「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 復活LABO!餅つき大会 沼津御用邸 2 >>
転用するのが好き
暦のうえではほぼ大寒とあってさすがに寒い日々が続いています。
そのうえ強風でも吹こうものなら体感温度も一気に下がり、この時期は庭仕事には厳しいです。

そんな時は室内でぬくぬくと、でもなく少々かじかみながら楽しいことを考えます。

楽しいこと、、ふふ、今マイブームなのが「きもの」です。
なにを今更と思われるかもしれませんが、なぜなんだろう?なぜかそうなのです。
いただいた気楽さもあり、意外と普段に着ています。つまり洋服の上に羽織って。

f0160480_23175944.jpg

これは去年ヴェロニカさんからいただいた羽織なのですが、ご本人もきっとだれかからもらったのでしょう、わたしが着たほうがいい、ということでありがたく頂戴いたしました。
f0160480_23193272.jpg

鹿の子絞りの手間のかかった仕事です。
羽織紐が少々気に入らなかったのですが、
スペインのアンティークショップでこんなものを見つけました。
f0160480_2320437.jpg

ラインストーンのブレスレットです。
ブレスレットをすることはほとんどないのですが、あ、この長さ!
羽織紐にぴったりではないか?
f0160480_23215941.jpg

はい、ぴったりでした♪
ただ重さで装飾部分は下を向いてしまうのですが・・・

f0160480_23225838.jpg

同じくスペインのアンティークショップであったフィリグリーのペンダントトップ
フィリグリーとは、スペインでは有名な、細い金属線を溶接して作られる金工用語で、非常に細かい細工が可能で、スペインはイスラムからの文化の影響で、昔からフィリグリーの装飾具が盛んに作られていたということです。
これは聖母マリアを表しているとのことなのですが、どちらかというと王様に見えてしまいます。

これをなにに使うかというと。
f0160480_23273719.jpg

これです。帯留でした〜。
ただ、帯締めを通す金具はないので、糸で縫い付けねばならないかなと思っています。


きものは修業時代に練習をかねて自分のものも縫いましたし、染織をしていた頃に織ったきもの(長着)もあり、自分でもよくこんなすっとんきょうなものを織ったなぁというのもあり、そんなきものを救済してくれる帯を探しています。

帯はほとんど帯専門の仕立て屋にまわるため、わたしは個人客のものしかきませんでした。
だから今帯がおもしろい!!
[PR]
by sakillus | 2017-01-26 23:31 | きもの | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/27482030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by すみごん at 2017-01-26 23:48 x
こんばんは。
ブレスレット、ステキですね。
羽織の印象がぐっと変わっておもしろいですね。
このような転用は「見立て」の精神に似て私も好きです。
そういや、私もどこかにアンティークのブローチがあったような・・・
あと、アンティークの大きめボタンも使えそうです。
帯留用の金具っていうのがありますが、接着剤でつけないと
いけないと思うのでダメかな?
https://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=帯留+金具&tag=googhydr-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=163748623097&hvpos=1t1&hvnetw=g&hvrand=10695724745322504977&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=e&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009306&hvtargid=kwd-25002817265&ref=pd_sl_2bzie20u13_e
Commented by sakillus at 2017-01-27 21:26
すみごんさん、こんばんは。

ありがとうございます。ちょっと輝き過ぎの感がなきにしもあらずなのですが、ブレスレットの石のつぶつぶと、絞りのつぶつぶが呼応してるかなぁ、な〜んて思いました。

そう、偶然あ、使えるかも!ってひらめく瞬間が好きです。
もの自体がよいと使える幅は広いのだなとと思います。

そうですね、帯留には手持ちのアクセサリーやボタン!もOKですね。
金具のお知らせありがとうございます。ピンポイントでそのURLが見れなかったのですが、こういうの使えば気軽につくれちゃうんですねぇ。

このペンダントトップはペンダントとしても使いたいので、
金具はしばし待てですねん。
<< 復活LABO!餅つき大会 沼津御用邸 2 >>