ROSASOLIS

<< 仕覆 Blue Planet II >>
今度の選挙は改憲勢力対反改憲勢力の闘いだ
f0160480_18351565.jpg

イワシャジン

f0160480_18354912.jpg

桃花八重シュウメイギクは今年も愛らしい
f0160480_18365676.jpg

下垂するタイプのホトトギス 天の川

f0160480_18373245.jpg

キイジョウロウホトトギス


  .............................................................................................


まるで実態のない希望の党というブラックジョークのような名前を引っさげて登場しあれよあれよという間に民進党をほぼ解体させてしまったという前代未聞の小池百合子劇場は今もまさに絶賛公演中です。
普通考えたら政策も実態もわからない党に、歴史のある党が吸収されるなんてことはありえないことなのですが、それをマジックのように成功?させてしまったのは、小池百合子や民進党代表前原誠司、長島昭久、細野豪志に同様のバックがあるからでしょう。

民進党時代から「党内には3人のスパイがいる」と言われて来た議員がいて、それこそこの3人でした。
また、小池百合子はワシントンのグローバリストから寵愛を受けていて、賞味期限の切れた危ない安倍晋三を捨て彼女に切り替える算段はできているのでしょう。

事実小池百合子はジェイコブ・ロスチャイルドの子飼いであるジョージ・ソロスと接触してきたり、ジャパン・ハンドラーのリチャード・アーミテージ、マイケル・グリーンとも、何度か接触しています。

マスメディアは本来ならば権力者に疑問を投げかけなければならない存在ですが、日本のそれは当初からそれを放棄していました。もちろん記者の中には気骨ある人もいるでしょうが。
ゆえに今回の選挙は自民VS希望の党みたいなディスインフォメーションを流しますが、賢明な国民はご存知のように自民と希望の党は対立軸にはならず、補完勢力でしかないというのが妥当な見方です。

それにしても希望の党のあの「政策協定書」はひどかった。
選挙は無所属で出るよりは支持母体のあるほうが当然有利だからはしごを外された議員たちがこぞって、しかたなく希望の党に合流する気持ちはまったく理解できないわけではないけれど、だからといってたとえば、

2.現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法に則り適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する。

4.憲法改正を支持し、憲法改正論議を幅広く進めること。

8.希望の党の公約を遵守すること。

9.希望の党の公認候補になるに当たり、党に資金提供をすること。

など、これをのんで、こういう冷酷なやり方の踏み絵を踏むことができるのでしょうか?政治家としての自分の信念は?

少し前の山尾しおり議員の排斥も含めてこれは巧妙に仕組まれた民進党解体劇と言わざるを得ません。

この危うさをいち早く察知し立憲民主党が立ち上げられたことは救いでした。心ある民進党議員は今すぐにでも希望の党から足抜けをして、改憲勢力からの脱出を望みます。

改憲で一番危ないのはなんといっても緊急事態条項です。
これに関してほとんどの人はあまり頓着していないと思うのですが、自民党の改憲案、今回の選挙公約にはこれが組み込まれています。
緊急事態条項はナチスの全権委任法と同様すべての立法は国会ではなく内閣によって決められることになり、国民の基本的人権は阻害されます。財産権が反故にされ、戦争へと一般国民も動員することも可能になるでしょう。

いや、そんな大袈裟とおもうなかれ、アメリカは戦後日本の軍事をアメリカの手下として使うことをずっと画策してきました。そういうことはアメリカの公文書を調べればわかることで、その研究結果は出ています。今では有名となった日米合同委員会しかり、日米ガイドラインしかり、もっと前から、アメリカの走狗であった岸信介は日本憲法を変える事を画策していましたがならず、その孫の国難安倍晋三は祖父の代からの望みを今まさに叶えたいと思っているのです。

水面下では日本とアメリカの軍事の指揮権系統の統一化は進み、つまり、指揮権はアメリカに握られているということで、いよいよ日本人をアメリカのために世界各地に送り込もうとしています。
それに日本の何のメリットがありますか?
アメリカは日本を守ってくれる?幻想です。

ですから、今度の選挙は最後に踏みとどまれるか否かの重大な選挙となるでしょう。
改憲勢力を2/3以上にしてはいけません。
反改憲勢力、社民共産、立憲民主党、その他反改憲勢力の無所属で156名以上取らなければなりません。!!!
改憲勢力を2/3以上にしてしまうと憲法改悪が発議されます。




f0160480_184258100.jpg

[PR]
by sakillus | 2017-10-07 18:43 | 世界、社会 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/28202354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusuo522 at 2017-10-07 22:01
最初から信用はしていなかったのですが、小池百合子、ここではっきりと、馬脚を現しましたね。まさに、ブラックジョーク「希望の党」の看板を引っ提げて。
そして、雪崩を打って希望の党に呑みこまれた民進党議員。あの踏み絵、ろくに見もしないで・・・

でもこれで、すっきりしたところもあります。希望の党と自民党は、所詮同じ。そこのところを、どれだけの人が見極められるかが大切です。
今、父の戦中日記を読んでいます。あの時代、父は、はっきりと見抜いていました。死の商人である企業と政治家のみのために、あの戦争が始まったのだと。そして何百万人を犠牲にした戦争がいかにおろかであるかを。

何兆円という予算を、軍備費に投入し、今またそのような時代がやって来そうな時代になりました。けっしてだまされてはなりません。核の傘ほど怖いものはないのです。
アメリカが助けてくれる?とんでもない、戦争の末期は、日本人が日本人を殺したのですよ。それも国という実体のない一部の権力者の命令で。
 抑止力?この言葉を政治家のトップが使いだしたら危ないのです。
Commented at 2017-10-07 22:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakillus at 2017-10-08 09:02
kusuoさん、そうですね。小池百合子はかなり前から核武装論者でしたし、あの方の表情、話し方、話のずらし方とか見てますと、冷淡で血が通っていない、ただ自分の与えられた役割をうまくこなすこと権力欲しか考えられませんでした。
飲み込まれた民進党の議員は今辛いでしょうね。考え直して欲しいです。

ゆうべの党首討論でも、志位さんが「安保法制、9条を含む改憲、自民と希望に違いはないじゃないか。安倍さんも理念は共通している、と言っている」と指摘すると、小池氏は反論できず、「受動喫煙については違う」と言ったのだそうです。ふふふ、違いはそこだけ?

原発ゼロ政策もしょせん嘘ですが、〜〜ゼロの政策、原発と花粉症などが同列であげられる無神経さを国の政治として許せないですね。

そうですね、あの戦争も今も儲かる企業と権力欲に取り憑かれた政治家のためだけに人々が犠牲になります。
非日常的な戦争という環境では人は判断をまちがえやすいし、冷酷にもなります。そんなことに巻き込まれたくありませんし、原発がある以上日本を戦場にすることはできないですね。
Commented by sakillus at 2017-10-08 09:03
どうぞどうぞ。拡散してください。
Commented by iroha8788 at 2017-10-08 16:29
こんばんは。
正直、311直後に枝野が最初に言ったことを私は決して忘れられません。
所詮、口だけの海千山千悪徳弁護士に過ぎない。
けれど、アベシコイケシも、問題外で。
これから先を考えると、、、、、、、
どうしてこうも、みんな綺麗さっぱり忘れられるのか。
たった6年でそれだけ他人事社会になっていることを実感しつつ、
選挙にはムサシが使われるとしても、行くのですけど・・・・・。

Commented by sakillus at 2017-10-08 23:25
irohaさん、こんばんは。

そうですね。あの事故直後放射能の危険性は世界各国から発信されていたのでもっと被害に遭われていた県民のみならず周辺住民あるいは関東いや国全域にもっと適切な対応があってしかるべきでしたし、少なくともSPEEDIの情報は正しく発信されるべきでしたし・・・

ただ、それでも自民党よりは民主党で良かった面は多々あり、戦後の原発政策は自民党により進められて来たわけで、いったいどうしてくれるんだとふりあげたこぶしの行き先が宙を舞うばかりです。

福島のこれからのことを想像するだに、まったく暗澹たる気持ちになります。くやしいです、わたしも。

あぁ、ムサシね。これにでしゃばってもらいたくないですね!
Commented by hako at 2017-10-18 05:20 x
おはようございます。
選挙のたびに候補者の声を生で聞いて表情や仕草をよく見てみようと
演説会場へ行っていたんですが、ここには立憲民主党の候補者がいないので、ちっとも面白くありません。
東京にいれば、枝野さんの生の声を聞けたんですけどね。

投票所にある鉛筆では消されてしまう可能性があるので、今回期日前投票で油性のサインペンで書いてきました。
ボールペンでは書けないような紙ですよね。
嘘か本当かわかりませんが、静電気で鉛筆の粉を取って投票用紙を白紙にできる機械があるとかないとか。。。

マッキーの細で書いたらとても書きやすかったです。
Commented by sakillus at 2017-10-18 23:12
hakoさん、こんばんは。

演説会場に足を運んだのですね。えらい!
あぁ、立憲民主党、候補者いなかったですか。うちの選挙区は出ないかなぁと思ったら出ました。
新しく作ったばかりなので数はたりなめかもしれないけれど、でもそんなもんですよね。希望の党に群がる乱立候補者のほうが異常です。維新みたいね。やだわぁ。

期日前投票行って来たんですね。22日は天気が荒れるという予報もあるし。
あぁ、あの紙、そうかぁ、油性サインペンで書きましたか。
それなら消せないですかね。
わたしはもし期日前に行くとしたらぎりぎりで行こうかな。

比例は共産にします、今回は。選挙区でだいぶ候補者おろしてくれたみたいなので。
それにしても、西日本は自民優勢なのですってね。組織票というのも歪んでますよね。いずれ自分の身に降りかかることなのに。
<< 仕覆 Blue Planet II >>