「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 謎の薔薇は 「saki」 とい... オープンガーデン、どうもありが... >>
翌日
f0160480_2246599.jpg


5月28日夜明けまもなく外に出て庭を一回り
ベル・イジスは横から射し込む朝日をうれしそうに浴びている。

あれとそれとそっちとあっちと言葉にならない声で話しかけている。

  おはよう

f0160480_22513976.jpg


  おはよう、アリスター

f0160480_0423773.jpg

f0160480_2253553.jpg

f0160480_2253369.jpg

こんなに咲いているジュランビルをおおらかに抱きかかえる
f0160480_2256833.jpg

レダはでも、日陰になってしまったからすこし伸び悩んではいるけれど、
あいかわらず愛らしい
だから、「レダ、レダ、かわいいね、ごめんね。」と言う。
f0160480_2258832.jpg

わたしが特別、植物たちや庭の力、気配を感じる場所がある。
家を背に、石段を三段上がった、大きなコブシを前にしたところ、
皆に囲まれるところ
光を浴びたオノリーヌが本当に美しい

皆がこっちを見ている
  「おつかれさま。」と言っている。

f0160480_2315222.jpg

わたしは涙が止まらない

そうやって、ずっと助けられてきたのだ。

それから、毎日見ているからあまり意識していなかったけれど、
大きなコブシは見事に形を整えた。
f0160480_2334993.jpg

この場所にきた6年前、主幹をばっさり伐られていて無惨な形をしていたのだった。
下手にどうにかするとリバウンドがすごいからとにかくなにもしないようにと
庭師さんから言われていた。

先日来た友から「コブシ、サキさんに感謝しているよ。伐られたところ、どこだかわからないね。
よくたちなおったね。」と言われ、あぁ、そうなんだよね、すごいね、すごいねとひたすら感動し、
いろいろなことに感動した。



バラが、今年は庭の中で本当にいい感じで咲いていた。
f0160480_2392654.jpg

f0160480_23105097.jpg

f0160480_23104593.jpg

f0160480_23142944.jpg


f0160480_046241.jpg

Amelia 咲き始め
f0160480_23144483.jpg

Amelia その後
ひらひらっとなる花弁、本当に好き。
どうもありがとう!

f0160480_23251818.jpg

Cosimo Ridolfi は、開きかけの色はヴィヴィッドなのだけれど、
終盤の紫に朽ちてゆく様はぐっとくる。
[PR]
by sakillus | 2013-06-03 23:13 | 植物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/19719179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosedeco at 2013-06-03 23:31
こんばんは。

今年、どこの薔薇園よりも誰のお庭よりも見たかったのはサキさんのお庭でした。
行かなくちゃ行かなくちゃ!って心の声が^^
庭の主とかぼちゃんに呼ばれていたような気がします。
ほんとうに感激しました。

モスに変化したピンクの薔薇の名前は、『saki』にしましょう♬

いろいろ、本当に有り難うございました。

歩夢
Commented at 2013-06-04 09:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2013-06-04 18:23
歩夢さん、こんにちは!

先日は来ていただいて、それから、庭について深い話ができて本当にうれしかったしためになりました。

庭のどういうところに惹かれるか?歩夢さんほど明快な見解?というか感受をもって、それをはっきりとした言葉にできる人はそうそういるもんじゃありません。
それらのことを伺えたのもよかったし、わたしのことはさておいても、この庭づくりにおおきな貢献をしてくれた方々の能力やその人そのものを評価してくれたことはわたしもとてもうれしかったです。

わたしたちの間ではなんの問題もない「霊性」という言葉、生きるものすべてとつながる感謝の気持ち、歩夢さんの言葉で言うなら「地球とともに生きる」
心は、人の心が劣化している今まさに大切なことと実感します。

>モスに変化したピンクの薔薇の名前は、『saki』に
えぇ〜、本当に・・・もったいない!
わたしはこの薔薇、本当に感激したし、好きです〜〜
いいのかな?あゆちゃんがそういうのならいいのだね。
むふふ、それに決めた。バックアップとったほうがよいかなぁ・・・

こちらこそ、本当にいろいろありがとうございました!
Commented by sakillus at 2013-06-04 19:12
鍵コメさん、こんにちは。

いつもありがとうございます!
わたしはこの小さな庭が一番身近で親和できる空間ですが、わたしたち人間は地球ともっと親和してゆかなければわたしたち自身も蝕まれてしまいます。

このコブシも本当にずいぶんいい形になりました。
以前はどうなることかと思っていたのです。
街路樹でも、民家の庭でもたやすく無惨に主幹を伐ってしまう人が多いけれど、それがどんなに醜いことかわからないのでしょうかね?
それは醜い人間の姿と呼応します。

鍵コメさんもちいさな命、大きな自然の営みを大切にする方ですね。鍵コメさんの感謝の気持ちはとても大切なことですし、基本だと思うのです。

癌腫は化成肥料を使うことと関係があるのですか?
うちにもありますよ〜。癌腫、それが1本はとても元気なのです。
1本はもうだめかなぁと思う。。。

どこに暮らしていても鍵コメさんのように植物と接している方を知るとうれしいです。
わたしも本当に悔しいです。
それから、どうぞ悪影響がありませんように。くれぐれもお大切に。
Commented at 2013-06-05 18:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by seedsbook at 2013-06-06 15:00 x
ああ、素敵です。何時もながら。。。
いつかオープンガーデンの日に帰国できるといいなあと思います。
それまで写真を眺めてため息です。
Commented by sakillus at 2013-06-06 23:33
鍵コメさん、わたしも以前癌腫病に関してはずいぶん調べたり論争(笑)しました。
アグロバクテリウムツメファシエンス、この長ったらしいなまえのやつが原因菌とされていますね。

これにかかるとだいたいは生長が悪くなるのですが、まれにまったく関係ないように元気なのもいるんです。

この菌は土中に普通に存在しているようなのですが、台木を生産する畑に問題があると多発しやすいと言われていますね。

バクテローズという近縁種を用いて予防する生産者もいますが、その前に菌に冒されていればいずれかかってしまいます。
なかなか悩ましいですね〜。

そうですね。>動植物。。。生きていることに変わりない

おっしゃるとおりです。
わたしはそのように言う鍵コメさんが好きです。
病気にかかっていても、その菌でさえも・・・

庭もベランダの一鉢も同じですね。そのことがよくわかりました。
それらとどうつきあっていくかですね。
Commented by sakillus at 2013-06-06 23:41
seedsbookさん、どうもありがとうございます!

そうですね。いつか・・・みていただければうれしいです。
そのときまでわたしも庭と良いつきあいをしていきたいです。
<< 謎の薔薇は 「saki」 とい... オープンガーデン、どうもありが... >>