ROSASOLIS

<< 6月29日 東京の夜は美しかった 光合成細菌 >>
小さい人
f0160480_23163121.jpg

白花ホタルブクロ


f0160480_23171215.jpg


小さい人はおもしろい

懸命に泣き、懸命に乳を飲み、
懸命に眠り、懸命に排泄をし、
生きている

エネルギーの塊である

わたしの、小さい人との暮らしはじきに終わってしまうけれど、
このわずかな間のわたしたちの暮らしは
穏やかで刺激的で幸せだった

ありがとう・・・ミクリ


f0160480_2323232.jpg

   夏椿の花が透明できれいで何度も撮ってしまいます。
   

f0160480_23255280.jpg

   絞り咲きカワラナデシコ

  ****************************


3、11以後、妊娠、出産は多いように感じます。
実際のところどうなのかわかりませんが、
周辺ではとにかく多いです。

わたしたち親の世代の若い頃も
後の世界を憂いて、子を産むことを躊躇した人はいました。
3、11以後は、もしかしたらその躊躇をより感じている人も少なくないのではと想像するのですが、どうなのでしょう。


しかしながらどんな時代であっても、
今後の世界がどれほど危ういものであっても、
それでも産みたいと思い、
産まれいでるいのちも産まれたいと願っているのかもしれません。
それはよくはわからないことですが。


f0160480_23342737.jpg

  ナスタラーナ
f0160480_23345899.jpg

  ラベンダー・ラッシー
f0160480_23354383.jpg

  ペルル・ドール
f0160480_23363127.jpg

  ロサ・パルストリス

f0160480_2337923.jpg

  ヤマアジサイ 笹の舞

f0160480_2343507.jpg

  甘茶
[PR]
by sakillus | 2012-06-25 23:39 | 人物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/17695572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2012-06-26 00:51
穏やかで幸せで刺激的だった
良い言葉ですね。
その瞬間から今が過去になったとき宝物の時間になるだろうって解る。。
そんな思いは。。そうはありません。。
昔、横尾忠則が出した画集のなかの、
時は、飛び立つ鳥の羽音の如く音も無く「そっと」消えてゆきます。
貴女の時を愛しぬきなさい。
というフレーズを突然思い出しました。
赤ちゃんのお名前、なんて良いのでしょう。
sakiさんのトコロに来るとジンとすることばかりです。

311以降の出産は多いです。
言い切れます。
私の周りでは40代が3人も出産しました。
さんざん不妊治療して生まれなかった友人達なのに、
311以降、治療なしでポッと出来ました。
その他にも今年3人の友人に赤ちゃん。
私もsakiさんと同じように、そこに不思議な力を感じずにはいられません。

歩夢
Commented by fieldgarden at 2012-06-26 16:04
こんにちは
楽しく バタバタと過ごしていったでしょうね
また 遊びに連れてくれる日が増えますよ

Commented by sakillus at 2012-06-26 22:05
歩夢さん、こんばんは!

とても貴重な体験だと思うのです。
おっしゃるようにそうはないことですね。
1ヶ月、1年先、もっと後になって、暖かい記憶として宝物のように残るでしょうね。
こういうことは恥じらいもなく、横尾忠則の言うようにわたしの時を愛すると言っていいのですね。

名前のこと、ありがとうございます。
わたしがつけたんです。考えて、と言われたので。^^。
皆産まれてくる子は男の子だと思っていたので、そっちの名前はだいたい見当がついていたのですが、いざ女の子だったので悩んじゃって・・・
産まれたこの子を見てわたしは、「マ行」から始まる子と思ったんです。
だいたい意味からつけるんじゃなくて。娘は手相で少しこの子の将来を観ていたり・・・「紅」という字も入れたいということですっと出てきました。

歩夢さんのまわりでも多いですか!
これって本能なのでしょうか。頭ではなくてどうしようもない欲求とか。
人間って妊娠の初期の段階でとても流産が多いのだと本で読みました。
それとわからないぐらいあっさりと流れてしまうみたいで。
でも、この間はとてもよく産まれてますね。
おもしろいことです。
Commented by sakillus at 2012-06-26 22:07
エフママさん、こんばんは。

赤ちゃんの用事は忙しくてもくになりませんね。
1ヶ月ちょっとでも成長しました。このごろはよく笑うようになりました。
また連れて来る日がどうなっているか楽しみです。
Commented by wood-land at 2012-06-26 23:33
sakiさん
今日の写真はなんとなくいつもと違うような気がします。
私の目が勝手にそのように見たのかもしれないけれど。
お花がみんなとても綺麗です。
(いつもsakiさんのお写真は綺麗ですけどね!)
なんだかふわ~っと美しいのは
きっと小さい方の「あんよ」効果なのかな~
どうかしら~^^
Commented by fairyhatskyoko at 2012-06-27 00:29
sakiさん

ウフフ、あんよがカワイイ
まあ、癒されますね
素晴らしい存在に
ありがとう
Commented by sakillus at 2012-06-27 14:16
Mayさん、そうですか〜〜?本当?
いやいやMayさんほどではないですよ。

カメラも腕も同じなんですけれどね。夏至も過ぎ光が変わったのでしょうか?
いや、でもね、まだアップしていない昨日撮った写真は自分でも?少し違うかなと思いました!
「あんよ」効果はあるかもです〜うふふ。
Commented by sakillus at 2012-06-27 14:19
kyokoさん、あんよ、かわいいでしょう?
顔や表情はけっこうおやじっぽいんですが手足はかわいいですね〜。
こういう無垢な存在に接しているのはおもしろいですね。
Commented by katataka at 2012-06-28 00:00 x
ミクリちゃんにあいたい!!
そう思っていたところに、タイミングが良かったです。
かわいい!!
おっぱいをいっぱい飲んで、落ち着いているところでしょうか?
日一日どころか、一分後はどれだけ変化しているのでしょう?
と言うくらいおもしろいのでしょうね。
sakiさんの植物たちは、どれもみんな生き生きと美しいですね。
春には伺えなかったけれど、秋の紅葉の時期には伺いたいです。
今から言っておかないと、またまた実行できない気がします。
↓光合成菌気になります。
Commented by rikiaru at 2012-06-28 18:08
実紅里ちゃん、お誕生の際にはお祝いの言葉を言いそびれました。
改めてお誕生おめでとうございます。
「実紅里」ちゃんというお名前、なんだか里山の景色が浮かんで
とてもいい名前だと思いました。
今回の記事でカタカナで「ミクリ」とあり、音も可愛いのね、とわかった次第。
書いて良し、口に出して良し、の本当にいいお名前ですね。

うちの身内でも次のお正月辺りに出産予定なんですよ。
こんな不安定な先の見えない中でも命は生まれるんですね。
自分が若い頃はこんな世の中で子供を産むなんて、と思っていましたが
(それでも結局生みましたが)
今は、どんな世界でも命が続いていくのは素晴らしいことだと思うようになりました。

秋にはkatatakaさんと伺いますね♪
Commented by sakillus at 2012-06-28 21:43
katatakaさん、こんばんは!

あ、そうですか!うれしいです。
かわいいんですよ。
今日は朝と午前中はたいへん機嫌良く手がかかりませんでしたが、
夕方頃からけっこうむずっておっぱいを求めてたいへんでした〜。
やっとおとなしく寝ました。

このごろはずいぶん笑うようになったり、言葉以前の音を発するようになり、お!っと思っています。

庭の植物たちは生き生きとしていますね〜、なかなか。
威勢が良すぎるぐらいです。
わ〜い!秋ですね。また庭をがんばらないと〜。

光合成細菌、katatakaさんもつくってしまいましょう!
クミンさんも仕込んだようですよ。^^。
Commented by sakillus at 2012-06-28 23:29
りきさん、こんばんは〜!

お祝いの言葉、どうもありがとうございます!

名前、そうですか、そう思ってくださるってうれしいです。
周りで霊感の強い人、皆が男の子だとおもうと言っていたので男の子用の名前しか考えていなかったので、しばらく困ってどつぼにはまっていましたが、あるときするするっと出てきました。
(それで、この子は性格的に男の子っぽいという結論に達しています。笑。微妙ですが。)
ミクリというたいへん地味な水生植物もあるんですよね。



りきさんの親類さんにもいますか。
先の見えない世の中でとも思いますしある意味先の見えない世の中だから動物の一種として産みたい、つなげていきたいと思うのかもしれませんね。
授乳時期ってとても動物的ですよね。
私の場合は考える以前にできていたかなぁ・・・
そういえば、りきさんち、また誕生ですね!(黒にゃん)同じですね。笑。

はい〜、秋に。お待ちしております〜♪
<< 6月29日 東京の夜は美しかった 光合成細菌 >>