ROSASOLIS

カテゴリ:咲季山草軒( 25 )
続 とにかくヤマアジサイ
f0160480_21304888.jpg

   倉木の光
   咲き始めの装飾花の淡い色、花弁の筋がいいんだなぁ


お客様がいらっしゃる数日前、Mさんがメールで「4人で行きます」とあったので一応
どなたが来られるのかを聞いたところ、おぉ、あの方もいらっしゃるという。
あの方というのは、日本の野生バラの第一人者であるミカナギユキさんであります。

いやぁ,緊張するなぁ・・・
そのバラのクラブに在籍していた頃、聞きたいことがあるといつもミカナギさんに聞いていた。
知識の幅広さと記憶力の良さ,的確さで圧倒的な信頼を得ていた方だったからだ。
研究者って違いますよね。

わたしがクラブをやめたのは3.11を過ぎてそういうバラのアカデミックなことに興味をなくしたからなのだけれど、当時は本当にお世話になっていた。

当日は決して長い時間ではなかったけれど、アジサイだけでなくバラやその他の植物もろもろ
交えて話ができわたしも楽しかった。

「うちにE.ogisui のペイルピンクがあるんですよ。」「おぉ。」
と,会話が成立することってまずないですもんね。
「これ、コリダリス フレクスオーサじゃないですか?」って少しの花殻見て言える人ってまずいないし。
だいたい全部学名で言いますからね。さすがですよね。

グレッグさんはたいへん紳士的な方で、きっと年齢的にはわたしと同世代かな?というお年頃なのだけれど,実にすらりとしている!
グレッグさんが昨日出かけた(たぶん講演をしたようである)横浜イングリッシュガーデンについて
どうでしたか?とたずねると、もうすばらしい!、ことばもないという手振り、身振りだったので、
なにがすばらしかったのか勝手に想像してみた。

もうバラの一番花はほとんど終わっているはず、でも、他の宿根草もすばらしいのだ、
バラが咲いてなくても、あの何連ものアーチなんて圧巻だわ、
行ったことがありますか?と聞くので
ありませんと答えると、
「You should go.」とおっしゃる。
えぇ、わたしもそうしようと思っています、いつか、きっと、たぶん、、、(でも、行きにくいところという噂が)

で、その夜横浜イングリッシュガーデンのHPを一応見ると、「今はアジサイが見頃です」と
書いてあるではないか!
えぇぇぇぇぇぇ〜?300種もあるの〜?反則じゃん
園芸品種だけにして〜と無駄な遠吠え
グレッグさん、うちにくる必要あったのだろうか?笑

f0160480_21572133.jpg

日向紅神楽

お世辞かもしれないけれど、グレッグさんからはよい庭ですね,と言われたし、
ミカナギさんからも、おもしろいものを見せていただきました。とおっしゃっていただけたので、
よかったです。
f0160480_2236476.jpg

九重山
f0160480_22371255.jpg

f0160480_22375544.jpg

黒姫
f0160480_22381442.jpg

斑入りノリウツギ 
これも気に入っておられた。
f0160480_22422482.jpg

白花リーガルリリーとむこうに紅鶴、手前はアジサイの3株寄せ植え
f0160480_2247355.jpg

土佐の霧雨
f0160480_22535141.jpg

緑星テマリ
f0160480_22541530.jpg

鳴子紫
  

f0160480_224478.jpg

頭がアジサイにシフトしていたので、このJacques CartierとかLe Vesuveの名前を忘れちゃうし、、

けっこうぼろぼろのバラもあったりで恥ずかしかったけれど、バラのことも教えていただいた。
f0160480_22111467.jpg

f0160480_22113191.jpg

f0160480_22114753.jpg

この謎のモスは姿形色よく美しい、
グレッグさんは「マレシャル・ダブー」の可能性はあるとおっしゃる。
花弁が開くとそうかなとも思う。
モスの繊毛の匂いで判断していた。

f0160480_22135766.jpg

長年葉ばかり様だったバンクシアエ・ノルマリスは今年は意外と咲いた。
そのことをミカナギさんに話すと,一度咲くようになると毎年咲きますよ、と言う。
うちのノルマリスはわりに花が大きいとおっしゃる。
f0160480_22163889.jpg

うちのR.davurica については、日本に自生するものではないのかもしれない、とか。
f0160480_22244813.jpg

この実のところは、日本産のはもう少し太いとか。

勉強になりました。

おいでくださってありがとうございました。
f0160480_22273746.jpg

左からMさん、グレッグさん、Tさん、ミカナギさん
[PR]
by sakillus | 2016-06-01 22:47 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(2)
とにかくヤマアジサイ
今はもうやめてしまったけれど、以前所属していた、オールドローズを中心としたバラの愛好団体のMさんから、「ヤマアジサイは5月終わり頃けっこうありますかね?」とメールをいただいたのは数ヶ月前のことでした。
Mさんは同じ山梨県在住でもあり、今やそのバラの団体の中堅どころでおおいに活動を担っていることだろうと思われます。また、初期のハイブリッドティーのコレクターとしてはおそらく日本一であることは間違いないだろうと思います。

「ありますか?」と聞かれて「ありません」とは答えないですよね。笑
揃えればいいわけですから!

Mさんは、ある方を連れて行きたいのだと言う。その方はアメリカ・ヴィンテージガーデン(現在はもうやめているとのこと)のグレッグさんといい、バラだけでなく大のアジサイマニアとのことであります。

わたしは存じ上げなかったのですが名前だけはちらっとかすかに記憶が。
Mさんからバラのクラブの会報に載ったグレッグさんの紹介文にはこうありました。

「グレッグ・ラウアリー氏は、カリフォルニア州北部のサンタローザ近郊で、品種数約4000 の
バラを扱うナーセリー「ヴィンテージ・ガーデンズ」をフィリップ・ロビンソン氏と共同経営し
ていました。30 年かけて作り上げられたナーセリーでしたが2013 年に閉店し、現在そのコレク
ションは、NPO フレンズ・オブ・ヴィンテージ・ロージズ(ラウアリー氏主宰)が維持していま
す。バラの中でもハイブリッド・パーペチュアル、ブルボン、ガリカ、ハイブリッド・チャイナ、
ティー、ノワゼットおよびチャイナ等の系統では、アメリカ最大のコレクションとして知られて
います。品種数だけでなく、バラの知識でいま彼を超える人はいないというほど高く評価される、
ラウアリー氏の確かな目で見極められた品種のコレクションとして、その価値は計り知れません。
2012 年の国際ヘリテージローズ会議(千葉県佐倉市)での講演に続いて、今回は2 度目の来日
です。」

ぎょっ!なんでそんな方がうちに、、、しかし、25日には横浜イングリッシュ
ガーデンで講演をされ、翌日高尾山に登られ、Mさんのうちに行くという行程で、うちはその途中だったので苦肉の策だったのでしょう。

f0160480_21493286.jpg

  庭のアジサイシーズンには少し早かった。これはようやく色づいてきた「紅鶴」
  富士山楼に自生するヤマアジサイだ。


そんなわけでとにかく揃える、これがミッション。笑
とはいえ、わたしもヤマアジサイは大好きで、草木が生い茂る我が庭はバラの植えられるところが限られる、もはやアジサイのほうが環境的にはあっているぐらいなのです。
それ以前に咲季山草軒として、毎年見たことのないアジサイを見られることは大きな楽しみのひとつでありました。だから、これは喜んでやりましたよ。

アジサイだけを見せればいいというのはさすがにまずいので、この間せっせと草を抜き枝を切り、
斜めに伸びていたコナラも1本伐ってしまいました。雪の日には困ったことになるし、落葉の数も半端ではないから。

 
てなわけでヤマアジサイ!
f0160480_2157489.jpg

f0160480_2158285.jpg

f0160480_2158126.jpg

f0160480_21582629.jpg

f0160480_21584599.jpg

f0160480_21585668.jpg

f0160480_2159914.jpg


もう使えないだろうと思っていた古い桶を出して組み立てたら使えてうれしかった。笑。


     つづく
[PR]
by sakillus | 2016-05-28 22:02 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(6)
2016 Ohgi Nursery クリスマスローズ スライドショー
今年もたくさんの宝石のようなクリスマスローズが集まりました。
だいぶ売れてゆきましたが、記念に初めてスライドショーをつくってyoutubeにアップしてみました♪

お時間のあるときに、よかったらみてくださいね。





.............................................................................................................

それから、わたしがあまりにも多忙だったので、一日娘に手伝いを頼みました。
みくりもいっしょに来て、あれやこれやのクリスマスローズをみながら、
「わぁ、このお花かわいいね!あのお花もかわいいね!
み〜んなかわいいね。」と明るい声で話している。むすめに「つぼみの数はいくつ?」と聞かれると
「2つ」とか「3つ」とか答えて、よく見ていないように見えながら当たっていた。

特に気に入っていたクリスマスローズがあって、にこにこしているので、「それほしい?」と聞くと
「うん。」と言う。はい、それを待っていました。笑。それ、わたしも欲しかったの。

その花はイングリッシュローズの「ロッキンヴァ」に似ていた。よく見れば違うのはあたりまえですよね。だって、種が違うのだから。でも、小さめで浅いカップ咲きのところがね、似ていると思わせたのです。

f0160480_001129.jpg

f0160480_005515.jpg

f0160480_2358137.jpg

あぁ、かわいいなぁ、なんてかわいいのでしょう。
で、だれのもの、、ってやっぱりみくりのですよ。


それから、ロッキンヴァが出てきたら、遠くに引っ越した友人のことが気にかかった。
バラの友人でもあり,クリスマスローズの友人でもある。
その人は流通量の少ないロッキンヴァを探していたから。
ずっと連絡を取っていなかったから気になった。

元気でよかった。あいかわらずの声と調子、元気そうでなにより。

[PR]
by sakillus | 2016-02-08 18:18 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(4)
第1回 大木ナーサリー クリスマスローズ販売
f0160480_8252899.jpg


本日24日から、咲季山草軒では2016年 大木ナーサリーさんのクリスマスローズ販売をいたします
ネットショップアップは夜8時頃です。


画像は美人系?ヘルツェゴビヌスハイブリッド、とても端正で冬の日によく映えます。
個人的にはかってにスノービューティと名づけています。笑

f0160480_828621.jpg

デュメ系ゴールドハイブリッド

ゴールドハイブリッドは今回いくつか出てきますが、とても多彩になりました。


今シーズンは1回のアップでは数は少なめで数回アップしていく予定ですので
どうぞよろしくお願いいたします。


咲季山草軒のブログもよろしければ見てくださいね。^^。
[PR]
by sakillus | 2016-01-24 08:31 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(2)
大木さんのクリスマスローズ
大木ナーサリー クリスマスローズは今夜5日夜8時のアップです。


  咲季山草軒ネットショップ



もう少し紹介します。
f0160480_17392893.jpg

f0160480_17314729.jpg

f0160480_1732373.jpg

f0160480_17331812.jpg

f0160480_17362541.jpg

f0160480_17405725.jpg

この原種はイタリア北西部産のリグリクスです。


どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by sakillus | 2015-02-05 17:36 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(0)
咲季山草軒 クリスマスローズ販売
あれやこれやのブログでなんですが、
昨日例によって大木ナーサリーさんのところにクリスマスローズの
買い付けに行ってきました。

充実感いっぱいで帰路につきました。満足満足。。。


よって、咲季山草軒では5日木曜日の午後8時にネットにアップする予定です。



f0160480_1930271.jpg

ゴールドハイブリッドのセミ
f0160480_19294363.jpg

ムルチ交配

超珍しいダブルのデュメもございます。
f0160480_19302910.jpg

   (高いです。正真正銘の本物です。)


みなさまどうぞよろしくお願いします。
>咲季山草軒のブログもよろしく!
[PR]
by sakillus | 2015-02-03 19:36 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(0)
大木ナーサリー 第2回クリスマスローズ販売!
明日22日(金曜日)夜8時頃をめどに大木ナーサリーさんのクリスマスローズの販売、第2回をアップいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

約40ポット、今回で今シーズンは最後になります。
また、シーズン終盤にかかりましたので、お値段的にもお求めやすいものが多いです。

原種はH.torquatusをはじめとして10ポットございます。

大木さんらしいクセのあるものや清らかなものいろいろございますので
是非ご覧になってください♪

咲季山草軒 ネットショップ

 
b0194477_1756558.jpg

 とても個性的な色のダブル
 プルプラ交配

b0194477_1756527.jpg

 驚くほど極小輪、株も小さい赤のシングル
 トルカダブル交配

b0194477_17574184.jpg

 H.torquatus TM08014


大木さんは、芸大を卒業した後、コム・デ・ギャルソンに勤務していたという経歴を持つ方ですが、
とても美意識が高いと思うのです。
そして個性的であるということ。

育種家は記録が重要ですが、大木さんはひとつひとつ(大木さんにしかわからない記号で)
何と何を交配させたかのタグがあります。
わたしはそれをもとに交配を伺うのです。

今回も原種交配が多いですが、これまでもっとも多かったデュメに加え、
プルプラ・トルカ交配とかプルプラ交配、トルカダブル交配、リグリクス交配、
アトロ交配、トルカ・アトロ交配など多彩なラインナップです。

本当にどんどん進化してゆきますね!

どうぞよろしくお願いいたします。

咲季山草軒
[PR]
by sakillus | 2013-02-21 18:01 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(0)
大木ナーサリー クリスマスローズ販売
咲季山草軒ではまもなく大木ナーサリーさんのクリスマスローズの販売をいたします。

咲季山草軒ネット販売のアップ、第1回は6日(水曜日)と8日(金曜日)に分けてアップする予定です。

時間は夜8時頃です。

☆ 2月7日追記

8日販売の苗です。

f0160480_16513872.jpg

これなどはすごい存在感です。
スモーキーなダークグレーで中の花弁は紫がかっています。
2センチぐらいの小輪なんです。

f0160480_16555819.jpg

H. torquatus/H. multifidus multifidus intermediates

f0160480_165775.jpg

この株は咲き始めが濃く咲き進むと淡くなります。
咲き始めの色がいいですね〜♪

f0160480_1724362.jpg

ゴールドレッドフラッシュとか

f0160480_175774.jpg

こんなのも個性的で素敵です。

ではまたどうぞよろしくお願いいたします。


  **********************


b0194477_16301774.jpg

これはプルプラ交配
小輪で微妙な色、なんというかどきっとしますねぇ・・・

b0194477_16321776.jpg

これはデユメF1
見つけちゃった!とおもいました。
すばらしいです。
b0194477_16352931.jpg

全体の姿も秀麗です。

b0194477_16355489.jpg

こんな優しい色のダブルや
b0194477_16361545.jpg

こんなムルチ交配
b0194477_1636451.jpg

うっとりするような桜色のダブル


原種も2回で9ポットをお出しする予定です。♡

全部で58ポットほどの予定ですので
どうぞお楽しみに!

15000円以上のお買い上げの方は送料無料です。
ただし離島は除きます。


よろしくお願いいたします。
[PR]
by sakillus | 2013-02-05 16:45 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(0)
ファウンテンガーデンハイブリッド
咲季山草軒からのお知らせです。

f0160480_7383321.jpg


ファウンテンファーム八ヶ岳さんのオリジナルビオラ
ファウンテンガーデンハイブリッドです。
蜂や蝶などの自然な受粉によって生まれたナーサリーシードによる
種ごとにお顔が違うビオラです。

とても愛らしいです。
f0160480_741451.jpg

f0160480_7414884.jpg

f0160480_742627.jpg

f0160480_7423411.jpg

実際はもう少し淡い地色です。
f0160480_7431993.jpg


ビオラにしては少し高めの値段なのですが、来年の初夏まで楽しめるので
そう高くはないと思います。
(残り少なくてすみません、10月初めに入るかなぁ・・・・)


ほかに宿根ビオラ ‘モリーサンダーソン’
f0160480_7452618.jpg

これ以上黒いビオラはないと言われているビオラです。
これも値段が高めなのですが、種子繁殖ができず栄養繁殖のせいと思われます。
でも、宿根! 上手に夏越しさせて末永くお楽しみください。


それと、コーカサス地方が自生地である原種ゲラニウム レナルディもおもしろいですよ。
f0160480_7483384.jpg

f0160480_7465632.jpg

葉っぱもユニークです。


どうぞよろしくお願いいたします。

 ☆ ネットショップはこちら


なお、19、20日は発送できません。
[PR]
by sakillus | 2012-10-18 07:51 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(4)
3月3日ネットショップアップ
ここのところ咲季山草軒ネタばかりで恐縮ですが、
ヘレボルスはこの時期がメインですのでちょっと集中してやりたいと思っております。

大木さんのところに3回仕入れに行ってきて
この間思ったことは、
どこかで聞いた感のある感想ですが、
大木さんって少年のようだということなんです。

中学ぐらいに同級生でいたような・・・
興味もたないことはまったく眼もくれず?
自分の好きなことに没頭するタイプで。笑。

そうしたら、大木さんのつくりだすヘレボルスも同級生みたいで
おかしくなりました。
清楚な子、渋い子、美人で洗練されている子、
愛嬌のある子・・・


こんな会話を自分でつくって笑っていたり。

先生「今日は転校生を紹介します。皆さん仲良くしてあげてくださいね。
   外人なんですよ。イストリアクス君です。」

生徒1「どこから来たんだよぅ?」

先生 「スロベニアです。」

生徒2 「知らねぇ。」

先生 「ちゃんとした名前はムルチフィダス イストリアクス君ですよ。」

生徒3 「絶対おぼえらんねぇ。」


   *************

f0160480_20351797.jpg

今日雨で暗い中に撮ったのでぶれてますね。
イストリアクスです。
葉がとさかみたいでおもしろいですね。
きれいな緑です。

いいものたくさんピックアップしてきたとおもいますが、
なかでもめずらしいのはこれ、
f0160480_2040488.jpg

これもぶれていますが、リグリクスです。
こういうカップ咲きは貴重なのだそうです。
リグリクスは形自体は開くもののほうが多いですものね。

「これは形がいい。」と、大木さんは二度つぶやていましたよ。

ほかにもいろいろです。
f0160480_20434389.jpg

こんな優しい色合いのグラデーションとかも。

それでは夜9時アップをめざして明日もがんばろうっと!

ネットショップはこれ
[PR]
by sakillus | 2012-03-02 20:47 | 咲季山草軒 | Trackback | Comments(0)