ROSASOLIS

2017年 06月 18日 ( 1 )
瑞牆山に登るつもりが、、、1
f0160480_22264728.jpg

なんとなくクロユリ
f0160480_22285310.jpg

なんとなく富士紫ホタルブクロ

 ..............................................................................

瑞牆山のことを知ったのは今から25年ぐらい前で、そこに登ったことのある人から話を聞いたことがきっかけだった。
巨岩がぼこぼこある山でということで、岩大好きなわたしは北岳とともにいつかは登りたい山だった。
北岳のほうは岩山というわけではなく、夏になると花畑がきれいというのと、高村薫の「マークスの山」の影響かな?

瑞牆山にどうしても登りたい理由はもうひとつあって、それは順序立てると話が長くなるからきわめて短くいうと、この山は修験者の山であった(ある)ということと、ある方が冬でもひんぱんに登って自らの感受性を高め、自然からの声を聞いているというのがわかったからで、それは瑞牆山と言ってはいないけれど間違いなくそうだろう、わたしも感受性を高めたいと思ったからである。

しかし、山にひとりで登るのは危険である。わたしは携帯を持たない人間でもあるので何かあったら連絡つけられないから、誰かいっしょに行ってくれる人を捜す必要があった。

ブログでも書いたことがあったが、もちつきやったり味噌をいっしょにつくっている「LABO」はわたしにとってもとても重要な場であるが、集まりがあったときに、瑞牆山登山に同行してくれる人いないか聞いてみたところ、まずアメリカ人の若者、B.Wがいっしょに登りましょうと言ってくれた。
そのあと、名前も山に関係のあるガク君が登りたいと申し出てくれた。彼は親が山好きで小さい頃から強制的に連れて行かされたクチで。
娘たちも行きたいと言う。この時点でもかなりばらつきがある!笑
「小さい子のほうのペースに合せてもいいんだし、頂上めざさなくてもいいんだし。」とガク君。
彼は人間ができてる。彼にはひとつ目的があり、ヤマブドウの樹皮をとりたいのだった。
ナタの鞘をそれでつくりたいのだ。

ヤマブドウはカゴづくりにも利用されるたいへんうつくしく強い素材だが、樹からはがしやすいのは1年のうちの極限られた時期で、それが梅雨の時期2週間程度だという。

さて、それから山登りメンバーは徐々に増えてゆき、結局最初に声を挙げてくれたB、Wはアメリカに帰国し本来ならば帰って来ているはずがまだ帰って来れず行けなかったが、合計8人になった。

年齢も性別もいろいろで凸凹の珍道中なので、どういう行程にするか悩ましいところだったが、ガク君となんどか話をするうちに、彼を全面的に信用することができた。彼は、なにか困った局面ができた時にどうすればそこを突破できるかいつも考え行動している人だということがわかったから。

ガク君もB,W、他のメンバーもLABOには去年の秋頃から来るようになったのでまだ日は浅い、わたしも実のところまだ数回しか会ってはいなかったのだ。でも、ガク君から聞いていた山の話は、生死をかけた奇跡の生還を果たしたすごい話だったし、水晶取りのはなしもその直感的にものを見抜く眼にも驚嘆した。なにしろ他人の話も丁寧に聞くし、自分の話したいことを的確に表現できる能力、優しさや判断力、明るさは驚きだった。


f0160480_23583944.jpg

あのごつごつした岩山が瑞牆山だ!

とにかく最初はみずがき山自然公園の駐車場に止めてそこから遊歩道を歩くことにした。
[PR]
by sakillus | 2017-06-18 22:41 | 自然物 | Trackback | Comments(2)