「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 印半纏ワークショップ 2016.秋 帯留展 〜studio fuj... >>
一気に黄葉がすすむ
f0160480_23292726.jpg

しばらく前から木の葉が毎日毎日はらはらと降ってきて小径を落葉の絨毯にしています。
木々の紅葉、黄葉は人間の忙しさには関係なく光合成の営みを終えたものから落ちてゆきます。

気がつけば家の前の木たちは秋のメインイベントへ
f0160480_23365385.jpg
f0160480_23352171.jpg


一番いい時期はせいぜい1週間程度、どんなものでも長続きはしません。
でも、短い期間だからこそその瞬間が胸にきざまれます。

*********************************************

マメにブログアップできなかったので、記録のために
少し残しておこう。

f0160480_23435048.jpg

11/6日のパーゴラあたり、かなり密に見えますがちゃんと道はあります。
f0160480_2345034.jpg

ツワブキ 南国錦は洗練された柄
f0160480_23461251.jpg

サフランが増えました。
f0160480_23471272.jpg

ダルマギクは日本海側の海岸などに生える野生の菊ですが、野生のものとは思えない大きさの花です。けっこう好きです!
名前で損をしているような・・・
f0160480_23511218.jpg

椿 初嵐・嵯峨
f0160480_235388.jpg

ウィリアム・R・スミスとユウガギク
f0160480_2353509.jpg

ジャック・カルティエとブロンズフェンネル
f0160480_23555973.jpg

ネリネ プディカ Nerine pudica
南アフリカ原産の原種のネリネです。
わたしたちがしばしば見かける園芸品種のネリネ、あるいはヒガンバナとはだいぶ違い
楚々とした雰囲気、冬の霜や寒風は避けなければならないので、冬はおもいきって室内かなと思いますが、なかなかいい雰囲気です。
[PR]
by sakillus | 2016-11-14 23:59 | 植物 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/26887758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すみごん at 2016-11-15 10:45 x
おはようございます。

年齢のせいか?年々「紅葉」より「黄葉」に魅かれる今日このごろです。
お庭、いい感じですね。毎朝この光景を見て一日がはじまる、というのは実に羨ましいです。
わが家では鉢植えのフウチソウがきれいに色づきはじめました。

ネリネの原種、先日うかがった時にポット植えでトレイに入っていたものでしょうか。
すっきりした姿がちょっと気になっていたんです。
これもいい感じ!
Commented by sakillus at 2016-11-16 08:39
すみごんさん、おはようございます。

黄葉、いいですねえ。わたしもどちらがと聞かれると一概には言えませんが、黄葉はやわらかな感じがして気持ちがやわらぎます。

そうですね。この風景をみられることはありがたいです。
これから葉が散っても、枯れ木もオツなもんです。

フウチソウも長いですよね。これからしばらくたのしめますね。

ネリネプディカ、そうです。わたしもこの冬を越させてみようと安い鉢に植え替えましたが、いいもんです。
花期が長いのはうれしいです。

暖地向きだと思うんですよ。関東低地の霜の降りずで寒風の吹かないところだったらそのまま屋外で越せるでしょう。
Commented by kusuo522 at 2016-11-16 18:26
こちらも、すっかり秋の庭ですね。
震災から7ヶ月、毎日毎日道路工事の音がにぎやかです。
まあこれも仕方ないと我慢するしかありません。それでも関係なく秋はやって来ます。ジョウビタキのジョビちゃんも忘れずにやって来てくれました。
Commented by sakillus at 2016-11-17 21:31
kusuo様

連日ワークショップで帰りが遅く、返事が遅くなりました。ふぅ。さすがに疲れました。

道路ははやく復旧すると良いですね!日本は北から南まで自然災害やら人的災害でたいへんな状態で、なおかつ国はどこに金をかけるのかの選択をことごとくまちがう。
そんなこんなでも季節は巡り、冬鳥はやってきますね。

こちら、夜に犬が罠にかかって泣いているようなひどい声がときどききこえるのですが、それはキツネなのだと初めて知りました。
Commented by kusuo522 at 2016-11-18 19:13
こちらでも、女の人が泣いているような声がするといって、しばらく、家族で論争になりました。結局それは、鹿の鳴き声だと判明。そのとたん高校時代に無理矢理おぼえた百人一首を思い出したのは、現役の高1の孫と私でした。
「奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声聞く時ぞ秋は悲しき」今正にその時期。もしや?と思って。
Commented by sakillus at 2016-11-18 22:33
万葉集といえば、高校の夏休みに覚えさせられましたが、
鹿も出てくるし、なんか奈良だなぁ〜って思いますよね。
万葉集の歌はきれいで清々しく、また自然描写や人間描写が秀逸(当たり前か?)なので私もけっこう好きです。

それが、さっきyoutubeで、鹿とキツネの鳴き声を聞いてみたのですが、キツネってホント、犬のような鳴き声なんですね〜〜。
それで吠えると、マジ?って、いやぁ。断末魔のような声になるんですよ。https://www.youtube.com/watch?v=hYVeVwCV_pE

お、これは!!という美しい鳴き声は「鵺」ですね。
Commented by kusuo522 at 2016-11-19 15:10
おっと、いろいろと論争の種が出てきましたね。我が家で聞かれる声は、どうも鵺ではなさそうです。あんな上品な声ではないのです。動物もその時々で、鳴き方があるので難しいですが、やはり、鹿に一番近いような気がします。キツネも色々な鳴き方がありますね。やはり犬に一番似ているような気がします。近くで鳴かれたらちょっと気になるかもしれませんね。この頃、この近くに鹿が出る話を聞きます。農家にとっては迷惑千万なのだそうです。
Commented by sakillus at 2016-11-20 01:06
あ、誤解があったようですね。鵺の話は参戦させるためではなく、ただ声が美しかったので出したまでです。

うちのあたりでもいろいろ動物は出てきますよ。
今年は特に大形の野獣が多く出没したようです。
もうすぐ冬眠ですね。かれらも生きるのに必死でしょう。
Commented by hako at 2016-11-20 06:48 x
sakiさん、おはようございます。

日々変化して行く山の紅葉を見ていると、ここに住んで本当に幸せだと思います。
欲深い私は、庭の森に落ち葉が積もると
しめしめ、これで良い土が…
などと思ったりして。

鳴き声といえば、こちらへ越してきてからしばらくの間、暗くなると
ひぃ(ゅ)ぅぅ、ひぃ(ゅ)ぅぅ、
という鳴き声が聞こえていました。
消え入りそうな声で、夜遅くまで家の付近をあちこち移動しているんですよね。

主人に言っても聞こえないと言われ、終いには
「モスキート音じゃない?」
などと言われ…。

長く住む人も
「聞こえてるけど、気にした事ない」
と言い…。

ようやくわかったのが「鵺」でした。
想像上の生き物だと思っていましたが、本当にいるんですね。
姿は見た事がないとみんな言っていましたが。





Commented by sakillus at 2016-11-20 22:12
hakoさん、こんばんは。

お久しぶりです!

紅葉は寒い地域や標高の高いところのほうがきれいなので、さぞかしそこはきれいでしょうね。
先日用事で富士山麓に行ったのですが、まぁ、三つ峠もそうでしたが、山の紅葉のきれいなこと!前日の雨で山からもやがもうもうと上がり太陽の光が射し込んで、本当に感動しました。

はい、庭の落葉。わたしも植栽部分はそのままにして冬の間防寒と微生物の住処になってもらいます。しめしめ

あ、そうなんですか!?
まさに鵺?
あのあと、わたしもネットで調べたのですが.古来から夜にヒュウと鳴く、人々からは不気味と言われ、妖怪のような生き物で、それは想像上のもの?
鳴き声はトラツグミではないかと言われているみたいですね。

なんというか、人の想像力を刺激し、鳴き声は聞こえても姿が見えないというのはおもしろいですね。
不可解なことがあるって楽しい。
Commented by すみごん at 2016-11-21 14:35 x
私は「鵺」と聞いてあの妖怪しか思い浮かべることができず
えーーっ!と(^^;)
調べてみたらトラツグミのことなんですね。
声もネットで聞けたんですが、か細くてきれいな声ではあるものの、夜のしじまの中で聞いたらちょっと気味悪いかも、なんて思いました。
妖怪の鵺は確か源頼政が退治したとかなんとか。平家物語に出てくるそうですが、読んだけど忘れていました。もしかしたら明月記あたりにも出てくるのかも。
この当りで見られる鳥といえば鳩、鴉、ヒヨドリ、ムクドリ、オナガ、スズメ、メジロ、ウグイス(声のみ)くらいかなぁ。
川に行けば鵜とかサギはいますね。
声がいいのはウグイスくらいでしょうか。でも、都心よりはまだいいかなー
Commented by sakillus at 2016-11-21 21:56
すみごんさん、わたしは「鵺」というと、最初に聞いたのは少女漫画からだったかなぁと思います。
あのトラツグミの鳴き声は、わたしは全然オッケーです。
あのか細い声といわゆる妖怪の「頭は猿、手足は虎(とら)、体は狸(たぬき)、尾は蛇」とは結びつかないですね。

あぁ、その平家物語の話はかすかに覚えています。
それにしても、なにゆえにそういう想像上のばけものを描いたのかなぁとか、(天皇が)夜うなされるとか、なんでだろう?っておもしろく思います。

うちのあたりで見られる鳥は、加えてシジュウカラ、トビ、前はタカも見たけれど、最近見ないなぁ、キジ、ジョウビタキ、カラスなどでしょうか。
<< 印半纏ワークショップ 2016.秋 帯留展 〜studio fuj... >>