「ほっ」と。キャンペーン

ROSASOLIS

カテゴリ:道具( 4 )
GO VOTE!
f0160480_21313446.jpg

                                      Sombleuil



いよいよ14日は衆議院選挙となりました。

今回の選挙では争点がアベノミクスだの、増税延期だのはたまた争点なきなどと言われていますが、
争点を決めるのは国民です。

安倍首相の言う、株価は上がっている、雇用も増えた、賃金も上昇する等々
また騙しの手口を使っているのかと突っ込みを入れたくなるような薄っぺらな答弁とは裏腹に、
株価の上昇で潤っているのは外国ヘッジファンドあるいはごく一部の富裕層だけで、一般国民はほとんど関係なく外国に吸い取られるという始末。

雇用は非正規雇用が伸びの大半を占め、賃金の上昇を体験できたのは国会議員や公務員、ごく一部の大企業ぐらいでしょうか?

第一の矢、第二の矢とまるで国民をターゲットにほんものの矢で射ろうとしているようなアベノミクスの第三の矢こそまさに恐ろしいものです。


第三の矢とは、法人税の引き下げと農協解体→株式会社へ、医療改革(改悪)混合診療の拡大。
労働法改革(改悪)非正規雇用の拡大、ホワイトカラーエグゼンプション。
戦略経済特区の制定、移民の受け入れ。

全部デフレ政策、だけでなく、すべて外資に富を集中させる政策であります。
人を人と見なさないような、これらを推進しているのは根本に官僚の思惑があるのでしょう。

理解不能なのです。なぜこれほど日本の富をアメリカやグローバル企業に吸い取らせて平気なのか。
それぞれが知れば知るほど頭に来るものですが、危機的状況なのは農業政策です。

今年の米の買い取り価格は年々下がり、今年はさらに下がり、地域や銘柄にもよりますが、
60kgあたり1万円前後であったり、中には7千円台というのも聞きます。それでは赤字でしょう。
これでどうやって続けられるのでしょう?馬鹿にするのもほどがありますし、我々国民はこのことをもっと真摯に考える必要があるのではないでしょうか?

主食である米をないがしろにする国は崩壊するでしょう。
他国からもっと安い米がはいればそちらを買いますか?
安ければそれでいいですか?
他国はどうしてそれほど安くできるかというと、国の補償があるからです。

日本の農業は守られているとよく言われますが、そんなことはない、
守られやっていけるのならもっと農家が増えるでしょう。
農業は工業ではない。国の政策の方向は大規模化させ工業化させようとしているように思えます。

そのうえ、アメリカのように家庭菜園において自家採取が禁じられたらどうなるでしょう?
毎年モンサントのような悪行きわまりない企業から種を買わなければならなくなるかもしれないのです。
いや、そうしたいのでしょう。だからこそ、わたしたちはそんなことを許してはいけないのです。
TPPに賛成しているのは自民、公明、次世代の党、維新、民主党です。

それからもちろん忘れてなならない原発のこともそうです。
まともに考えれば再稼働などありえないのです。
これからお隣の中国では500基、インドでは300基作るのだそうです。
事故が起きないと言えますか?  無理でしょう。
嫌中などと言っている場合ではないのです。
日本は中国とともに原発を禁じなければならないのです。


今回の投票では与党に対抗できる野党がないとも言われますが、支持できる政党がなかった場合は少なくとも今の政策をつづけさせないために、自民ではなく、「まだましな」政党に入れるべきでしょう。
棄権や白票はなんのためにもなりません。投票率が下がれば現政権に有利に働いてしまいます。
まだ選挙権のない年齢の満たない子ども、十代や義務のみを負う外国人などのためにも一票を投じるべきと思います。
大事なことは、我々日本人が日本は独立国家だという気概を持てるかどうかです。

選挙はひとつの通過点ですが、これから4年間いやこれからの方向を決める大事な通過点です。


ちなみに私めは今日期日前投票に行ってきました。♪
日曜日に雪降らせるかもしれないので、早めの投票もいいですよ!
[PR]
by sakillus | 2014-12-10 21:44 | 道具 | Trackback | Comments(0)
原始機
f0160480_0423647.jpg


   What is this?



次なる仕事をあけてみたら、たらりと汗が・・・
一枚じゃなくて二枚なの?


あまり考えないことにしよう。電話して聞いてみよう。ははは・・



そんなわけで、あと数日で今年も終わりですが、
みなさまはいかが過ごされていますか?
年末って何かと忙しいですよね。ははは・・


そんな折ですが、なんか急に見たくなった原始機。うふふ

f0160480_0474732.jpg

以前友人のところに行ったらちょうど欲しかったものがあったので借りてきました♪

わたしがかつて織っていたのは高機なのですが、もうそれにかける情熱は植物と庭に移ってしまいできそうにありません。
着尺はなにかと時間がかかるので。

でも、こんな手軽にくるくるっとコンパクトにできるものはいいなぁ
(でもちゃんとできるだろうか?)


この布になっている部分はその友人か生徒さんが織ったもので、その先を適当に織っていいよ、
というので来年春以降になってしまうかもしれないけれどやってみようと思います。

で、一枚目の写真は「杼」です。これでうちこむのですね。

f0160480_0593527.jpg

これは「おさ」というものなのだけれど、友人のすごいところは、これを自作しちゃうってところなのです。
この、糸を通すしきりになっているのが竹製なのですが、
普通できないですよ。
普通やらないですよ。

おさ、ついに竹でつくる職人は日本から消えました。
今ではステンレス製です。残念ながら。

f0160480_056222.jpg

原始機のいいところは織っている途中でもくるくるっと巻いてしまえること。

美しいですね!
[PR]
by sakillus | 2013-12-25 01:02 | 道具 | Trackback | Comments(4)
D300 & ZEISS
[CHR]あるいは[For]これらはNikonのカメラにおけるコンパクトフラッシュカードのトラブルで、わたしのカメラはしばらく前からこれらの表示が時々示され、その度にあらためて入れ直したりカードの初期化をしていたが、頻繁になったり、ある時はカードに納められた画像がふとしたときに消えてしまうことがあった。

う~ん、残念ながら長年愛用していたD70sも年貢の納め時か?

仕事でも使うためカメラはなくてはならないものである。そのうえ私はカメラがけっこう好きなのだった。

だが、経済的にはいつも背水の陣を敷いている我が身で贅沢は許されない。
可能な範囲のうち最良と思える選択をしなければならない。

わたしはNikon党なのでそれははずせない、まずは現行モデルを検索し、それと匹敵する機種を中古で選ぶ(私ってエライ?)

中型機種でいくとなると現行モデルではD7100とかD600,610などになるようだ。(でもよくわからない)
近頃の機種は画素数がすごい。2400万を越えている!
でも、私は大きく引き延ばしてプリントするわけでもないので特別画素数にはこだわっていないのだ。過去に生産された中型機種で評判の良いもので眼に留まったものをピックアップする。
好きな感じの写真を撮る同じくNikon派のひとはD700を使っている事を教えてもらい検索すると、これもまた評判が良いのだが、これは中古でも安くはなかった。それにいっそう重い。
そんなわけで、カメラはD300にすることにした。画素数は1230万とそう多くはないがレビューの評判がよいこと、初期価格は20万を越えていたこの機種が5万円以下で程度の悪くはないものが買えるとなれば悪い選択ではないと思う。

レンズはこれまで使っていたタムロンの90ミリマクロを継続して使うつもりだったが・・・
(このレンズも優しい表情を出してくれるいいレンズですよね?)
ほかに広角ではSIGMAの28ミリ単焦点を使っている。

D300の撮影画像をつらつら眺めながら使っているレンズを意識してみる。
一応参考までということで。
そんな中で最初に眼に留まったレンズがCarl ZeissのMakro-Planar T* 2/100
100ミリマクロの単焦点レンズだった。細やかで情緒に溢れ空気感さえも再現してくれているようなこのレンズに感動した。
私がカメラに求めるものは、自分の眼で見た光景と心に起こった心象風景というようなものを再現してくれるもので、そこには自分の好きな感じの質感は投影されるだろうけれど、とにかく目と心でとらえたものをあまりデフォルメする事なく写してくれるものが欲しかった。まぁ技術的なことが追いつかないとしても。

そのような意味でもこのレンズには惹かれた、しかし、これは100ミリなので中望遠レンズということになり、庭で植物を撮るには最適ではないかもしれなかった。
なので、これで50ミリのはあるのかなぁと探してみるとあった!Makro-Planar T* 2/50である。

それほど物欲はある方ではないと思うのだが、どうして欲しいと思うものは絶対買うのだよね・・・
というわけでこのレンズも買ってしまった。
マップカメラでは11月13日まで12回までは金利0なので〜。


てなわけで試し撮りです。
曇りの日に撮った時はまったく冴えなくて(これはわたしのせいだね)焦ったが、説明書を読んで
晴れの本日に撮ったものは期待感が高まった。

f0160480_2342656.jpg

ちなみにわたしは近年ほとんどマニュアルフォーカスで撮っている。
今回は一応記録のために情報を載せてみる。

11月3日 くもり
ISOはこの日は800
ホワイトバランス → WB オート →A
絞り F/5.6
シャッタースピード 1/250


以下の写真は11月5日 天気久々の晴れ
ISOはこの日はすべて200
f0160480_2348352.jpg

アシズリノジギク 
WB A
f/3.2 1/800

f0160480_23515981.jpg

タカネバラ 紅葉
WB 晴れ
f/4 1/500

シンプルで質実剛健、 しかもスマートで美しい外観のこのレンズはピントも合わせやすい(が、わたしはよくぶれる)

f0160480_025898.jpg

そうそうタカネバラにサッカーが出ていた!

f0160480_01439.jpg

シモツケ ゴールドフレーム 
WB 晴れ
f/4 1/500

f0160480_041711.jpg

オビトケノコンギク
WB A
f/4 1/320

f0160480_053227.jpg

WB A
f/6.3 1/200

画質モードはNORMAL 画像サイズはMだった。

重さはD70sとタムロンとの組み合わせよりも300g以上重さが上がるのだが、
それほどしんどいということはなかった。
カメラ屋さんで試しにかついでみたNikon D4は笑いがでるほど重かった。
[PR]
by sakillus | 2013-11-06 00:21 | 道具 | Trackback | Comments(2)
f0160480_17505338.jpg

シコクブシが色鮮やかで清く美しいです。
トリカブトは毒を持つことから敬遠されがちですが、性質は思いのほか強いですし、
扱いさえ気をつければどうということはありません。
もう少し見直されればよいなぁと私は思うのですが・・・


庭仕事をしていて、わたしは時々道具をなくします。
よくあるのははさみ、草刈り鎌、移植ごて(シャベル)、ときにはスコップ(大)さえも。
剣スコップをなくした時は、なんであんな大きい物がなくなる?
そう大きな庭でもあるまいに。誰かが盗っていったかしら?とまで疑ったものですが、
なんのことはありません。庭のかたすみに落ちていました。^^;

ここ10日間ほどで、一般的な鋏と切り出しナイフ、大切な剪定鋏と
立て続けに行方不明になり、どれもが必要不可欠な物であるため気が気ではありませんでした。

しかし、時が経ち目線を変えると思いがけないところから出てくるもので、
一般的な鋏と切り出しナイフはやっと見つかりほっとしたものの、
昨日なくしたばかりの剪定鋏は切れ味も良く大きさも女性用として適当で、
持ち手の部分に樫が使われているため冷たくはないし、良い鋼であるとおもいます。
値段もそれなりにしましたので、これがなくなると相当ショックです。

朝、バラの伸びすぎている枝や不要枝をバチバチ切ってその後、、どういうわけかありません。
かなりその辺りを念入りに調べ、草を捨てた堆肥場に捨ててしまったかとおもい、
そこも探しましたが出てきません。
う〜む。。。困った。

でも、狭い庭のことだし、絶対ほかには持って行ってないのだからあるはずだ!
あるに違いない、いつかきっとそのうち出てくると信じ。

f0160480_18133083.jpg

スミレイワギリソウの蕾が上がってきました。
とても可憐です。


「なぜ出てこないのでしょう?」わたしはあるものに向かって問いました。
すると、このような答えが返ってきました。

「ものをなくす痛みを時にわかったほうがよいのです。」

ハッとしました。

あの日から早くも7ヶ月が経とうとしています。


剪定鋏は夕方、意外なところから、一時作業をしてた付近から出てきました。

f0160480_18105933.jpg

クロマテラ
このバラ、実は癌腫病です。
でも、意外なほど勢いがあります。新葉が赤みを帯びてきれいなこと!
[PR]
by sakillus | 2011-10-09 18:19 | 道具 | Trackback | Comments(2)