたように、
それら掃き集めた葉は半分は生ゴミ堆肥といっしょに堆肥化を、
もう半分はほとんど落ち葉だけで堆肥化をさせています。


f0160480_20491122.jpg

   ノジギク(愛媛)

f0160480_20494356.jpg

   ヤマコウバシの橙色が効いています。
   ヤマコウバシの葉は冬中残るのが気に入っています。


f0160480_20533178.jpg


コナラの枝が茂ってきたので、透かし剪定をしました。
正解ではないかもしれないけれど、
何となく何処を切ればよいかわかってきたので楽しい♪
 ← 剪定した枝

f0160480_20545377.jpg

  コナラはまだ紅葉していません。
  ちょっと変な感じがしています。
[PR]
by sakillus | 2011-11-24 20:56 | 自然物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/16866738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fairyhatskyoko at 2011-11-26 01:52
sakiさん、こんばんは。
珍しく深夜のコメントです。

今日、急遽、庭師さんがスタジオ視察、そして三鷹の庭に寄って、少々いじってくれました。

編集の方のご提案で、庭の枝はらいとバラの冬のお手入れ相談したら、成り行きで、スタジオの庭の相談へとも相成りまして、、、、
面白い午後でした。

ボソボソ庭師さんの話きいて力抜けたり、自分の小ささ感じたり。

気づかないうちに自分のフィルターというか枠とでもいうか、、、
そんな硬いものが出来上がっていたんだなと思いました。
いつもいつも、後から気づくわけで、ああ、もうこの一生だけでは、なんの進歩もないな、、、みたいな気分ですわ。

ま、焦っても仕方ないとね。

スタジオのお庭、来年に手を入れることができたらいいな。

Commented by sakillus at 2011-11-26 09:25
kyokoさん、おはようございます。

そうでしたか!スタジオのほうも来年いよいよ樹木が入りますね。

自分の小ささなんて・・・人間って小さいのか大きいのか、よくわからないですね?

彼はとても洞察力に優れているし、なおかつ親しい人の間ではいろいろと指摘したります。
それにはっとさせられることもしばしばありますね。

彼はメディアにはこれから注目されることでしょう。あれほどの技量と知識、植物に対する愛情と、そしてセンスを持っている人はそうはいないから。
注目されることが幸か不幸かはわかりませんけれどね。

この一生にどれだけ歩めるか?それはいくつもの垣根を乗り越えなければなりませんね?
わたしも越えなければ。でも、ゆっくりいきましょう!
まだこれから人生長いもんね。
<< 原発よさようなら! 友人 >>