ROSASOLIS

<< ハウスのビニール下で生まれた紫陽花 謎の薔薇は 「saki」 とい... >>
植物のまっとうさ
f0160480_2329914.jpg

写真の中央にショウジョウバカマがあります。

ショウジョウバカマは花後しばらくこの形でとどまり、
やがて花茎から水分がなくなり、茎に斜めに縦の筋が入り、ゆるやかな螺旋を描き、
ねじれるようになり折れてゆきます。

そうするとそれまで萼によって受け止められていた種が地面に落ちてゆきます。

そうやって地面に落とした種でいのちのバトンを渡すわけですね。

  オスヒナリ

それがショウジョウバカマの ヒ =根源であり、まっとうさであります。

植物や人間以外の動物はそれなりにまっとうさを通して命をついえます。

人間のまっとうさとはどういうことでしょうね?

複雑で高等な脳を持つ我々はそれを追求していかなければと
わたしは思っています。

f0160480_23474532.jpg

庭は「美」とはなにかを学ぶ場でもあります。

自分の感受を磨いてゆけば「美」も変わってゆくはず

庭は人と植物の、植物同士の調和の場であります。


f0160480_23541674.jpg

鉄器のイシダテホタルブクロも咲きました。
[PR]
by sakillus | 2013-06-09 23:53 | 自然物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/19783509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2013-06-10 20:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by seedsbook at 2013-06-11 03:32 x
苔むす岩の上に鉄器のイシダテホタルブクロがとても美しいです。
Commented by sakillus at 2013-06-11 23:37
鍵コメさん、こんばんは!

返事が遅くなり失礼しました!
そうですね、今では苦渋の時も忘れてしまった感がありますが、
鍵コメさんもわたしも「それはできない。」というのがはっきりしているので、それなら自分ががんばることでのりきる!と、判断がわかりやすいですね。でも、迷いがなかったわけではないですし・・・

そうそう、そういうことの繰り返しで強くなってきたのですよね。
わたしは最初から強かったわけではありませんから。ほんと。

散らない薔薇、散る薔薇、散る薔薇のほうがいいですね〜。
そういう意味でもモスローズのsakiちゃんはまことに秀でています。
感謝、感謝です♪
鍵コメさんはわたしより1年は長く生きてばっさりと、、お願いします。笑。

いい時にみていただけて良かったです。
また、うちの庭も鍵コメさんに来ていただけていっそう霊力が増していたかも。
わたしもいい時に出会えたと思っています。いろいろとありがとうございます。
これからもよろしくです〜。
Commented by sakillus at 2013-06-11 23:39
seedsbookさん、ありがとうございます。
イシダテホタルブクロは小型で造形的にもよくできたホタルブクロだとおもいます。
鉄器はseedsbookさんも好きそうですね?
<< ハウスのビニール下で生まれた紫陽花 謎の薔薇は 「saki」 とい... >>