「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< コブシ お見事! 庭のヘレボルス  >>
初恋
f0160480_0171255.jpg

コブシ ‘バレリーナ’
f0160480_0181354.jpg

もう一度観てみたい映画に「初恋のきた道」がある。

わたしはこの‘バレリーナ’というコブシ(これはコブシとシデコブシの交配と言われている)
を見ると連想する。

「初恋のきた道」は、チャン・イーモウ監督の撮った1999年公開の中国映画である。
もうだいぶ前に見たので細かいことは忘れているが、
清らかさ、素直さ、清冽さは今でもくっきりと心に残っている。

中国の寒村の中で、主演チャン・ツィイーの演じた少女、女性、そのどちらとも言いがたい、あるいはそのどちらも含んでいる微妙な清らかな色気は色のない景色の中でそこだけ暖かく初々しい色をしている。

この‘バレリーナ’もまた、まだ春浅い灰色がかった景色の中で一条の暖かい桃色を宿している。

f0160480_0292735.jpg


最近知ったことだが、チャン・イーモウ監督は当時妻も恋人もいながら、
チャン・ツィイーを知り、こころは彼女になだれ込んだという。

この役は当時のチャン・ツィイーなくしてはだめだったとおもう。
あと2年過ぎてしまえば無理なのだ。
むしろ、監督が当時のチャン・ツィイーにどういう役をやらせて
どういう台詞と動きをさせたかったか、
そのためにこの役とストーリーができたと邪推してしまうほど、
監督の心を今は思う。
至福のときではなかったか?

f0160480_036833.jpg


主人公の若き女性は(18歳という設定)、町から村の教師としてやって来た青年に恋をし、
ひたむきに料理をつくり、 待つ。

その青年は結果として夫となるのだが、その彼の、「朗読する声」が好きだという。
汚れのない明るい声だった。
そういう愛し方、愛され方っていいなぁとおもう。

f0160480_0462923.jpg

[PR]
by sakillus | 2012-04-11 00:52 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/17411292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sakae at 2012-04-11 14:09 x
そう云うことに敏感になるのは心が綺麗だからだと思います。
ぼくなんか最近全部「へっ?」で終わりですから。
Commented by sakillus at 2012-04-11 18:21
sakaeさん、まぁ、そう言わずに。
観ると泣けるよ。
Commented by wood-land at 2012-04-11 21:47
お庭でコブシが咲いているんですね~
いいですね~(憧)
sakiさんのお話を読んでいたらこのコブシ・・
「バレリーナ」 というより 「初恋」 っていう名前の方が合うような気がしてきました^^
Commented by sakillus at 2012-04-12 00:04
Mayさん、お帰りなさい!

このバレリーナは小型でせいぜい2、3mぐらいみたいです。
正真正銘のコブシも今すごいことになってます!
雪のように咲いているんです。はぁ〜っ。

「初恋」という名のほうが・・・
わたしもそうおもいます!
花が満開になるとたしかにバレリーナみたいなんですが・・・
満開のときもそうとういいのですが、
わたしはなんといっても3分から5分咲きの時が好きです。
うっすらと淡い紅が入るところが初恋みたいですね。
<< コブシ お見事! 庭のヘレボルス  >>