ROSASOLIS

2017年 11月 05日 ( 1 )
瑞牆山登山
長かった10月の雨も終わり穏やかな晴れ間の先日、念願の瑞牆山、今度はちゃんと登山をしてきた。^^。
低地では今年は夏の終わりから雨が降り続いたためあまり綺麗な紅葉は望めないかもしれないが、さすが標高もある程度高くなると少々の悪天候もなんのその、増富温泉に近づいたあたりから爽やかな紅葉が広がっている。
f0160480_0165474.jpg

ここは瑞牆山にもうすぐという地点
f0160480_017456.jpg

美しい沢を見ながらのドライブ 

瑞牆山荘からすぐのところに駐車場があり、9時ぐらいになってしまったので、平日ではありながら既に満杯に近い状況だった。

いざ進まん!久しぶりの、う〜ん、何年ぶりか思い出せないぐらいの久しぶりの登山なので正直自信なし。
f0160480_0223043.jpg

アップダウンのあまりない林とか森ってどこにあるの?という皆様、ここにありました。
導入部はとても美しく爽やかな落葉樹林帯、この山裾はまばらなのねぇ、とてもいい感じ。

登山道は全体としては赤の印、テープもしっかりしているし、迷いそうなところ、入ってはいけないところにはロープが張ってあったりしていてとても親切だ。この登山道入口あたりだけは目印がなく広いので、どっち?と思うけれど、踏み跡があるのでそれを手がかりに進むとやがて道ははっきりしてくる。
まだこの辺りはきつい登りではなく快適だ。

f0160480_0332644.jpg

20~25分ぐらい登ったところ、瑞牆山の全容が突然見える。ここはベンチもありしばし眺める。
本当にあのてっぺんに行けるのだろうか???

富士見平小屋を過ぎると日の射さない道が続き、
f0160480_0414136.jpg

天鳥川という細い川を越えると、
f0160480_0421599.jpg

桃太郎岩という巨大な岩にたどり着く。
右に小さな階段があるので、岩の大きさがわかるかな?

さて、いよいよここからが岩登りの急登なのだった。
f0160480_0444777.jpg

f0160480_0451047.jpg

アズマシャクナゲが有名な山で、この辺り標高的には2000m前後だと思うのだけれど、
結構高いところに生えているんだね。シャクナゲとしては大木になっている。
そして私は結構疲れている。。。

この日は登山客も適度にちらほらいて、すでに下山者もいる。山で会う人は大概優しく声をかけてくれる。
f0160480_052674.jpg

f0160480_0543223.jpg

この大きな岩が大ヤスリ岩か!

ここを過ぎるとますます急登になる。
よじ登る、よじ登る、どうやって登ればいいのか悩むところもあり。
よほど大変なところは鎖が付いているのでなんとかギリギリ登れる。腕力で体を持ち上げるのだが、
自分の体重を呪う。笑
クサリ場は4つぐらいあったかな?アスレチック好きにはたまらないかも。

下山して来る人が皆頂上の景色を讃え励ましてくれる。
岩をよじ登る時も木の根っこの頑丈さに支えられたりして、丈夫なのだなぁと感心する。
登山靴やストックにも感謝!

頂上に期待しながらきつさを耐えるのもいいものだ。その素晴らしい景色があるから、ほら!
感動的な大パノラマ!!!
f0160480_123897.jpg

頂上から南アルプスが後方に見える
f0160480_131427.jpg

富士山が裾野を広げて。上の方がすでに雪
f0160480_142234.jpg

さっきの大ヤスリ岩を見て。この写真では見えないけれど、クライマーが一人いたのだった!
f0160480_11548.jpg

頂上は断崖絶壁、落ちたらやばいです。
f0160480_1643.jpg

金峰山は頂上に岩が積み上げられている不思議な山
f0160480_165249.jpg

これは大日岩でいいのだろうか? ちょっと不明
f0160480_173481.jpg

これは弘法岩というらしい、うまく積み上げられている。
f0160480_182795.jpg

八ヶ岳
f0160480_1282976.jpg

本当に素晴らしい景色......胸に染み入る。忘れられない。これは自分にとってすごく大事な体験だと感じた。

この日は風もなく気温的にはちょうど良かった。
ずっと頂上にいたい気分だったけれど、この時期日暮れは早い、あの岩を下るとなると油断はできないので余裕を持って下るためにはあまりのんびりしているわけにはいかなかった。
登りのペースは自分としてはこんなものかなぁぐらいだったけれど、
下りでは思ったより時間がかかってしまった。
足もヨロヨロしたりして、やはり段差の大きさがね。足をくじいたり捻挫したり、まして骨折などしたら大変なので慎重に、慎重に。
やはり年齢もあるのか、久しぶりなのか下りがつまづいたなぁ。
でも、苔が綺麗だった。笑

とにかく無事に下山できて良かった。そのあとは日帰り温泉、増富の湯にかけこんだのだった。♪
[PR]
by sakillus | 2017-11-05 01:09 | 自然物 | Trackback | Comments(2)