ROSASOLIS

瑞牆山に登るつもりが、、、2
f0160480_23351565.jpg

瑞牆山は山梨県と埼玉県の県境に接していて、もう少し北上すれば長野県にもなるという位置にある。
奥秩父の金峰山とも近くで、この一帯の山は瑞牆山に限らず巨岩によってできている山が多いということがあとからもわかった。

上の山も瑞牆山の一部と思われる。主峰は2230mなのだが、こちらは2062mのほうと思われる。

f0160480_23423391.jpg

虫かごもってみくりじゃ〜んぷ!

みずがき山自然公園は芝生の広場が広がっており昆虫好きのミクリは歓声をあげながら虫をおっかけている。

f0160480_23472396.jpg

遊歩道に入ると程よい密度の樹林帯、木もれ日が心地よい。
シラカバやツガ、シラビソ、クヌギ、カシワ、カラマツ、さまざまな樹木が生えていて落葉樹と針葉樹のバランスもいい。アズマシャクナゲも有名で残念ながら花期には少し遅かった。


ヤマブドウは実はわたしは庭で栽培していたこともあった。ヤマブドウを食してみたかったし。
が、生育の良さと葉の大きさにおののき、フェンスに這わせていたのだが、無理な感じがして抜いてしまったのだった。

あらためてネットで葉の形を確認もしてみた。葉の軸に赤みのあるのが特徴で、もしかすると花(花序)の時期も近かったから見ることもできるかと思ったのだが。

道中道すがらもあれがヤマブドウではないかと思われるものにも出会えたので期待感はあった。

f0160480_0131933.jpg

LABOの代表者である友人(本日欠席)の息子のハガネ君は何かを見つけるのが得意
これは木片が炭化しているように思えるものを発見したところ

ハガネ君は、一日目はヤマブドウ採集で2日目は水晶採集なんだと思っていたらしい。
違うのよ、違うのよ、登るの、それが第一目的なんだから。

遊歩道にはいってほんの100~200mぐらいのところで、あれはヤマブドウじゃないか?の声

樹林帯の中では下のほうにはそれほど光が射すわけではなく、それかと思えるつるは上のほうに樹間から光を求めて葉が出ているのが見える。
ヤマブドウの樹皮は荒くボソボソしていて、実際カゴなどに使われるものは外側の皮ではなく内側の皮だ。
どうやらさっそく出会えたらしい!

f0160480_0285421.jpg

ヤマブドウの外側の樹皮は簡単にはがれる。
これをはいだあと、縦に切り込みを入れると今の時期なら容易に採れる(はがれる)ようだ。
f0160480_034366.jpg

はいだ内皮を丸めているところ

そんなこんなでヤマブドウの葉の感じがわかると、みんな懸命に見つけてる。笑
いつも自作の着物姿のふぅちゃんは山でもきものなんだけれど、木に登って降りる時にズボンが裂けた。だが、針と糸とかはさみもいつも持参しているらしく、繕ってる!

人数多いといろいろあるよね。


通奏低音のように鳴くカエルの声、セミの声、鳥の声、森林をまさに浴びて心地よい
f0160480_0424213.jpg

花はあまり見られなかったけれど、クリンソウ
f0160480_0432026.jpg

マムシグサでOK?

ヤマブドウはここらではけっこうあることがわかり、そこそこ採集もできた。
遊歩道の終わりまで来たところで、行き止まりになっている!

  が〜ん


曇ってきてやや雨も降ってきた。登山道にもつながるはずなんだけど、これからがんばるのは無理だろうと思った。

わたしのラブリーな巨岩が遠のく〜。涙
まぁいいさ、みんなが満足しているのだから。(負け惜しみではなくね)


ということで遊歩道を駐車場まで戻り翌日のための対策を練ることにした。
テント泊することになっていたので、わたしは、仕事のことや猫のこともろもろあり、ふつうなら断ったかもしれないけれど、今回はLABOに集まる人々にとってもすごく良い機会だったということをいろいろ詳しい事情なども聞き、せっかくだからわたしも1泊することにした。


   つづく
[PR]
# by sakillus | 2017-06-22 00:54 | 自然物 | Trackback | Comments(4)
瑞牆山に登るつもりが、、、1
f0160480_22264728.jpg

なんとなくクロユリ
f0160480_22285310.jpg

なんとなく富士紫ホタルブクロ

 ..............................................................................

瑞牆山のことを知ったのは今から25年ぐらい前で、そこに登ったことのある人から話を聞いたことがきっかけだった。
巨岩がぼこぼこある山でということで、岩大好きなわたしは北岳とともにいつかは登りたい山だった。
北岳のほうは岩山というわけではなく、夏になると花畑がきれいというのと、高村薫の「マークスの山」の影響かな?

瑞牆山にどうしても登りたい理由はもうひとつあって、それは順序立てると話が長くなるからきわめて短くいうと、この山は修験者の山であった(ある)ということと、ある方が冬でもひんぱんに登って自らの感受性を高め、自然からの声を聞いているというのがわかったからで、それは瑞牆山と言ってはいないけれど間違いなくそうだろう、わたしも感受性を高めたいと思ったからである。

しかし、山にひとりで登るのは危険である。わたしは携帯を持たない人間でもあるので何かあったら連絡つけられないから、誰かいっしょに行ってくれる人を捜す必要があった。

ブログでも書いたことがあったが、もちつきやったり味噌をいっしょにつくっている「LABO」はわたしにとってもとても重要な場であるが、集まりがあったときに、瑞牆山登山に同行してくれる人いないか聞いてみたところ、まずアメリカ人の若者、B.Wがいっしょに登りましょうと言ってくれた。
そのあと、名前も山に関係のあるガク君が登りたいと申し出てくれた。彼は親が山好きで小さい頃から強制的に連れて行かされたクチで。
娘たちも行きたいと言う。この時点でもかなりばらつきがある!笑
「小さい子のほうのペースに合せてもいいんだし、頂上めざさなくてもいいんだし。」とガク君。
彼は人間ができてる。彼にはひとつ目的があり、ヤマブドウの樹皮をとりたいのだった。
ナタの鞘をそれでつくりたいのだ。

ヤマブドウはカゴづくりにも利用されるたいへんうつくしく強い素材だが、樹からはがしやすいのは1年のうちの極限られた時期で、それが梅雨の時期2週間程度だという。

さて、それから山登りメンバーは徐々に増えてゆき、結局最初に声を挙げてくれたB、Wはアメリカに帰国し本来ならば帰って来ているはずがまだ帰って来れず行けなかったが、合計8人になった。

年齢も性別もいろいろで凸凹の珍道中なので、どういう行程にするか悩ましいところだったが、ガク君となんどか話をするうちに、彼を全面的に信用することができた。彼は、なにか困った局面ができた時にどうすればそこを突破できるかいつも考え行動している人だということがわかったから。

ガク君もB,W、他のメンバーもLABOには去年の秋頃から来るようになったのでまだ日は浅い、わたしも実のところまだ数回しか会ってはいなかったのだ。でも、ガク君から聞いていた山の話は、生死をかけた奇跡の生還を果たしたすごい話だったし、水晶取りのはなしもその直感的にものを見抜く眼にも驚嘆した。なにしろ他人の話も丁寧に聞くし、自分の話したいことを的確に表現できる能力、優しさや判断力、明るさは驚きだった。


f0160480_23583944.jpg

あのごつごつした岩山が瑞牆山だ!

とにかく最初はみずがき山自然公園の駐車場に止めてそこから遊歩道を歩くことにした。
[PR]
# by sakillus | 2017-06-18 22:41 | 自然物 | Trackback | Comments(2)
Gloire des jardins
f0160480_2303477.jpg


薔薇もちらほら残ってはいるものの、ほぼ終えた今、季節はアジサイに移動。
今年は本当に雨が少ないですね。水不足が心配。
晴れてかぁ〜っと暑い日もあれば今日はまた厚着が必要なほどの涼しさです。

なんとなく更新もままならぬ日々ですが、この薔薇は Gloir de jardin ガリカです。
Jacques-Louis Descemet 作出  (France, before 1815).古い薔薇ですね。

去年買ってみました。
紫にブルーイングする様が美しいです。
ガリカにはありがちですが、花持ちはあまりよくないです。

緑濃い中にぽつんと植えた感じは良いな。

f0160480_2361319.jpg

f0160480_2363224.jpg

f0160480_236492.jpg


f0160480_0281211.jpg

ハナは目とか耳の機能はほとんどなくなり、鼻もぐずぐずで、食べ物の匂いもすこしかぐのがたいへんになりましたが、なんとか生きています。

最近はチロが時々寄り添っています。

f0160480_033537.jpg


f0160480_23205223.jpg

[PR]
# by sakillus | 2017-06-13 23:07 | Trackback | Comments(2)
忖度しない人 前川喜平 退任前に全職員へ宛てたメール
f0160480_00519.jpg

北側の庭の草を抜き、増えすぎるクサソテツも抜き、ヤグルマソウ(銅葉なのだけれど、ほとんど緑葉)を植えたら気分が良い。


  ................................................................................................

今国家では、これからの日本のあり方を揺るがす「共謀罪」の審議が参院で行われています。また、森友、加計学園ともに新たな学校を新設するにあたって、きわめて恣意的で不正な工作が行われ、そのことが日に日に明るみに出ています。

今や時の人となった前文科省事務次官前川喜平氏は政府がどうにかして彼をおとしめようと躍起になったが、結果は彼の誠実な人となりが逆に清涼剤のように人々を勇気づけ感動さえ与えています。


朝日新聞 DIGITAL に載っていたとのことなので、お読みになった方もおられるでしょう。前川氏が今年1月に事務次官を退職するにあたって2000人の部下にあてたメールがあります。少々長いですが引用します。

「「気は優しくて力持ちの文科省に」

本日、私は大臣から辞職を承認する辞令を頂戴しました。

 文部科学省の皆さんが元気いっぱい仕事に打ち込めるようリードすべき立場の私が、このような形で退職することは、誠に残念であり申し訳なく思っています。



 国家公務員法が定める再就職規制を遵守(じゅんしゅ)できなかったことは事実であり、文部科学省として深く反省し、しっかりと再発防止措置をとる必要があります。

 私を反面教師として、二度とこのようなことが起こらないよう、職員の皆さんは遵法意識を徹底し国民の信頼回復に努めてください。

 しかし皆さん、動揺したり意気消沈したりしている暇はありません。

 一日たりともおろそかにできない大事な仕事があるからです。

 文部科学省の任務は極めて重要です。私が考える文部科学省の任務とは、教育・文化・スポーツ・科学技術・学術の振興を通じて、誰もが明るく楽しくしあわせに人生を全うできる社会をつくること、未知なるものに挑戦し限界を克服し輝く未来へと前進すること、さらには自由で平等で平和で民主的で文化的な国をつくり世界の平和と人類の福祉に貢献することです。

 

そして、私が考える文部科学省職員の仕事は、子どもたち、教師、研究者、技術者、芸術家、アスリートなど、それぞれの現場でがんばっている人たちを助け、励まし、支えていくことです。

 特に、弱い立場、つらい境遇にある人たちに手を差し伸べることは、行政官の第一の使命だと思います。



 その意味でも、文部科学省での最後の日々において、給付型奨学金制度の実現の見通しがついたこと、発達障害や外国人の児童生徒のための教職員定数改善に道筋がついたこと、教育機会確保法が成立し不登校児童生徒の学校外での学習の支援や義務教育未修了者・中学校形式卒業者などのための就学機会の整備が本格的に始まることは、私にとって大きな喜びです。

 
一方で、もんじゅの廃炉と今後の高速炉開発に向けた取り組み、文化庁の機能強化と京都への移転、高大接続改革の円滑な実施など、数々の困難な課題を残して去ることはとても心残りです。

 あとは皆さんで力を合わせてがんばってください。

 

そして皆さん、仕事を通じて自分自身を生かしてください。職場を自己実現の場としてください。初代文部大臣森有礼の「自警」の表現を借りて言うなら「いよいよ謀りいよいよ進めついにもってその職に生きるの精神覚悟あるを要す」です。

 森有礼は「その職に死するの精神覚悟」と言ったのですが、死んでしまってはいけません。人を生かし、自分を生かし、みんなが生き生きと働く職場をつくっていってください。



 ひとつお願いがあります。私たちの職場にも少なからずいるであろうLGBTの当事者、セクシュアル・マイノリティの人たちへの理解と支援です。無理解や偏見にさらされているLGBT当事者の方々の息苦しさを、少しでも和らげられるよう願っています。

 そして、セクシュアル・マイノリティに限らず、様々なタイプの少数者の尊厳が重んじられ、多様性が尊重される社会を目指してほしいと思います。

 
気は優しくて力持ち、そんな文部科学省をつくっていってください。

 いろいろ書いているうちに長くなってしまいました。最後まで読んでくれてありがとう。

 それでは皆さんさようなら。

 2017年1月20日 前川喜平

」


これを読みわたしも胸が熱くなり感動を覚えたひとりです。
正義感が強く誠実で愛情が感じられる、こんな官僚が日本にいたことは驚きでした。

前川氏は小泉内閣の時も、小泉内閣の進める三位一体改革による「地方交付税交付金の大幅削減」と闘っていました。(当時は文部科学省初等中等教育企画課長だった)。ブログ「「奇兵隊、前へ!」

今問題となっている加計学園獣医学部設置についても、菅官房長官は、無用に感情的になり、個人攻撃を加え、さらに、「だったら在任中に反対していればいいじゃないですか」とまるで前川氏がまったく在任中に反対していなかったような印象操作をしていますが、そうではありません。
前川氏は数々の圧力にもかかわらず、通すべきステップを踏んで、閣議決定され決定した、設置のための「四条件」に合致しているかどうか検討し、合致していないといけないと抵抗していました。彼だけではなく、文科省だけは唯一筋を通していたと言います。

メールでは具体的で丁寧に後輩への思いを綴られていますが、とりわけわたしが感動したのは、「仕事を通じて自分自身を生かしてください。」「森有礼は「その職に死するの精神覚悟」と言ったのですが、死んでしまってはいけません。人を生かし、自分を生かし、みんなが生き生きと働く職場をつくっていってください。」というところです。

暖かいですね、愛情が感じられるし、このようなことをお別れの挨拶に言える人はなかなかいないんじゃないかと思います。

小泉内閣以来労働は合理性が重要視され、労働者の環境は悪くなる一方です。賃金の実質低下、長時間労働、使い捨て、何のための、誰のための労働なのか、自分自身の身を削って低賃金で働かざるを得なくなっています。これ以上の低下には耐えられないだろうというところまできているかもしれません。労働とはなにか、自分を生かし、ひいては他をも生かすとは?

出会い系バーで親しく話をきいていた女性の告白や、退職後のボランティア活動でもあきらかになったように、前川氏はどんな状況でも相手に対し親身に接していたのだろうなぁと思います。前川氏個人をヨイショしたいからというわけではなく、彼のやった勇気ある行動は、人としてのまっとうさを我々に突きつけてくれただけではなく、政治家と官僚のアンバランスな関係、いかにも不公平な政治のあり方を変えるきっかけになるかもしれない重要な行動でした。

今国会では「共謀罪」というどうにもならない法案の決議が控えているため、国民がこのような最高レベルの独裁の仕業を注視しなければいけないのはいうまでもなく、前川氏のようなきちんと国民の利益に忠実な官僚もいたし、今でもきっといるだろうことに我々も勇気をいただきつつ、わたしたちみながいきいきと生きられる場を、国をつくっていきたいと思うのであります。



f0160480_025487.jpg

f0160480_035819.jpg

[PR]
# by sakillus | 2017-06-06 00:04 | 世界、社会 | Trackback | Comments(2)
Amelia
f0160480_2083441.jpg

Amelia アルバです。
咲き始めはこのように濃いピンクで咲き、
f0160480_2094611.jpg

その後は、淡くなってゆきます。
枝は弓なりにしなるシュラブ型ですが、花が咲くと重さでじわっと下に垂れるので
慌てて支柱を立てました。鉢で育てています。

香りは濃厚で良い香り、花径は個体差がありますが、大きいものだと10cmぐらいになり見応えがあります。花の大きさは大きいもの、中ぐらいのもの、小さいもの、それぞれ好きですが、庭でのバランスなので、時にこれぐらい大きいのもあってよいものです。

花もちがよく、今年はこの薔薇にずいぶん癒されました。
f0160480_20154819.jpg

f0160480_2016052.jpg

f0160480_20161594.jpg


この薔薇も、大好きな作出者  Jean-Pierre Vibert の作出です。
1823年 もう200年近く前なんですね。


  ......................................................................................

f0160480_2021263.jpg

シャクヤク 村娘 鮮やかな色をしています。
名前がイマイチなので、わたしは、スカーレットと呼んでいます。笑

f0160480_2021035.jpg

なかなかいい感じです。

f0160480_20225024.jpg

こちらは名称不明のシャクヤク

f0160480_20243729.jpg

f0160480_2025782.jpg

八房ムシャリンドウ 基本種のように枝が伸びない、花の感じも違う新しいタイプのムシャリンドウ。
なかなか愛らしいです。

f0160480_20263794.jpg

モミジカラマツソウ
地味ではありながらいい味を出しています。こうやって鉢栽培にするとさりげなく楚々とした感じがあらわれていいですね。

f0160480_2028480.jpg

Stanwel Perpetual
スタンウェルもそれなりに大きくなりました。
[PR]
# by sakillus | 2017-05-29 20:29 | 薔薇 | Trackback | Comments(2)
Madame Zöetmans
f0160480_1111420.jpg


この3日間は夏のように暑かったですね。鉢ものの水の乾きは早く油断がならず、
その対応に追われていました。
ここに引っ越して来て8年もの歳月が流れています。
雑草の種類の変化もあり、やっぱり抜いていないから種がこぼれるのだわと、
体が4つあったらひとつは雑草抜くsakiでありたい。笑

f0160480_1153812.jpg

Madame Zöetmans が咲きました。
思えば結構前一度育てていたのですが枯らしてしまい、去年リベンジ新苗を買いました。
やっぱりいいなぁ〜〜
グリーンアイ・・・マダムアルディかこれかみたいなものですよね。
1846年以前 Marestの作出 
がんばって育てよう!

f0160480_1222596.jpg

Rock Hill Peach Tea
もう何年育てているかな?株もだいぶ大きくなりました。
よく咲くバラです。
f0160480_1254177.jpg

f0160480_1255458.jpg

カラフトイバラ
去年この辺りにあったロサ・マイカイがかみきりむしで枯れてしまったあと、我が天下とばかりいっそう繁殖しています。このあとどうなるのだろう?


f0160480_1281189.jpg

f0160480_1285414.jpg

f0160480_1294921.jpg

今年は本当にすばらしかった アマギシャクナゲ
神々しいぐらい
f0160480_1322613.jpg



f0160480_1331844.jpg

f0160480_1365411.jpg

これは 十六夜 というシャクナゲです。
白山八重 × 京丸八重の交配で誕生した完全八重咲き品種でたいへんうつくしくポワ〜ンとなってしまいます。
f0160480_1371275.jpg

さらに、退色しても美しいです。


f0160480_137476.jpg

Lord Penzance
なんといっても葉が魅力 エグランテリアのように香りがいいんです。
Hybrid Rubiginosaとなっていますが、忘れていたわ、Rosa Rubiginosa=Rosa eglanteriaだったわね。
香りが強いので葉に触れただけでも匂いがうつり幸せな気分になります。
花だってもちろんいい感じです。少し退色してからがいいなぁ

f0160480_1494380.jpg

[PR]
# by sakillus | 2017-05-23 01:49 | 薔薇 | Trackback | Comments(8)