「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< スラブチチという街 Twitter的つぶやき 8/7 >>
白い花を想う
f0160480_044948.jpg

白鹿の子ゆり

暦の上では立秋を過ぎたとはいえ今が一番暑い頃、
連日とても暑い日が続いています。

ここではないけれど、体温越えの39度も経験しました。
ぎらぎらと激しい日射し、熱風はなかなか危険な雰囲気が漂います。

とはいえ、樹木茂る我が家はおかげさまで天然の暑さよけが機能し、
今年も扇風機でなんとかやっていけています。


f0160480_020111.jpg


それにしても蚊が多いのは小さいけれど池があるせいでしょうか?
来年はメダカを検討しよう。

それで蓮は今年は咲かないかもしれません。
それはまぁ残念ですが、すごく残念というわけでもありません。

今年はヤマボウシがすす病になってしまったとか、
アマギシャクナゲの花が少なかったとか、
同じく残念なことはあったけれど、そういうこともあるさと、
一年ごとの好不調ではそれほど一喜一憂しない気持ちになっています。

アマギシャクナゲは蕾がたくさんできているので来年はきっとたくさん咲くだろう、
今年はレンゲショウマがよかった。
蓮もきっと来年は咲いてくれるだろうと、
2、3年をひとつのサイクルで見るようになっていることに
自分でもほっとしています。

f0160480_0285227.jpg

キレンゲショウマ


でも、先日二日間異様な暑さのとき、
とある木の葉が茶色くなってしまった。
あまり暑さに強くない木なのでちょっと心配です。
その隣りの激しく威勢の良い薔薇はもうやめようかな。
そこへ、まだ小さな苗木程度のほかの木を移植しようかなと思っています。

来年咲くはずだった白い花はこの暑さでだめになってしまった。
甘い香りを残していました。


まだ咲かなくていい。
五年を要してもいい。
しかし願わくば枯れないでほしいと願っています。
[PR]
by sakillus | 2013-08-15 00:35 | 植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/20206384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スラブチチという街 Twitter的つぶやき 8/7 >>