ROSASOLIS

<< RED 大文字草 >>
庭はまだうっすらと夏の余韻を残しながら手をあまりかけられないまま雑然とした状態であります。
やはりこの時期も花は少なくまだ紅葉へはいたらず、この葉はあぁだった、こうだったと花期の頃を思い出しています。紫陽花などは花殻を残しているので、とっくに褪せた色を愉しみつつ来年の花を想います。

そんな中、ちらほらっと見える小さな実は印象的。
f0160480_021493.jpg

これはスズランの実
f0160480_0214170.jpg

これはホウチャクソウ
f0160480_0225663.jpg

まばらではあるけれどカラフトイバラ
f0160480_0242164.jpg

ホウズキはすけすけ

f0160480_0252921.jpg

これは番外 畑のタカキビ
食べられるまで脱穀とかたいへんなのだけれど、炊くと肉のような食感があり、
なかなかおもしろく使える。
f0160480_0273774.jpg


f0160480_028476.jpg

レンゲショウマ
f0160480_9505149.jpg

ブロンズフェンネルの種はすごく香りがよくて頭がすっきりします。
お菓子にいれてもおいしそう、料理にはいろいろ使えそうです。

f0160480_0292297.jpg

f0160480_0293619.jpg

ハナもなんとか元気にしています。
f0160480_0301047.jpg

珍しいミカとチロのツーショット

  ☆チロは今度のGarden&Garden Vol55にちらっと登場しています。
  「庭にかわいいお客さま。」という新連載コーナーです。
[PR]
by sakillus | 2015-10-18 00:32 | 植物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/24581375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hako at 2015-10-21 07:31 x
sakiさん、おはようございます。
時々東京へ帰ってきては、ぽつりと更新してます(笑)

植物の実って心惹かれます。
命を次へつなげるものだからでしょうか。
実が落ちて芽が出て成長する、と想像しただけでワクワクします。

タカキビは食べた事ないんですが、ごはんのように炊くんですか?
春に桜餅の色づけに使っている人がいたような…。
Commented by sakillus at 2015-10-21 20:23
hakoさん、こんばんは!

はい、見てきましたよ。トマト、いっぱい成ってやりますなぁ。うちはまだ黄色いのがいくつか・・・赤くなるのだろうか?

ね、実とか種とかいいですよね。わ〜い。播いてすぐ出てくるものもあれば、山野草などは寒さに当たらなくては出ないものが多いです。毎年桜の花の頃に発芽するものが多いです。そうやって命が次代につながるってうれしいですね。

たかきび、そうです。あと米といっしょに炊いてもいいですし、単独で炊いてそれからなにか料理に使うこともできますよ。雑穀料理中心にレシピを考えている人もいて、わたしはだいぶ前、未来食と称する雑穀をいろいろ使うかたの講習に参加したことがあります。商売的にうますぎるキライがあってそこはちょっとなんですが目のつけどころは良い方でした。
そのときタカキビのミートソースパスタをいただきました。

もちあわなどもスープにいれるととろみが出ておいしいです。
ただ、あわを育てたら全部鳥に食べられてしまいました。
たかきびは大丈夫みたいです.(鳥は知らないのかなぁ?)
<< RED 大文字草 >>