ROSASOLIS

<< 椿 紅妙蓮寺 Ship >>
野菊と蓮の瓶
f0160480_20164247.jpg

これは肥後小菊としていただいたものです。
花は小さめでヒノミサキギクと花は似ているけれど、ヒノミサキギクは華奢で縦に細く伸びるのに対し、
こちらは斜め横に伸び丈夫そうで繁殖力もそこそこありそう。

f0160480_20204597.jpg

おなじみのアシズリノジギク
f0160480_20211158.jpg

ピンクの小菊 これも愛らしい

f0160480_20215291.jpg

椿 大東茶  学名:Gordonia axillaries ゴルドニア アキシラリス
タイワンツバキとも言われ、中国南部~インドシナ半島、台湾に分布する常緑高木。
葉はシャクナゲの葉を小型にしたようでもあり、なるほど南方系の葉をしている。
花はおおらかで私は好きだなぁ・・・
意外と耐寒性もあり、マイナス何度まで耐えられるかはわからないけれど試すのも怖い。
苗が小さいうちは冬は軒下でOKでした。

f0160480_20284573.jpg

苔がいい感じになってきた
f0160480_20291353.jpg




f0160480_20293445.jpg

ビナンカズラの実も今盛り
この間書いていた蓮用の瓶を物色に帰りに教えられた古道具屋に行ってみた。
まず大きさと深さが合うことと、うちの庭に置いて目立ちすぎず馴染むようなものがいいと思っていたので、それさえクリアーしていればあまりこだわりたくはなかった。こだわることに疲れるというのか、
どこにエネルギーを費やすかは全体のバランスを考えなくてはと思っている。
f0160480_20342119.jpg

蓮なので日の当たるところでなくてはならず、置ける場所は限られてくる。
そのビナンカズラの下に。
不思議なもので、こんな何ということはない瓶で、それだけでは大して魅力は感じないのだけれど、
生き物が入ると器も命を吹き返すような気がする。
左隣には葉の広く大きめのアジサイを植えて。そのうちそれも大きくなり瓶にかかるようだといいな。
でも、どうなってほしいと言葉で言っても実のところそう強く思ってはいない。
植物もいろいろなことも大体そうはならないことを知っているから。
それはそれでいいなぁ。


f0160480_20363664.jpg

家から見て

今はいろんな葉が黄色になり褐色になり薄くなりですごく好きな季節
右上のサラサドウダンツツジは屋根の雪を受けてかなり斜めに伸びているのだった。
もう少し立てた方がいいかな?
また豪雪を受けたら地面に着いちゃうかしら?
[PR]
by sakillus | 2017-11-17 20:44 | 山野草 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/28608603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kusuo522 at 2017-11-20 16:01
ご無沙汰しております。
庭が、落ち付いてきましたね。

我が家も、ようやく草刈が終わって、これから、猛烈に増える植え込みの雑草や、木の剪定など、まだまだやることが山とあります。

年を取ると芽吹きの春もいいけれど、落ち着く初冬もすきです。sakiさんと違って、下手なので、いい写真が撮れませんが、またぼつぼつ・・・
Commented by sakillus at 2017-11-20 22:21
kusuoさん、こちらこそご無沙汰しております。

そうですね、この時期は多くの人は淋しくなると感じるかもしれないけれど、私は少しほっとするところもありますし、静かな冬とその後の芽吹きとやはり一年中好きですね。
放っておくと増えるものはひたすら増えてしまうので思い切ってカットするとか抑制させるなどの作業もしたいところですが、なかなか時間が取れません。

kusoさんも落ち着く冬はお好きなのですね。私もです。
骨格だけが残るような、しかし、次に出る力を内包している、それがはっきりと感じられる冬が好きです。

あ、お父さまのノート(の記事)拝見しました。謎解きのような面白さが感じられます。kusuoさんにとっては自分の分身の一部のような感触もあるのでしょうか。私は自分の父のことをあまり分かってなかったというのか、話し足りない気がして残念です。

Commented by すみごん at 2017-11-22 11:32 x
先日はお忙しいところを失礼いたしました・・・

菊、いいですね。年々菊が好きになってきたのは、やはり年齢のせいでしょうかねー(^^;)
冷たい大気と菊の香りって、とてもよく似合うような気がしています。

蓮の瓶、素朴でいい感じですね。
あまりこだわりすぎると疲れる、っていうのよく分かるような気がします。
で、こだわり通したはずなのに結果的にあれ?ってなることもあり、適当に選んだものの方がしっくりくることもありで。
私は何事においてもけっこうこだわりを通したい方なんですが、失敗もずいぶんしました・・・(T.T)
適度に力を抜くっていうのも案外むずかしいものですが、疲れを感じはじめたらそれ以上追求しないほうがいいと思うようになりました、とさ!
Commented by iroha8788 at 2017-11-22 16:33
こんばんは。
菊がとってもいい感じでさすがsakiさんです。
実はうちにもご近所さんからいただいたり前の方が植えていたのが頑張って残ってくれていた菊が5種類も。
特に何もしていないのですが、毎年良く咲いてくれるので何とかしないとなと思い始めております。
だんだん収集がつかなくならないようにしないとなと。いい土ではないのにたくましさがすごいんです。
苔。そして陽だまり・・・ハナちゃん、どこまであがったかなぁって思ってしまいました(すみません)。

こちらすっかり冬に突入し積雪しはじめてこのまま春まで根雪になってくるのか?と思っているところへ雨・・・明日の朝が怖いーという。
何度も何度も何事も経験と言い聞かせている夕刻でありました。
Commented by sakillus at 2017-11-23 01:17
すみごんさん、いえ、こちらこそバタバタしていてすみません。
そうですねぇ、菊も紫陽花もそうですが、花としてもいいなぁ、好きだなぁと思いますし、たくさんありすぎても負担にならないところがいいですね。薔薇だといろいろ気にかかることもありで....

こだわりすぎると疲れるって、そうなんですよ。これなんかそんなにすごく気に入ってるわけではないのだけれど、15000円が言われたように値下げできます?って聞いたら10000円になって、あぁ、それならいいなぁ、また、庭が育てる、植物が育てる(鉢を)というのもあるんじゃないかと思いました。こだわるにはお金もエネルギーも必要で、それなら他に費やしたほうがいいって。我欲の分野ですしね。

言い忘れましたが、すみごんさんの塩沢の小さなマス目の模様、あれ、縫い合わせた所可能な限り合わせたんですよ。そういう所にはこだわりたい!袖付けだけ直線と斜め線の合わせになるので肩山しか合いませんが。

>疲れを感じ始めたらそれ以上追求しないほうがいい
そういうことですよね〜、大人だわぁ。笑
Commented by sakillus at 2017-11-23 01:40
葉花さん、そちらはもうしっかり一面の銀世界ですね〜!
菊って本当に丈夫ですよね。うちでは増えすぎちゃうので、そこそこ抜いてます。

柔らかな陽だまり、、ハナはよくいましたね。今日はやっとコタツを出したのですが、ハナはコタツが好きだったな、布団をあけてとよく泣いていたなぁと思い出しました。
もうだいぶ遠くに行ったのでしょうね。でも、近くにいるような気もします。

北国では冬の楽しみがいろいろありますね。際立った土地には大変さもつきものでしょうが、北の紅葉の美しさはこちらでは真似できませんし。

今夜はこちらも雨が降りました。まだ雪になるにはしばし時がいるでしょうけれど、タイヤも12月になったら変えようっと。アイスバーンは怖いですね!
<< 椿 紅妙蓮寺 Ship >>