ROSASOLIS

カテゴリ:未分類( 80 )
Blue Planet II


英国BBCの制作する番組、わたしはファンで「シャーロックホームズ」や「名探偵ポワロ」、アーサー王に使えた魔術師の物語「Merlin」その他、宇宙や地球のドキュメンタリーなどたくさんの愉しみを得てきました。

このBlue Planet II は、イギリスのBBCワールドワイド社とAMC Networksの合弁で運営されているBBCAmericaが製作したようですが、美しい海とそこに棲むいきものの眼を奪われるような美しいドキュメンタリーです。美しいものに触れたり見たりすることは、わたしたちのこころの栄養になります。
群れる、ひとりで泳ぐ、鯨がジャンプする、海から透けて見える太陽、水の輝き、ドルフィンジャンプ、珊瑚礁と彩りの小さな魚たち、海面の模様、すべてが美しくすべてが正しい。

わたしは底の見えない海はちょっと苦手なのですが、こういう美しい海や美しい動きをする海のいきものはいいですねぇ。残念ながら海は人間によって汚されてしまいましたが、それでも海は万物を生んだ母、そんな気がします。
[PR]
by sakillus | 2017-10-06 00:05 | Trackback | Comments(0)
ナツツバキ
f0160480_711891.jpg


今年はブログの更新が多くない。初夏の一番にぎわっている季節でさえ、写真はそこそこ撮っているのだが、ブログにアップすることができないでいた。
それは時間的にできなかったということと、気持ちが乗らなかったということ。

わたしの関心事は政治に移っていたということも大きかった。
この春からの森友、加計両学校の事件は今そうとう内部リークや告発、野党の追及やマスメディア以外のメディアの追求のためにわかってきた。

これこそが今の自民、官僚、公明も含む政治の腐敗で、彼らはきっと今までのようにうまく隠しおおせると思っていただろうから、国会や委員会答弁、今まさにやっている民進党や自由党の追求チームの質問に対しまともに答えることができない。どんなにごまかし嘘をつきその場しのぎの答弁をしても官邸主導で圧力が働いていたのは明白だ。

都議選最終日の秋葉原で自民公認の候補への応援演説に初めて乗り出した安倍晋三党首は
、民衆の「安倍帰れ!」「安倍やめろ!」の圧倒的な声、なりやまない声たちに、ついに「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と口走った。
象徴的な出来事だった。

これこそが安倍晋三の心底思っていること、いつも敵を作り、自分の考えに相容れない人々を「抵抗勢力」「既得権益者」と呼びあたかも自分たちが正しく改革をする(笑)かのように発言してきた。
その醜い心根は、本来その人々を守るためにある首相が民衆に敵意をあらわにし、牙を剥けることも辞さないことがあらわれいた。

民衆のことを少しでも思うことができたら、少しでも教養やユーモアがあったら、もっとユニークにかわすことができたかもしれない。でも、彼にはそれのできる素養が少しもなかった。
また、人々の怒号もそれを許さなかったかもしれない。


森友も加計学園もまだ終わっていない。わたしは一次情報こそが大事と思っているので、これからも
そういう生の追求をみてゆく。
民進党自由党の追求チームはよくやっていると思う。国会に帰ってきた森ゆうこの追求も圧巻だ.彼女が帰ってきてよかった。どんなに与党や官僚が嘘をつきごまかしてもそれを許さない覚悟がある。本当の国民を思う政治家とはあぁでなくちゃ。

それにしても、加計学園問題を知るにつけ、その大枠の恐ろしさ、国民をバカにした構造が見えてくると、「今だけ、金だけ、自分だけ」の権力と金に蝕まれた人間の醜さとひどさがうきぼりになる。
彼らは、自治体の財政がどうなろうと、学生が国家試験に通ることができようとできまいとかまわない、もうけることができれば、口利きで税金が自分の懐に還流できればそれでいいのだ。

彼らは加計学園だけを作って満足はしないだろう。学校利権は金になる。獣医師会は本来需要供給の問題や質の問題から、今は質を上げることの方が大事、日本の獣医師を世界水準にあげたいから、粗雑な林立を拒んできた。1校だけにしてくれとは2016年11月7日までは言っていなかった。

その獣医師会へのヒヤリングを一度もすることがなく、国家戦略特区のワーキンググループや諮問会議の「有識者」を悪党竹中平蔵や、金が大事の八田達夫など自分たちの利益共同者に任せていることがそもそもまちがっている。彼らは日本国民の利益に成ることを望んではいないからだ。

だからこそ、今やっている文科省の加計学園、設置審議会においては、中立に、大学を運営してゆけるだけの内容があるか、教員はそれで大丈夫なのか、獣医師界にとって有益になるのか、国民の税金を投入する価値があるのか、もろもろ公明最大に審査していただきたい。まぁ、「獣医学部新設の4つの条件」に満たないのは明らかだし、京都産業大学と比較したと言っておきながら(内閣府)その議事録もないなんていうのは違法であり、認可してはいけないのだ。 加計学園グループの学校は岡山理科大学を除き全部赤字、その補填を国からの補助金、我々の税金でまかなっている。すでに何百億円レベルで税金が注がれているという。これで怒らないほうがおかしい。

加計学園グループの大学の偏差値は40前後と決して高くない.岡山理科大でも、薬剤師に合格した数は半数に満たないのだ。あらたに獣医学部をつくって、教員は65歳以上か大学院レベルの教員たちでどのような教育がなされるか。獣医師の合格レベルは高いのだ。

あぶない話はもっとある。動物実験においても、日本だけでなく世界的に動物実験はやめる方向に動いている。それを加計は中型動物においてやろうとしている。それが何に結びつくのか?



植物のアップはできればゆるゆるとしてゆきたいとは思う。
[PR]
by sakillus | 2017-07-05 07:52 | Trackback | Comments(2)
Gloire des jardins
f0160480_2303477.jpg


薔薇もちらほら残ってはいるものの、ほぼ終えた今、季節はアジサイに移動。
今年は本当に雨が少ないですね。水不足が心配。
晴れてかぁ〜っと暑い日もあれば今日はまた厚着が必要なほどの涼しさです。

なんとなく更新もままならぬ日々ですが、この薔薇は Gloir de jardin ガリカです。
Jacques-Louis Descemet 作出  (France, before 1815).古い薔薇ですね。

去年買ってみました。
紫にブルーイングする様が美しいです。
ガリカにはありがちですが、花持ちはあまりよくないです。

緑濃い中にぽつんと植えた感じは良いな。

f0160480_2361319.jpg

f0160480_2363224.jpg

f0160480_236492.jpg


f0160480_0281211.jpg

ハナは目とか耳の機能はほとんどなくなり、鼻もぐずぐずで、食べ物の匂いもすこしかぐのがたいへんになりましたが、なんとか生きています。

最近はチロが時々寄り添っています。

f0160480_033537.jpg


f0160480_23205223.jpg

[PR]
by sakillus | 2017-06-13 23:07 | Trackback | Comments(2)
印半纏ワークショップ 2017.春 3
f0160480_216241.jpg

今年のバラは例年より早いか遅いか、なんてことをつらつら思っているうちに、もう5月も半ば、
関東平野部ではすでにバラも最盛期を迎える頃になってしまいました。
我が地方ではそれに遅れることと10日〜2週間なのでまだまだこれからです。
このバラは Old Yellow Scotch 大好きなスピノシッシマの仲間です。

さて、遅くなりましたが、印半纏ワークショップつづきです。

f0160480_2255744.jpg

Cla.. イギリス人です。
彼女はグラフィックデザイナーで、日本人ならしないだろう、桜と幾何学的な斜め線との融合をデザインしました。はんてんの形はオープンスタイルではなく重ねあわせるスタイルです。
この衿の斜め線の配置を互い違いにする希望だったので苦労しました。私が〜笑
f0160480_2304314.jpg

ポップでおもしろいなぁと思います。
優しく大人な彼女ですが、はじけている面もありで彼女にとてもお似合いです。

f0160480_235874.jpg

Ave..アメリカ人です。
画像が暗くなっているのは、夕方になっているからで、これまだ完成ではないのですが、
とにかく写真を撮らねばならない、わたしは翌日は来れなかったので、ここで撮りましょうと促したからです。

彼はまだ22歳、長身で身丈も長いので縫う部分が多い。
背紋のデザインは梅かな、これは型を彫ったのだろうけれど、下のほうは「筒描き」という手法です。「筒描き」は、ホイップクリームを絞るように布に防染の糊を入れて描く手法です。
このデザインは上下に重なる部分があるのでまぎらわしく難しかったと言っていました。

彼は今日本のKO大学に留学中で経済とファッションデザインを学んでいるということでした。
たいへん明るく素直な好青年です。
f0160480_2481225.jpg

ごめんね〜、暗くてせっかくの裏側の染めが見えないね〜。
ほっぺが赤いのはがんばってせっせと縫っていたからです。ハンサムガイです。

f0160480_32096.jpg

さらに暗くなり、、笑 よくわからないですね。
Clau... オーストラリア人です。
彼女は広大な庭を持っているらしく、大々的にオープンガーデンも行っているようです。
そんな彼女のデザインは、「松 竹 梅」の文字を特殊文字で表したものです。
衿にもそれがあります。ブライアンはいろいろと彼女にアドバイスしていました。文字、柄、
配置とかなかなか微妙ですしね。
残念ながら背面の写真はぶれてしまったので割愛します。

Everyone did good job!

**************************************************


f0160480_3153712.jpg

同じくスピノシッシマの仲間 Red Nelly
f0160480_3174755.jpg

ごじゃりあんも咲いたよ〜
f0160480_320593.jpg

ミヤマオダマキ おぼろ
f0160480_3212567.jpg

サラサドウダン
f0160480_3221952.jpg

大好きなふわふわの白い花 サワフタギ

f0160480_3235972.jpg

今年もちゃんと剪定できなかった、懸崖あるいは canopy(天蓋)のようになっているフランソワ・ジュランビル つぼみはたくさんついているようです。
[PR]
by sakillus | 2017-05-15 02:52 | Trackback | Comments(0)
沼津御用邸 2
f0160480_01147.jpg

絨毯敷きに重厚な椅子、ここでも西欧の影響が色濃く出ています。
ここは食事をされる部屋だったような気がするのですが、定かではありません。^^;
f0160480_044919.jpg

ここは謁見所で「天皇陛下が御滞在中に来客に面会する時に用いた部屋」とありました。
ゆらゆら窓なので外の景色もゆらゆらしてますね。

こういった和風と洋風の合体は、個人的にはけっこう好きです。
ただし、個人の好みというのは情報でつくられる部分も大きいので、
本当のところどこまで好きで好きでないのかはわからない、が、長年そうなのだからそうなのでしょう。
和と洋の割合というのもあるでしょうね。あまりに洋が多すぎるとしらっとしてきます。
何処で見るかというのもありますよね。
同じ室内があったとして、日本で見るのとヨーロッパで見るのとでは印象は異なります。
f0160480_0194282.jpg

f0160480_0142318.jpg


前回も書きましたが、大正天皇のための御用邸でありながら、その気配が薄く昭和天皇のものは
多いのは、昭和天皇も生後70日からの幼少の折、当御用邸で育ったということです。

f0160480_020042.jpg

中庭
f0160480_0204592.jpg
f0160480_0202641.jpg


庭にも西欧の影響があります。
f0160480_0213587.jpg
f0160480_0212151.jpg

ツワブキが今頃咲いてる!
沼津は冬暖かく冬を過ごすには良かっただろうなぁと思います。
f0160480_0225616.jpg

f0160480_0231443.jpg

アジサイの群落もあり、黄葉した葉がきれいでした。

f0160480_024572.jpg

元々は馬屋だったところ。今は改装して甘味処に。
その他そば処などもありました。

f0160480_0292484.jpg

沼津垣と呼ばれるもので、昔から沼津浜の潮風を防ぐために用いられた垣根で、
箱根竹という細い篠竹を十数本ずつ束ねて網代に斜めに編んでいるものです。

維持費もそうとうかかることが予想されますが、建物にしろ室内調度にしろ庭にしろ、
特別な方々のところでは技術的、景観的にもすぐれたものが多く、そういった技術が後世まで残ればいいと願いますし、公開してくれることはうれしいです。



   **********************************************

わたしは天皇という存在に対し特に尊敬の念を抱いているとか、その逆もありませんが、
個々の天皇に対してはおもうところはあります。

今上天皇は優しく穏やかで平和を愛され戦争を嫌っていることはわかります。
たぶんお目にかかることがあったら感動してしまうかもしれません。

国民の精神的よりどころとして生まれた時から特別な環境で特別な教育を受け、国家安寧を願い行事を外すことが許されず、政治的発言は極力避けねばならない中で、
今上天皇のおことばの中には、今の権力者に対する戒めとも思えるような言葉がままあります。
今正確な文言は忘れましたが、去年のおことばで、「日中戦争からの歴史をもう一度考えてほしい」
(○○年からのとおっしゃったのだが、それが思い出せない)というのがあって、それにはよくそのお立場で、今の状況でおっしゃったとしみじみ胸に迫るものがありました。

日中戦争って本当に戦争なのだろうか?あれは日本の中国への侵略意外のなにものでもなかったのではないか、との思いがあります。
辺見庸さんの話によれば、あの戦争ほど斬首とレイプの多かった戦争はなかったと言います。
本当にむごい仕打ちで苦しくなります。いずえにせよ圧倒的に奪い殺してきた、それを「皇軍」という、天皇のもとに使命を感じ、普通の市井の人間が残忍なことをやっていました。
その事実に暗澹たる思いが去来し、人間の魂のレベルはまだまだ低いのだと思わざるを得ません。

一般庶民と特別な地位にある天皇とを比較するのはおかしいのを承知で言えば、そうやって、「皇軍」というトップにすえられてたくさんの人間を殺し死んできたそれをどう思われていたのでしょうか?
昭和天皇はたしかに戦争犯罪人で、彼の言った「原爆がおとされたのは仕方がなかった」とか「沖縄に米軍基地を置いてほしい」との発言をわたしは容認することができません。

沼津御用邸には昭和天皇の書かれた絵があり、それは3歳の(たしか)時のものでしたが、その年のこどもにしては格段にものをよく見、うまいし繊細でした。
あの繊細な絵の書き手が戦争の担い手になろうとは・・・

今上天皇は生前退位の意があり、いろいろな人の意見がありますが、いずれにせよ次の天皇誕生のための流れができています。
そして、自民党今の政権がやりたくてたまらない「改憲」では都合のいいように「国体護持」、また、天皇を担ぎ出そうとしています。
あの浅はかで嘘によってなりたっているあの首相は、今上天皇がひざまずかれたことをまねしながら「こんなことまでやっちゃってさぁ」等とちゃかす、その男が同時に権力いっそうの奪取のために天皇を利用しようとしています。

過去をよく見なければならないと私は思っています。が、歴史は簡単に塗り替えられてしまいます。
明治天皇さえ、本当はだれなのか、一度、あるいは、に度三度変えられてきたかもしれないのです。
万世一系なんて夢のまた夢、周囲の人間の思惑で動かされる天皇というお立場、天皇制度はこれから本当に必要なのか?なくなったらどうなるのか、なくすることは可能なのか。このまま象徴天皇というものがありつづけたほうがいいのか、難しいお立場から解放されたほうがひとりの人間としてはいいのではないか、いろいろなことを思います。
[PR]
by sakillus | 2017-01-16 00:49 | Trackback | Comments(6)
沼津御用邸
f0160480_104373.jpg

4日からはみな仕事だったので、修善寺はあまりゆっくりしていられませんでしたが、せっかく来たのでどこかには寄りたく、宿で見かけたパンフにあった沼津御用邸に行ってみることにしました。

そこは明治26年、大正天皇(当時は皇太子)のご静養のために造営されたもので.沼津の、太平洋に手の届く広大な敷地に本邸、西付属邸、東付属邸が建てられました。
残念ながら本邸は先の太平洋戦争、1945年の空襲で建物は焼失し今は本跡としてあるのみです。

沼津に御用邸があったことは私は今回初めて知りました。生まれた時から体の弱かった大正天皇は、葉山のご用邸とともによく利用されていたようでした。
昭和44年には廃止され、翌年から沼津市により「沼津御用邸記念公園」として公開され親しまれているようです。平成25年からは民間に管理が委託されています。

f0160480_1121829.jpg

さすがの松の枝ぶり
f0160480_113168.jpg

西付属邸内に入ることはできます。
ゆらゆらの窓、絨毯敷きの廊下
f0160480_11423.jpg

f0160480_1142057.jpg

大正天皇のためにつくられたご用邸ですが、大正天皇由来のものはあまりなかったような・・・
本邸がなくなってしまったせいでしょうか?
f0160480_1155079.jpg

やっぱり彫られている「菊」の文様
f0160480_118553.jpg

全体に西洋の影響の色濃い御用邸ですが、照明にもそれはあらわれていました。
f0160480_1214233.jpg



   つづく
[PR]
by sakillus | 2017-01-10 01:21 | Trackback | Comments(2)
あけましておめでとうございます
穏やかな天気の続く2017年の幕開け、2日3日は伊豆修善寺温泉に行ってきました。
やっぱり暖かいですね。修善寺はそう広くない道、穏やかな流れの川をはさんで、
昔ながらの風情を残すこじんまりとした温泉街です。
もろもろの都合上、ゆっくりと散策する時間はなかったのでだけれど、そんなことができたら楽しそう。
f0160480_225903.jpg

橋から眺めた老舗の新井旅館
わたしはここに泊まりたかったのだけれど却下されました。
竹林の小径はそう長くはないけれど、気持ちがよいです。
f0160480_2325057.jpg

わたしたちが泊まった桂川という旅館で(食事がとてもおいしかった)
夜、「伊豆太鼓」の披露があり、わたしは少しだけ聞いてすぐ退散するつもりだったけれど、
聴いていたらこれがなかなか見事で、ひとしきり演奏があったあと、
「子ども達、やってみない?」みたいなイベントありますよね?
それで、うちのみくりはやらなかったので、こういうのをしゃきっとできる子どもになってもらいたいなぁと他の子ども達のチャレンジを聴きつつ、
「次は大人のなかで〜」と
あぁ、大人でもやるひといるのかぁと思いつつ、
「じゃこれで最後なのでどなたか?」と太鼓のお兄さんがいう。

「はい」←わたし

だって、わたくしたたいてみたかったの。
今は無惨なほど体力ないけれど、元々体育会系だし、腕力そこそこあるしで。
あぁ、快感だったなぁ.向いていると思う。

またたたきたいなぁ!

その後また「伊豆太鼓」の面々の演奏がありました。
迫力ある打ちっぷり、筋肉質でほとばしる汗、そういえばかつて知り合いでゲイの男子で
太鼓たたいていた人がいたことを思い出し、こういうの好きな人たちっているのだろうなと
余計なことを考えていました。笑
[PR]
by sakillus | 2017-01-05 23:21 | Trackback | Comments(6)
今年の大文字草、赤毛ヤブコウジ
f0160480_233853100.jpg


これは「音羽」という大文字草、1年経ってだいぶボリュームが出ました。
花弁が大文字草っぽい「大」の字とは違い桜のような均整のとれた、ふぎれのある花弁が愛らしい。
f0160480_23391747.jpg

大文字草は地植えするより鉢栽培のほうが簡単だと思います。
地植えでは半日陰で乾燥しにくい場所をみつけるのはなかなか難しく、風通しもよいほうがいいし、日当り悪すぎても花数が減りそうだしと、年間を通して良い条件に恵まれるところはなかなかないです。
でも、鉢なら移動できるので、水やりさえまちがわなければ、(夏が異様に暑くならなければ)
うまくいくと思います。

ただしどうしても地植えがよいという場合は、何処が条件に合うか場所を試しながら、失敗も経験してやられるのがいいと思います。


f0160480_23435848.jpg

「京小町」
これも京の舞妓さんみたいでかわいいです。

今年特によかったと思えた品種はこの、
f0160480_2345199.jpg

「緋の舞」 これは花色が緋色、やや黒みのあるクリアーは赤です。この花弁は大文字草らしく「大」の字でしかも踊っているようなところが印象的。

f0160480_23545949.jpg

f0160480_2356792.jpg

この「白波」というのもよかった。
純白におしべの先がちょこんと赤いのです。それが愛らしくて。
f0160480_072590.jpg

「かぐや姫」これもかわいいです。

f0160480_206114.jpg



f0160480_23574974.jpg

インパクトの強かった赤毛ヤブコウジ(ビロードヤブコウジ)学名:Ardisia mamillata
中国南部原産の常緑多年草です。中国名は「虎舌紅」という迫力ある名前

ビロード状の毛が赤いんですね。緑の時もあり、寒くなると赤くなるようです。
こういった赤味の葉と質感はなかなかないのでぐっときますねぇ。

f0160480_004217.jpg

実がまたよいのです。実のついている期間がすごく長いようです。


f0160480_052956.jpg

サラシナショウマ(カッコイイ!)アリスター・ステラ・グレイ、ユウガギク


この間はミクリが来て、わたしの庭仕事を手伝ってくれました。
シャクナゲの黄色くなった葉をむしる仕事、雨落ちあたりの落葉を掃除することなど。
「ばぁば、たいへん!」が口癖で、どうしたのかというと、「葉っぱがこんなにある!」とか、
「あそこにも黄色の葉っぱがある!」とか「落葉がこんなにたまった。」とか。
f0160480_012534.jpg

堆肥場を教えたのでそこに捨てに行くのだ。
f0160480_0125591.jpg

[PR]
by sakillus | 2016-11-03 00:15 | Trackback | Comments(2)
遺伝子組み換えに思う 2
具体的なところを少し見てみましょう。

米国マサチューセッツ州に本社があるアクアバウンティ・テクノロジーズ社が開発した「アクアアドバンテージ」は、タイセイヨウサケもしくはチヌークサケ(キングサーモン)の遺伝子を組み換えて成長の速度を速め、食卓に上るまでの時間を短縮できるようにした。一部では「フランケンフィッシュ」とも呼ばれたいへん獰猛であると聞いています。
遺伝子を組み換えた動物が食品として認可されたのは初めてとのこと。

遺伝子組み換えサケは、キングサーモンの成長遺伝子とオーシャンパウトocean poutと呼ばれるゲンゲ科のウナギに似た魚の遺伝物質を組み合わせた遺伝子を、タイセイヨウサケの卵に注入して誕生させた。遺伝子を組み換えてできたサケに繁殖能力はなく、養殖はカナダとパナマにある2カ所の施設でのみ許可されるとのことです。

これは、市場に出回るのが具体的にいつ、どこで、というのは未定のようですが、日本へは来るだろうと言われています。アメリカでは反対が強いようですが、さしたる情報も与えないまま易々と言いなりになる日本はかっこうの市場となってしまうでしょう。

わたしはかつて所属していたバラの愛好者の団体で製薬会社に勤務していた方から、遺伝子組み換えはそれほど危険なものではないと聞いたことがありますが、それをそのまま信じてはいません。その方は本当にそう信じていたかもしれないけれど、それがどういうものか視野を広げて検証してみる必要があります。
実際遺伝子組み換え食品をマウスに与えた実験ではガンになることが知られていますし、長い眼で見て人間、そして人間以外の動物へどのような結果をもたらすかは何代も経なければわかりません。要するに危険を伴うということを百も承知で「実験」をしたいのだということが読み取れます。



    ****************************************


遺伝子組み換えとはまったく関係なく・・・

八重咲きシュウメイギクの花に個体差がかなりあっておもしろかった。
実生なのでしょうか、わたしはこういうほうがずっといいなぁ
f0160480_043666.jpg

f0160480_0432522.jpg

f0160480_0435858.jpg

f0160480_0444698.jpg
f0160480_0443313.jpg
f0160480_0441996.jpg


どきどきします。
[PR]
by sakillus | 2016-10-01 00:45 | Trackback | Comments(0)
キツネのようなきれいな顔でミカちゃんは
f0160480_051656.jpg

ミカちゃんがうちにやってきたのはもうほとんど22年前のことです。
7月20日、海の日というのができたために覚えているのです。
小学生だった娘がとてもかわいい、少しさみしそうな猫を抱えて
「飼ってもいい?」と聞いてきたそのときから長い、長いつきあいがはじまり、
先日終止符が打たれました。
f0160480_22463698.jpg

f0160480_22482572.jpg

f0160480_0122187.jpg

眼が大きくぶどうのように美しかった。
誰がみてもその美貌を褒めたたえられていたミカはひとみしりで、
知らない人が来るとさぁ〜っと逃げてしまうことも多かった。
きれい好きで毛繕いを丹念にやっていました。
f0160480_23112826.jpg

              2013年


わたしは植物も動物も屋外の自然光で撮るのが好きなので、
外好きなハナと比べるとあまり外に行かない、行っても長居はしないミカの写真が
少ないことに唖然とするのでした。
3年前はまだ全然若かった。
体重はこの1年は急に減ってしまいましたが、
たいがい4キロ台、どちらかというとどっしりしていました。
f0160480_23221987.jpg

猫の年で21歳といえば、人間にすれば100歳、しかも、もうじき22歳になる頃だったので
103歳ぐらいになっていたでしょうか?
2、3年前から腎臓が悪くなっていたのはわかっていました。
動物病院の先生からは点滴を薦められましたが、それから先ずっとやるのは気が引け
やめました。
でも、ミカはそれなりに元気にしていました。
ここ1年ぐらいは食欲はすごくあり(ボケが入ったか?)食べ過ぎぐらいに食べていましたが、
まったく栄養になっていないようで、触ると骨がごつごつ感じられるようになりました。
f0160480_23303917.jpg

死ぬ前の1週間は、人間からみてももう長くはないのがわかりました。
脚は、歩くのも本当にたいへんになり、それでもなんとか食事や排泄のために歩き、
それから、口の中から血まじりの膿みが出てくると食べることもやめ、
死ぬ2日前には水をがぶがぶと飲み、それから水も欲しなくなりました。
ひとつひとついのちの灯火を消してゆきました。
f0160480_23353181.jpg


そうやってミカは死ぬ準備をしていたのです。
あぁ、なんて立派な死に様!
f0160480_23375634.jpg

亡くなる前日の6月17日にはもう歩くこともできなくなり、
ずっと横たわりときどき向きを変えたりしていました。
翌朝までもつかどうか・・・
夜中の12時半までは見ていましたが、翌朝5時半に見に行ったとき、
ミカちゃんは息をしていませんでした。
もう、すかすかに軽くなってしまった亡がら、
幸いなことに、元々その日はほかの家族がうちに来ることになっていたのです。
ミカちゃんは選んでくれたのかな?

f0160480_23441663.jpg

じゅうぶんに生きた、
いろいろあったね、6回の引っ越しも一緒にやったね、
わたしがハナちゃんびいきになっていたことをあなたは苦々しく思っていなかったか?
もっとやれたことはあったか?
でも、ありがとう、あなたに会えてよかった。
また会おう!あなたが困っていたらまた拾う。
バイバイ、またね!
f0160480_23483128.jpg


f0160480_23512245.jpg


それから、ミカの亡がらの写真を記録したいと思います。
これは私のためです。
そういうのが苦手な方はあけないでください。
きれいな死に顔でした。
キツネのように細く、きれいでやすらかな死に顔でした。
パソコンのデータがなにかで消えてしまった時にネット上に載せておきたいのです。


Moreおわかれ
[PR]
by sakillus | 2016-06-30 23:57 | Trackback | Comments(11)