ROSASOLIS

2017年 08月 29日 ( 1 )
タムラソウと白花タムラソウ
f0160480_120246.jpg

f0160480_128654.jpg

タムラソウ (学名:Serratula coronata subsp. insularis )は、キク科タムラソウ属の多年草。
丈夫で育てやすく毎年少しずつ株は大きくなるが、やたら増えすぎないところもよく、
おりこうさんやのぅと思います。大好きです。

この株は植えて3年目、今年はずいぶん花数が増えています。

毎年種を播く=実生で育てていますが、今年初花で白花が出現しました。
f0160480_1255993.jpg

これも良いですね!

タムラソウの白花はあるのかと検索してみたところ、数は少ないもののあるようです。(ちょっと残念、笑)
実生っておもしろい。だいたい、今回の例だと5〜8%ぐらいの確立で白花が出ました。
白の遺伝子も持っていたのですね。

花の形はアザミに似ています。でも、葉を見れば一目瞭然!

f0160480_1314439.jpg

アザミ これもキク科です。
そういえば、これも実生ですが、花色が違っていますね。

アザミにも白花があります。わたしの例では、白花の種を播いて濃い色が生まれたことはありません。また、紫系の花の種からもいまのところ白花は出現していません。でも、いつか生まれるかもしれませんね。


f0160480_1345358.jpg

名称不明のギボウシ 軽く斑のある葉は細身で中型ぐらい

 ..............................................................................

今週はなんとなく音楽入り


[PR]
by sakillus | 2017-08-29 01:38 | 植物 | Trackback | Comments(2)