ROSASOLIS

2017年 01月 31日 ( 1 )
復活LABO!餅つき大会
f0160480_23355661.jpg


「新年あけましておめでとうございます。これからもよろしくお願いします。」という友人の言葉で始まった。
その日は旧暦の元日だったのだ。それは、わたしの長年の友の、長いまどろみ期間を抜け、今後の活動への晴れ晴れしい幕開けの言葉でもあった。

f0160480_23364767.jpg


その人ケンジロウは主に鉄を使った造形をする人で、鉄という素材に眼を付ける、気付くというのも思えば深いものがあるのだが、鉄をやる人はドスンと重力が強いというのかただものではない人が多い気がする。といってもそう多くを知っているわけではないのだが。
彼に言わせれば、「鉄は地球の真ん中でドロドロになった状態で流動的にあるもので、鉄があるから磁気が生まれ、オーロラだってそのおかげで見えるんだから。」とのこと。

f0160480_2337245.jpg

   右がケンジロウ、左の方は、我が家を設計してくれたノグチさん


初めてであったのは高校3年の時で忘れもしない、本当に空気が渦を巻いていた、ように見えたのだから。それから、本当にいろいろなことを教えてくれて、
40年、おさななじみみたいなもんだから、というけれど、わたしは朋だと思っている。人が生きるとはどういうことか、根源的なことをハッとすることを言う人で、この人がいなければ、今のわたしはないと間違いなく言える。
長い間には心底むかつくこともあったが、師と呼んでもいいのだ。
生きることに、心から楽しめることにまっすぐで、それから、つくるものも
天の才を持っていた。

f0160480_2339267.jpg

f0160480_23392067.jpg


その彼がうつを煩って活動がゆるやかになり、借りていた工房も畳むことにした。道具類もけっこう知り合いにあげて、、あとで後悔していた。自宅の庭を工房のようにしていたが、狭いのでやれることも限られていただろう。
去年の今頃はまだそれほど調子がもどっていたようには見えなかった。
が、どういうわけか、いつだろう?初夏頃には元気になっていて、いままでにないアクティブさを発揮していた。笑
おぉ、やっと、やっと抜け出せたのか!?彼のことを好いて期待している人はけっこういるので静かに動向を見守っていたかもしれない。しかし、「うつ」は波があるのでどうか? が、去年はそれ以降快調に過ごしていたようだった。

f0160480_23395224.jpg

f0160480_2340685.jpg

f0160480_23402067.jpg


そして、一度離れた工房に再び戻って来た!今度はかつても一緒にやっていたやはり鉄のFujiiちゃんと、若くてたのもしい整備士、岳君と3人で運営する。そのうえ、この辺りは移住者が近年すごく増えているのだが、またたくまに関係が広まり彼を支える若い人が増えたことは大きかった。
やはり彼のひとを惹き付ける求心力は郡を抜いている。

LABOというのは彼が造形をやりだした初期の頃から名づけた名前なのだが、
この日はLABOの再起動オープン、正月餅つき大会だったのだ

f0160480_23405119.jpg

f0160480_2345435.jpg


新しい仲間、かねてからの仲間、三々五々30人ぐらい来たのではないだろうか。世の中は厳しいこと暗雲たれ込めることも多い、でも、そんな中だから楽しめ喜びを分かち合う大切さを供に持ちたい。
「こんな人いないからさ.でも、コツはね、あんまり甘やかさないことだよ。」古い仲間が新しい仲間に激励の言葉を送る。そうなんだよね、こんな人いないからとわたしも思う。

そして、ケンジロウのかねてからの悲願でもある「天然文明」へと歩みを進める。そこはひと言では語れない。人間と地球資源、宇宙とのかかわり、何をどう用いどう生きてゆくのか。(べつにあやしい宗教などではありません)

f0160480_23452894.jpg

f0160480_23455238.jpg

f0160480_23461618.jpg


ちなみに2月はミソづくりにさきだつ麹づくりから始める。
ここでかつて炭焼きをしていた方が残した炭焼き窯があるからそこで麹を仕込む。麹づくりには適度な温度と湿度が必要だからだ。

f0160480_2348852.jpg

f0160480_2348334.jpg

ガラス作家のタカハシさんはこんなプレゼントを!
 [ Holly LAbo KENJIro]

  
  ☆番外
f0160480_23463724.jpg

演奏もあってそれにのって悦に入りおどるみくり
f0160480_23473588.jpg

[PR]
by sakillus | 2017-01-31 23:56 | 人物 | Trackback | Comments(4)