ROSASOLIS

<< 蓮 zen チェアー >>
丸い花 丸いつぼみ
f0160480_212142.jpg

まん丸に咲く花は珍しい。これはエキノプス ’プラチナブルー’(ルリタマアザミ)
学名:Echinops ritroruthenicus ‘Platinum Blue’
キク科ヒゴタイ属

まだつぼみだが、これから青く咲く花へと移行するこの瞬間も涼しさを持っている。
東ヨーロッパ、西アジア原産のエキノプスの園芸品種。
葉には刺があり、やや銀色がかっている。大きく背が伸びる。

f0160480_21141413.jpg

一方こちらはアジアのエキノプス
ヒゴタイ 変わった名前である。
学名:Echinops setifer
和名の漢字表示については「平江帯」(貝原益軒の大和本草)または「肥後躰」
朝鮮半島の南部と日本の愛知県、岐阜県、広島県と九州の特定箇所で見られる 。

九州中部の九重山から阿蘇山周辺の草原では、元々自生していたとあるが、実際のところはわたしはわからない。ヒゴタイ公園というのもあるようだ。
f0160480_2123509.jpg

手前にエゾクガイソウ、花は終わってこれも身長ぐらいに伸びている。その後ろにヒゴタイ
夏は大型種がのびのびしていていいねぇ



貝原益軒の「大和本草」(1709年)に「平行帯(ひんこうたい),花るり色なり,葉は敗醤(おみなえし)に似たり」とある。
葉はこちらもアザミににて刺があり、こちらのほうが痛い感じがする。

これから色づくのが楽しみだ。


f0160480_21214072.jpg

夏を告げるヤマユリ
f0160480_21222333.jpg

お初の赤実ルイヨウショウマ

f0160480_21225897.jpg

Bella Donna 二番花
f0160480_21232623.jpg


f0160480_22344441.jpg

斑入り八重咲きマツモトセンノウは初めて見たけれど、予想以上に花弁数が多くてびっくりした。

f0160480_21282985.jpg

大好きな尾瀬コウホネ
尾瀬コウホネって実際見ないと良さが感じられないかもしれない。
いいんですよ。雰囲気がいい。

☆ 夏はあっという間に植物の量がすごくなる。
少しはすっきりさせたいので、時間のある時は切りまくり、鋸でも切りまくる。今日も1時間ぐらいで一輪車3回分ぐらいたまった。
のこぎりの切れ味が悪くなって切れにくくて腕に当たって、、、。バラのとげでも引っ掻き傷だらけ。でも、なんだよって気にしないでいると傷も早く治るような気がする。
わたしって強いなぁ。笑

[PR]
by sakillus | 2017-07-15 21:28 | 植物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/27975815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusuo522 at 2017-07-19 20:48
気候のせいでしょうか、お手入れがいいのでしようか、何もかも素敵。ルリタマアザミもすてき。こちらにも野生でヒゴタイがあるのですが、何だか庭では育ちません。クガイソウも手に入れたのですが、あまりの雨に植え損ねて今は夏、もうこのまま秋まで待つしかなさそうです。バラ、ベラドンナこの季節ここではこんなにきれいに咲きません。ユリも雨で、きれいな姿を見ることなく散りました。まあ言ってみればとにかく夏は諦めろということのような気がします。秋になったらまた頑張ります。
Commented by hako at 2017-07-20 22:38 x
sakiさん、こんばんは。
昨日、銀座にいたんですか?
私もです!!
伊東屋で紙のサンプルに萌えてました(笑)
で、今日帰ってきました。
Commented by sakillus at 2017-07-20 23:25
kusuoさん、毎日暑いですね!?きっとそちらの暑さはここ程度のものではないでしょう。夏の庭は放っておくとすごいことになってしまうので、少しはすっきりさせないとと数日時間をみつけて庭仕事やってました。手をかけるとやはり少し違ってきますね!今、朝!見るといい感じです♪

>野生でヒゴタイがあるのですが、何だか庭では育ちません

あ、やはりあるのですね。そして、野生でなら育っても庭では育たないってありますよね。うちのは最初からナーサリー育ちなのでたぶん大丈夫と思います(植え付けは去年しました)

ベラドンナは一番花がしょぼかったので余力があったのでしょう。残りの花も意外とグラマラスに咲きました。このバラは匂いが豊満ですね。

そうですね、秋、秋!
Commented by sakillus at 2017-07-20 23:31
hakoさん、こんばんは〜!

あ、ホントに!ニアミスですね!
いやぁ、銀座へは月に2回少しの間行くことになってます。
というのは、ある陶芸家の秋の展示会のために仕覆をつくることになって、やったことないので習ってます。最初は自己流にやることも考えては見たのですが、(陶芸家の方もカジュアルでいいみたいだったので)、でも、あれこれ悩むよりはならったほうがいいかなと。
してみたら思いのほか時間のかかるものだとわかりました。
商売的には完全に赤字です。苦笑。でも、これも新たな展開と、しっかり習おうと思います。

銀座の伊藤屋ってすごく萌えますよね!わたしは重い荷物もって疲れていた時に定規とか分度器とか買いに行きました。
<< 蓮 zen チェアー >>