ROSASOLIS

<< 枝切風 霜降 >>
紅葉始まる
f0160480_22225064.jpg

明るく撮れました!
マンサクです。
f0160480_22231672.jpg

ヒメシャラ

いよいよ秋も深まり庭の植物たちも色を変えてゆきます。
葉は少し薄くさらさらとなり、風にそよそよと吹かれ
柔らかな日射しが優しく語りかけているようです。

庭って、植物それ自体の力も大きいけれど、
陽の光、きらめき、風、すべての自然環境が及ぼす力のなんと大きいこと。

f0160480_22283150.jpg

ギボウシ寒河江も黄葉してきました。
でも、もう数日で落葉してしまうのですよね。
f0160480_22305268.jpg

甘茶は花も葉も色変わり
f0160480_22333888.jpg

寒菊
f0160480_2234747.jpg

アリスター・ステラ・グレイ
f0160480_23223449.jpg

オビトケノコンギク

かとおもうと
f0160480_22351787.jpg

こんな霧の日もあり、
モノトーンの静かな景色も妙に落ち着きます。


 
     **************

 
  業務連絡っぽい報告

きのうヴェロニカさんがふいにやってきたので、
名前の話などをしておりました。

マリーは瞑想

マルタは日常のやりくりに忙しい

聖書の中のマルタも忙しい人だった

V「わたしの母の名もマルタ。」
S「え〜!そうだったんですか。」
V「誕生日はサキさんといっしょね。」
S「え〜!そうだったんですか。」
V「サキさん、忘れっぽい。毎年話して毎年忘れているね。」
S「あはははは・・・・・・・・・」
[PR]
by sakillus | 2012-11-09 23:18 | 植物 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/18151283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2012-11-10 21:11
良い写真ですね!

ヴェロニカさん、すごいですね。
繋がるんですよ。
ほら、キーワードでいっぱいに(笑)
この事はまだ続きます。(マルタさんに関連したことなど)
今も、ヴェロニカさんを想うと、その想いがヴェロニカさんに届くのを感じてしまいます。
神様みたいな、妖精みたいな素晴らしいかた。。。
いつか作品を見たいです。

歩夢
Commented by sakillus at 2012-11-10 22:54
歩夢さん、ありがとうございます!

わたし、ヴェロニカさんのおかあさんのことが気になって、
夜電話してみたんです。

いや〜、まさかね、まさかねとおもいながら・・・

どのような方だったかは長くなるのでメールに書きます。

その、「マリーは瞑想にふけっているばかりで、日常のことが何もできない、マルタは反対に日常の仕事に追われているので、キリストに文句を言った」
というようなことが聖書に書かれているのをおかぁさんがよく話されていたのだそうです!

気になったのは産まれた年もそうで、でも、いまひとつはっきりしません。
マリー・マルタ・シャンボンがなくなったのは1907年、
おかあさまが産まれたのが1908年か1904年のどっちかなんです。
おかぁさまは庭でバラをたくさん育てられていて、すばらしい庭だったということです。

シャーロック・ホームズになった気分。笑。

ヴェロニカさんのやきもの、すばらしいです。
湯のみ茶碗では同じお茶でもおいしくなるので、それ以外のもので飲むことはほとんどありません。
Commented by rosedeco at 2012-11-11 00:38
うふふ。。
サキさんよかったね♪
でもね。。
謎は追いかけたら駄目。
その過程に素敵なものが隠れています。
結果を急いだら駄目。
サキさんの場合もう駒をふったからね。
焦らなくとも必ず良い結果とファンタジーがやってきます♪

サキさんは一癖ある人や妖精や天狗やそんなもの達に愛されるんだね〜
ヴェロニカさん然り、
私達、サキさんを待つし守りますよ^^
ゆっくりでいいんですよ〜

ヴェロニカさんを想うとき、一重の紅い薔薇が思い浮かびます。
焼き物を見に行かせて下さい!
購入する事も可能ですか?

それではまた。

歩夢
Commented by sakillus at 2012-11-11 17:24
歩夢さん、よかったの?

>その過程に素敵なものが隠れて

わかりました。納得します。
その日ヴェロニカさんが帰るとき少し一緒に歩いて神社に行きました。
そこでヴェロニカさんがなににこころを動かされたか・・・
樹齢何百年の杉の樹、けやきの樹、けやきの樹肌の模様。
それらを前に静かにしている姿は打たれます。
そういう姿を見られることが尊いことなんですね。

良い結果とファンタジー、わぁそうなるといいなぁ・・・
たぶんそれなりに時間のかかることですね。

なにはともあれ、特徴のある方々をはじめ、あらゆる関係に感謝したいです。

待つ?・・・おもいいあたることがないわけでもないですが・・・

一重の紅い薔薇、そうでしたか〜!
やきもの、ぜひ見に来てください!
今は数が少ないと言っていますが、なにか歩夢さんが気に入るものがあるかもしれません。次回の窯焚きまではしばらくかかりそうですし。
ここのところ手びねりしかしていなくて、できる形がひとつひとつ違います。おもしろいように好まれる方がそれぞれなんです。

歩夢さん、ここのところいっそうすごいね。
なんだか神々しささえ感じてしまいますよ。
Commented by kyoko at 2012-11-12 12:56 x
sakiさん、こんにちは。

↑のコメント、分からないんだけど面白くて読んじゃった。

私もヴェロニカさんの器、もう一つ、お猪口が欲しいの。
いつでも行けるわけじゃないんだけど
もし、どなたかご案内する機会があったら
私にもお声かけお願い!!

謎は追いかけちゃいけない、、、分かるような気がするわ。
すごーく、面白いから、また、続きをお願いね!!!
Commented by sakillus at 2012-11-12 21:18
kyokoさん、こんばんは

うふふ、この間いろいろなことが起こりましたが、歩夢さんのおかげで自分の展開がおもしろくなったことを知りました。
自分自身、心境の変化があるんですよね。
人生っていつ何時なにがあるかわかりませんねぇ。
今は関わりのある人すべてに感謝したい気分です。

お猪口、湯のみしかないようですが、小さめのを使えますね。
話しておきます。
次の窯焚きは3月頃にしたいようですが、どうなるでしょう・・
それもどうなるかちょっとわくわくすることがあるんです。

謎はね、そうそう先を急いではいけないみたいで、思わぬヒントをもらいました。(って言ってもわからないよねぇ?)
このことはわたしのもとめる「道」に関することなんですが、
それがわかる可能性があるのはもっとずっと後ですわ〜。

Commented by kyoko at 2012-11-13 10:02 x
へえ、具体的なことは何もわかりませんが
sakiさんは本当に素敵ですから
きっと導かれて、うまくいくんだと思うなあ。

先を急いではいけない・・・
私にも良く響きます。
わかっていても、すぐに忘れちゃう、愚かなわたし・・・。

ヴェロニカさんのお猪口、貴重品だったんだね・・・。
ときどき、それで日本酒一杯を飲むのだけど
一杯だけ飲むから、そのお猪口が
その一杯を美しくしてくれるの。

今、電話があってびっくりした!
けど、このコメント、そのまま送信しちゃうね!!

今日も良い一日を!!!
Commented by roseposy at 2012-11-13 10:30
sakiさん、こんにちは

寒菊のお写真が、とっても好きです♪
良いです♪良いです♪

ヴェロニカさんの、御猪口で日本酒頂いてみたいわ!

Commented by rosedeco at 2012-11-13 20:07
sakiさん
kyokoさんもこんにちは^^
今の自分は過去に自分が何かを(全てを)選び続けた結果なんですよね。
sakiさんもkyokoさんも素敵ですよ。
私はイタコ体質だし、見える事も多々ある人間なのですが、
占い等が好きではありません。
だって、『今』以外何があるでしょう〜?
未来なんて自ら知る必要はないです。
常に誰かが(自然に由来する事が多いです)キーワードを私達に伝え続けてくれているのですが、
それに注意して生きてゆくと楽になります。
おおざっぱに云うと、ヴェロニカさんが欅の大木に手をかざして立ち止まるように、
そんな風に生きる事。
時間は伸びたり縮めたりできるものですよね。

ヴェロニカさんに会える日が早く来るといいな^^


突然ですけど!
(何時も突然ですが)
私、sakiさんが本当に好きみたい〜
なんてお茶目で可愛い女性なんだろうって、
午後のコーヒー啜りながらしみじみ思いました*^^*
会えて良かったです!
何時かまた一緒に暮らしたい!!!(笑)

歩夢
Commented by sakillus at 2012-11-13 20:52
kyokoさん、朝はどうも〜。^^。

下じゃなくて、上の歩夢さんのコメント読みました?
kyokoさんのこと素敵ってあるでしょう。
それはもうkyokoさんの魂を見ているんですよ〜。
わたしも、kyokoさんって素直で正直で素敵な人だとおもってま〜す。

わたしの場合ってなかなかすぐにはうまくいかないんだけれど、
失敗もしながら努力すると得られるものがあるのね。
それから朝も言いましたが、自分以外の大きな力を感じとらえること、でしょうか。

先を急いではいけない
本当に・・・このごろやっと長い年月でさえ待てるような気がしてきました。

忘れる、、そうですね。だから何度も目にしなければならないのね。

ヴェロニカさんのお猪口、あぁ、特別おちょこ用にはつくっていないのだけれど、前回は小さな湯のみもたくさんできました。
きっとまた良いのに出会えるとおもいますよ。^^。

はい、その電話のまえにヴェロニカさんに連絡したら、kyokoさんのこと、「思ってた。」と言っていました。こういうのがよくある。
では近々〜!
Commented by sakillus at 2012-11-13 20:56
ROSYさん、こんばんは。♪

寒菊の写真、おほめいただきありがとうございます。
黄色が明るくていいですね!匂いも良いので気に入っています。

ROSYさんもそのうちヴェロニカさんところ来てみます?
水も清められる感じがしますよ。

悪女のsakiより  ぶふふ
Commented by sakillus at 2012-11-13 21:25
歩夢さん、こんばんは。^^。

今の自分は過去のやってきたことの結果であり、
長い眼で見れば通過点でしかない。
しかし、その一瞬の「今を生きる」、ということですね。

何年か前、年の初めに誓ったような気がする・・・

わたしはそんな素敵ではありませんが、「間違っていない」と言われたときはうれしかったです。それがどんなに励みになったか!

そうかぁ、キーワード、わたしももっと拾えるように身を入れていこうと思います。

>時間は伸びたり縮めたりできる

あぁ!そう! 
わたしの師は、時計のような規則的な時間と、ものごとが発生する「トキ」とを分けています。
ヴェロニカさんがそうやって樹にふれた時、それを見たわたしにもなにかが発生したんです。
ところで、ヴェロニカさんの死生観、興味深かったです。
なぜ死を畏れなかったのか・・・

次の窯焚きはすごいことになるような気がします。
あのね、いくつか成形された花瓶のかたちが「はにわ」みたいだったんですよ。笑。

わぁい、好いてもらえるのはうれしいことですね〜♪
歩夢さんからのその言葉は勇気百倍ですよ。わたしもこの出会いに感謝!!
何時かまた一緒にね!!笑。
Commented by fairyhatskyoko at 2012-11-17 00:00
sakiさん、歩夢さん、こんばんは。

ちょっとタイミング遅れまして
でも、素敵と言って頂きありがとうございます!

断片的な事しか分からないなりに、吸い付くように読み、響き、
受け取っていました。

> 常に誰かが(自然に由来する事が多いです)キーワードを私達に伝え続けてくれているのですが、

この辺りの事が、腑に落ちる感じしています。

また、時々、連載お待ちしています、笑。
Commented by sakillus at 2012-11-17 22:32
kyokoさん、こんばんは。

わたしたちは当事者なので当然なのですが、kyokoさんにも響く言葉があるというのはうれしいです。
「事が動くとき」というのがあるのでしょうね。
それはしばらくゆっくりと続くかもしれません。

そうですね。その言葉はとても尊い事なのだと思います。
が、わたしはまだ強く受け取ることはできません。
ゆえに失敗する事もありますです。
でも、失敗する事もためになるのだと思えば、それも悪くはないかな。

あ、連載!?
<< 枝切風 霜降 >>