「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

<< 避暑地になれるか? 模様替え >>
茎 (ステム)

まだテレビを観ていた頃でも、歌番組を観るということはほとんどなかったのだが、たまたまついていたとか、チャンネルを変える時にひっかかったぐらいのことだとおもう。
椎名林檎は嫌いではなかった。その時飛び込んできた歌は「茎(ステム)」というものだった。
それがどんな歌詞でどんなことが歌われているのかはほとんどわからなかったが、なにかとても切実な感じがした。
わたしは視覚的な情報よりも聴覚的な情報に反応するタイプだとおもう。どちらかといえば、だが。
花をうたうひとはたくさんいると思うが、茎だなんて・・・そんなことをうたうひとを嫌いにはなれないなぁ。

それもいつしか忘却の彼方にしずむ。

You Tubeで捜し物をしていたとき、突然椎名林檎が乱入してきた。
記憶が蘇り、ついでだから「茎(ステム)」聴いておこうかなという気になる。
この曲は日本語盤と英語盤があることをこの時に知る。

日本語盤を聴いてわかったことだが、その茎とはなんと仙人草(クレマチス)のことだった。

f0160480_0901.jpg

ビチセラ ルブラ

そのはかなさ、たよりなさは夏の薔薇にも通じるものがあるように感じた。
それは茎の、ということではなく、花姿のということであるが。

f0160480_0121288.jpg
f0160480_0204940.jpg


f0160480_0152121.jpg
f0160480_0232529.jpg


夏の薔薇にはとまどいがある。
そのとまどいは薔薇のとまどいなのか、わたしのとまどいなのかわからない。
咲いて良いのかわるいのかわからない。
良い、わるいではなく、ある種の薔薇はそのように繰り返し咲く性(さが)をもっているにすぎないのだが・・・

夏の薔薇など、咲いてもとるに足らないものと高をくくってみても・・・
それを覆すだけの輝きがあった。
誰の何のためでもない。本能に依って咲いている。
それだのに咲いては翌日か翌々日にはハラリと堕ちる。
暑い太陽を身に受け崩れずにはいられない。
その時まで全身全霊で咲いている。

f0160480_0271397.jpg
f0160480_0303236.jpg



椎名林檎 「茎(ステム)」のサビの部分のみ抜粋

  
   喩へ蒔いても育っても仙人草(クレマチス)
   咲いても強く色付かうとも
   瞬時に黙って堕ちて逝きます
   如何して 何故 哀しくなったの
   現実の夢

f0160480_0312770.jpg


   斯くてないては 惑っては生りませぬ
   立ったら強く進まなくては
   やっと呼吸に成ってきました
   如何して 何故 うなされているの
   現実が夢

f0160480_0361354.jpg


   今日からは生えても芽吹いても仙人草(クレマチス)
   咲いても悦び過ぎないから
   大事な生命 壱ツだけ
   だうか持って行かれませぬ様に
   ないたり 惑ったり致しませぬ
   立ったら弐度と倒れないから
   何も要らないただ壱ツだけ
   だうか 誰か 鳴呼


f0160480_0391247.jpg

イントリカータ ボタニッシュアート

f0160480_0405014.jpg


椎名林檎の「茎(ステム)」はここ。英語盤です。おもいきりB級映画のようです。


f0160480_0432850.jpg

[PR]
by sakillus | 2008-07-19 23:11 | 植物 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://bacillussa.exblog.jp/tb/8659305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クミン at 2008-07-21 11:31 x
sakiさんちのバラ、十分キレイです!
夕立があると仰っていたので、バラも気持ち良さそうです。
しかし当地は酷暑の気候の中、しかもすっかり放置してしまっていたので、今朝思い切って枝を切りました。
中には地面につくように枝を伸ばして、自分で『とり木』しようとしているのも居て、笑ってしまいました。
人間が見るとよろしくない様態でも、バラはしたたかですね~^^
それからクレマチスもどっさり咲いてすごい~。
ウチではインテグリフォリアとビチセラがたったの!1輪ずつ、咲いています。
しかも、色は抜け気味(笑)。

それから、チングルマお世話になります。
葉っぱがいっぱい出ているだけでも感動です。
でも、お花が咲いたら素敵ですね~。
それに実がまた可愛いんですよ!
(友達の山女さんに画像を見せてもらいました。)
・・・と、人の欲は膨らみます(笑)。
Commented by ぴぴん at 2008-07-21 11:32 x
おお。椎名林檎。
昔銀座のYAMAHAで、看護師姿だか包帯だらけだかで歌う、DVDを見たきりでした。
歌詞を読んで、大正デカダンだなと思って、
YOU TUBEを見たら大正デカダンだったので「はは〜 やっぱり」と思いました。
時々小節が回るのが面白いです。

嫌いじゃないというか、結構通じる世界なのですが、
「いつまでもここに居ちゃあかんな」とも思います。
二十代でも妖怪じみてるけど、六十代だったら完全に妖怪だし。

Commented by sakillus at 2008-07-21 18:30
クミンさん、こんばんは。

けっこう今年は夏薔薇、がんばっていますね〜。
九州はたいへんそうですね。うちでも2,3日放置しているとすごい状態になりそうなので
毎日見回ってはいますが・・・この頃虫が多いですね!

自分で『とり木』あはは〜、おかしいですね。這い性のものはしらずしらずのうちに静かに繁殖してますよね〜。うちもモスカータがおそろしいことになりそうなので、今日は支柱を立てて、這う→立つ、になってもらいました〜。

クレマチスもことしは景気がよいですね。今本文にも名前を入れましたが、株が充実してきたんだとおもいますよ。クミンさんちのも徐々に「来る」とおもいますよ〜!

チングルマ、さっき、ネットでちょっと調べたらマッチ棒ほどの太さでも10年経っているとか!
このチングルマもそれなりに経っていたのでしょうか・・・。
花見たいですね〜!
実!あれ、オキナグサとかに似ていますね。
Commented by sakillus at 2008-07-21 18:38
ぴぴんさん、こんばんは。

看護婦姿は「本能」ですね。やたらガラスを割っていましたね。
最近のサッシは強くなってこうはいきませんね。(やってないけど)
この人うたにキレがあるとおもいます。
芝居じみたことを大まじめでやるひとって嫌いじゃないんですよね。
それに新宿のわい雑な匂いかな・・・
新宿はわたしにとっても若い頃のなつかしい街なので、、、ゴールデン街とか・・あはは・・・。

うまく成熟できるといいですね。
でも、できるんじゃないかなと、おもいます。あんまり根拠はないけれど。
Commented by すみごん at 2008-07-21 21:58 x
こんばんは。
椎名林檎の「本能」、好きです。
思わず聞いてしまいました(^.^;)
ちょっと正体がわからない人ではありますが、才能ある人だと思いますね。
化けるにしても、ただの化け物にはならなそう。
キレがある、という感覚、よくわかるような気がします。
Commented by sakillus at 2008-07-21 23:31
すみごんさん、こんばんは。

今日荷物が到着しました!どうもありがとうございました。
それにあの袋、うれしかったです。

すみごんさんも椎名林檎に才能を感じましたか?
わたしもあるとおもいました。
言葉の使い方とか、メロディの情感、意外性とか。
それと、本人正直なひとなんじゃないかなぁとおもいます。
松田聖子みたいに路線を継続させるのではなくて、その年齢なりのキレの出し方ができるひとなのではないかなどと期待しています。
Commented by bm at 2008-07-21 23:53 x
はじめまして。bmです。

ソバナです。
そして、わたくしは椎名はすきではございません。

でも、彼女はレディオヘッドのファンに影響をうけているようで、レディオヘッドはティムバックリーに影響を受けているようですね。

ひとそれぞれ、心うごかされるものがちがう。

曲といい詩といいファッショナブルで、じつはものすごくバランスのよいところにわたくしは深さを感じませんね。
脳天に引き金をひかないタイプですね。ケケケ。

しかし、千人草はいいですね。
Commented by bm at 2008-07-21 23:54 x
訂正を ファンで です
Commented by sakillus at 2008-07-22 00:45
b mさん、ようこそ。

あぁ、ソバナでしたか。
そして、椎名は好きではなかったですか。それは残念です。
そういうことはよくあることですね。

わたしはレディオヘッドって聴いたことないんですよ。たぶん。90年代は特によくわからない。
ティムバックリーは私の知っている性格のわるいひとの好きな歌手ですね。
そのひとが先日持ってきてくれたCDはかなり良かったですよ。
昔は特にいいとおもわなかったんだけど。

仙人草ね。野にあふれるように咲きますね。
まぁ蜂に刺されないように気をつけてください。
Commented by ぴぴん at 2008-07-22 09:42 x
おっと!
「いつまでもここに居ちゃあかん」のは、林檎でなくて、わたしです。
Commented by sakillus at 2008-07-22 14:52
あら、ぴぴんさん、ぴぴんさんのことだとは全く思わなかったわ!
共通する部分があったとしてもそれはごく一部でしょう?
最初はワタシのことかなとおもったぐらいですよ。

いつまでもここに居ちゃあかんとおもうのはなんにしたって良いことだと思いますね。
わたし自身もそれがないと自分じゃなくなっちゃうようなことだから・・・
重たい体をせいぜい転がさないと。
この間久しぶりに体重計に乗ったら普段体重移動のあまりない人間なのですが、増えていてがっかり。一番筋肉のあった時代の体重にもどってしまいました。
これも気をつけないと!
ぴぴんさん、細くていいねぇ!
Commented by ぴぴん at 2008-07-22 18:00 x
そりゃあ100%じゃありませんが、その一部がどこに位置するかも問題だし、
「神は細部に宿る」とも言いますし。
何にしても若い頃の林檎パーセントは、今より高かったですね。

そういえば、わたしは母方実家が新宿で、ゴムゾーリで歌舞伎町歩いてました。
ゴールデン街のひとではありませんでしたが。

わたしは見た目ほど細くはないと思ってますが、
体重の移動で服を新調するのは、めんどうくさいですね。
階段を走って降りられなくなるし。
Commented by sakillus at 2008-07-22 22:24
ぴぴんさん、でも、体重移動はしているとおもいますし、それが残っていたとしてもそれはぴぴんさんの持ち味だとおもうし、あえてなくすこともない気がしますが・・・。
わたしだって林檎パーセントは10ぐらいはあるかも・・・戸などを蹴ったこともありますし。
でも、結局は自分が痛いんだわ。ははは・・・

お、新宿の女(ひと)でしたか!ゴムゾーリで歌舞伎町ですね。うふふ。
歌舞伎町を夜歩く時は、なるべく誰とも目をあわさず、ひっそり、すばやくが鉄則でした。

体重の移動で服を新調するのは避けたいですね。
<< 避暑地になれるか? 模様替え >>