ROSASOLIS

<< 白花タマアジサイ 蓮 飛虹 >>
山野草の苗置き場
久しぶりに栽培の話です。

関東の山間部、標高350mぐらいの当地では、高山植物は栽培可能なものと2〜3年は何とかなるがずっとは無理なもの、1年目から難しいものなど、それぞれによっていろいろあります。
高山植物となるとうちではロックガーデンはやっていないので、地植えにするとたいがい無理で鉢、ポットで育てることになります。また、得手不得手もあり、人によってやりようによってはもっとうまくできるだろうけれど、苦手なものもあります。

ウメバチソウ(ニシキギ科 になったのか!よくわからん。ウメバチソウ科、ユキノシタ科に分類されることもあり)もそのひとつで、神津ウメバチソウはウメバチソウよりも栽培が少し容易と情報ではあるので、そっちから手を出すのでありますが、これがなかなかうまくゆかず、これまでいくつもだめにしてきました。他の植物と混植するのがよいとも聞きます。ただ、販売用ともなるとそうもいきません。
ここ数年は苦手意識が強まり敬遠していましたが、そうもいかないと奮起しました。

f0160480_21235738.jpg

ならば置き場所を変えてみようということで、今までは雨の当たらない明るい日陰に置いていたのですが、今年は午前中陽の当たる雨の当たらない軒下に置いてみたところ、今のところ無事です。笑。

自生地では陽の当たる湿地でみたことがあります。
もちろん雨だってあたるし、けっこう強い日射しだったりします。
でも、それを低地でやったらいけません。
このへら型の葉は要注意、ここに水が停滞するのは良くないので、しっかり用土めがけて水やりします。

これからもまだまだ続く暑い夏を越せますように〜。

次、オサバグサです。(ケシ科 オサバグサ属)
f0160480_21281688.jpg

オサバグサは苦手というより、経験不足で、以前地植えしたら夏越しできませんでした。たぶん高温と蒸れが原因していたのでしょう。
オサバグサを自生地で見た記憶はないのですが、日陰であろうことは想像できます。

これも今回はポットで育てて様子を見ていますが、午前中陽の当たる軒下では葉焼けが発生しました。それで雨の当たる明るいほとんど日陰、不規則に陽がさす場所に移したら正解でした。
葉焼けは戻り濃いみどり葉になっています。

オサバグサは春にかわいらしい白い花を咲かせます。オサというのは織りで使う筬のことで、規則正しく葉が並んでいるところからついたのでしょう。

ちょっとした置き場で生育が変わるので難しくもありおもしろくもありです。
やはり、失敗をへて学ぶということは大きいですね。



f0160480_21415331.jpg

白花玉アジサイのつぼみもぱつんぱつんに膨らんで胸が高鳴ります。

f0160480_21425677.jpg

白花レンゲショウマもつぼみがいっぱいで楽しみ♪

f0160480_21434058.jpg

ブロンズフェンネル

f0160480_21435988.jpg

Alister stella gray

f0160480_21452591.jpg

Le Vésuve


f0160480_2332267.jpg

オオルリトラノオ
色も冴えているし、花期が長い、なにより丈夫というのはよいですね!


f0160480_23361484.jpg

f0160480_23364359.jpg

f0160480_2337168.jpg


蓮 粉仙子
なんか実紅里みたいな蓮だなぁ
[PR]
by sakillus | 2017-08-04 21:45 | 山野草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/28025982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 白花タマアジサイ 蓮 飛虹 >>