ROSASOLIS

<< 記憶 2 禁原発のススメ >>
記憶 1
f0160480_0531049.jpg


   記憶はときおりツリバナの実のようにぶらさがっている


自分の頭がしっかりしているうちは憶えているだろうけれど、
耄碌したら忘れてしまうだろうから書いておこうと思った。


わたしはかつて大学時代演劇の団体に所属していた。
そこはサークルではなく学生劇団で、基本的にそこの大学生以外の人も入ることが可能だった。
学生劇団としての歴史は古くアンダーグラウンド的匂いの漂う稽古場とボックスはかつて先輩たちが
学生運動のどさくさにまぎれて占拠した教室をそのまま使用していた。

唐十郎、不破万作、あがた森魚、常田富士男、先日ちょっと書いた落合恵子も先人たちだった。
明治大学 実験劇場 という。

私は学業そっちのけで芝居のために大学生活を送っているようなものだった。

2年の時に早稲田大学からやってきたUさんは入団するや、人々の心をつかみ、
物事を客観化して批評的に観るということを訴えていた。演劇でもそれをやるのだと。

ブレヒトや菅 孝行の「解体する演劇」をテキストに、「同化」ではなく「異化」を
というアプローチはとても難しかったがトライしてみる価値のあるものに思えた。

役者というのは与えられた役に「なりきる」というのが一般的には用いられる方法だが、
そうではなく、役を「相対化し、役を活かし、自分を活かす」という方法は、感情移入を敬遠させた。

しかし、それは実際やるとなるとわけがわからなくなってしまいがちだった。
それをやるには、人間としての成熟が足りなかったのだと思う。
それでも、それまで自分のちいさな世界に住んでいたわたしに「物事を客観的に見る」
視点は無駄ではなかったし、自分が何を考えているか、わたしと自我、わたしと他者との闘いはある意味若かったわたしには避けて通れなかったのだろうと思う。

大学は3年で中退するものの、実験劇場にはそのまま在籍していたがそのうちやめる。
学生時代に観たある劇団はわたしたちにとってある意味伝説的な存在で、
その劇団が空中分解した後、そこのリーダー格だった人と知己を得て、
何人かで旗揚げする。

稽古場は現在私が住む市内にあった。

f0160480_120891.jpg

   記憶はときおり この丹後サラシナショウマのようにぱっと開く


わたしはこどもの出産を契機にその劇団もやめたのだが、
娘が4ヶ月の頃、その稽古場に連れて行ったことがある。
県道からけもの道のような細い道を降りていく。
かつて発電所の施設として使われていたものだった。

f0160480_127487.jpg


   記憶はときに 薄暗がりの中のシロシキブのようにぼうっと浮かび上がる


都内からこっちに引っ越してしばらくしてから、
娘といっしょにそのかつての稽古場に行ってみようということになった。

けもの道のような道をくだり油断のならない橋をわたり目的地に近づいた頃娘は言う。

  「わたしここ来たの憶えているよ。白い壁の建物があってね、
   中には荒くれたような男の人が数人いて。」


娘は、赤ちゃんといっていいごく幼い頃の記憶を断片的に憶えている子だった。



Tracy Chapman - Bang Bang Bang
[PR]
by sakillus | 2012-09-28 01:38 | 人物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/18011074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2012-10-01 04:34
サキさん
おはようございます。

記憶って全部繋がっているんですよね〜
注意深く感じるようにしていると、ポイントを逃さないように気をつけて生きていると、
本当にそう、丹後サラシナショウマのようにぱっと開きます。
そして1本に繋がる。
私はそういう時いつも過去か未来か今かが解らなくなってしまいます^^;;

すてきな記事でした。

歩夢
Commented by kyoko at 2012-10-01 12:07 x
我が家の赤い実の名前がわからなかったから
こちらへ来たらわかるかも・・・と来たの

そしたらやっぱりね・・・、ツリバナの赤い実ですね、かわいいですね。

そして、ほんと、素敵な記事でした^^

もっとお話し書いてください!!
Commented by sakillus at 2012-10-01 20:45
歩夢さん、こんばんは。

早いですね〜。
わたしは凡人なので歩夢さんほど通じる回路が開かれていないのですが、
それでも、あぁきっとつながっているのだなぁと思います。
わたしでもはっとする時ありますもん。

>過去か未来か今かが解らなくなって

未来までというのがおもしろいですね!
あり得ないことではないのかなぁと思います。
科学者でも、過去現在未来が同時に存在していると唱えている人がいるんですよね。

次は歩夢さんの例の?話と通じる話です。ふふふ
Commented by sakillus at 2012-10-01 20:47
kyokoさん、こんばんは。

タイミングよかった?笑。
ツリバナ、同時に実っていますね。

花もかわいいですよね。

あとひとつかふたつ書きます。

最近夜になると眠くなってしまうのがどうも・・・
でも、今夜は月がこうこうと本当にすばらしく輝いています。
Commented by sai at 2012-10-01 23:31 x
稽古場だと分かるまで、ずっとあそこはスキー場だと思いこんでました。(希望的観測で)雪が降っていたので。。
Commented by sakillus at 2012-10-02 00:50
え、なんでスキー場、、、
あそこって今では違うとおもうけれど、自殺の名所なんだって。
<< 記憶 2 禁原発のススメ >>