ROSASOLIS

カテゴリ:植物( 177 )
冬梅之子と初秋の赤味の花
f0160480_23294732.jpg

この薔薇に関してはそれほど執着はなく、記憶の中でも秋に咲いていたかどうかさえも
確かではありませんでした。

が! 冬梅之子 かわいいではありませんか!
ひとつひとつの花は小さく好みの形というわけではありませんが、春よりかえって大きいぐらいに
ころんと立派に咲いて、雨に打たれながらも意外に強く、愛らしいではありませんか。うふっ
わからないものですね。
この薔薇とのつきあいは10年を越えていると思うのだけれど、本領を発揮した?
f0160480_23354487.jpg



f0160480_2338213.jpg

それから、Sombleuil もよく咲いているのだけれど、パーゴラの上のほうで咲いているので、
写真に撮りにくい。

f0160480_23401127.jpg

William R Smith
f0160480_23413412.jpg

Le Vesuve
f0160480_23442457.jpg

雄大な姿がかっこいいサラシナショウマ

そのうしろのコブシの上に、
f0160480_23452329.jpg

カラスが! 何をやっているのかと見てみると、コブシの実を食べているのでした。
今ではほとんど食べ尽くしています。
f0160480_23464795.jpg



初秋はやはり緑が濃く、気分的に赤味の色が欲しくなったります。
今年はこれがよかった。
f0160480_23483411.jpg

f0160480_23485633.jpg

アシタカジャコウソウ(シソ科)です。
あまりメジャーな植物ではないかもしれませんが、しっとりとした赤紫の色が
じんわりほっとさせてくれます。

f0160480_2351564.jpg

大文字草 伊予白水
去年の苗から1年経ってずいぶんボリュームが上がりました。

f0160480_23522259.jpg

ムレチドリや大文字草など


それからこの間足踏みミシンを娘の友人にさし上げました。
f0160480_2354367.jpg

わたしはほとんどミシンは使わないのですが、足踏みミシンは帽子を習っていた頃に求めたもので、
このミシンは下が家具のように重厚になっていて立派でした。
電気のミシンよりは好きなのだけれど、たまに使う時でもいかんせん2階までいちいち行くのはなにかと不便、今ではポータブルのミシンをごくたまに使うときのみ持ってきて、ということで
お役御免となりました。

次の主のところでは働いてくれますように。
[PR]
by sakillus | 2016-10-17 23:58 | 植物 | Trackback | Comments(2)
晩夏〜初秋に咲いた花
夕飯を食べると眠くなるのでなるべく遅くまで仕事をして夕飯は遅くに食べる、という習慣がついているので、案の定夕飯後は眠くなり、なかなかブログまでたどりつけない日々でした。^^;

前回の遺伝子組み換えの続きも書きますが、この辺で庭の植物を留めておかないといけない気がするので今回はそうすることにしました。

f0160480_22573974.jpg

f0160480_22575881.jpg

Stanwell perpetual は夏から断続的にちらほらと咲いています。
植え付けてから何年経ったかな?6、7年?経ってやっと枝がにょき〜っと伸びてきたので
これからも楽しみです。
f0160480_2311175.jpg

f0160480_2302738.jpg

f0160480_9515236.jpg

近年作出のバラ Hector
春よりも落ち着いた色で咲きました。
うちでは農薬を使わないせいなのか?ややベト病になりやすい気がするのですが、
一度落葉しても復活力はあるバラのようです。

f0160480_2353558.jpg

Perle d'Or

f0160480_239149.jpg

これも好きなタムラソウ 丈夫で良いです。
f0160480_23113332.jpg

タムラソウとクロアゲハ

f0160480_23134188.jpg

ハゼノキの苔玉をつくったり
f0160480_2318777.jpg

白花シュウカイドウは丈夫で、葉が個性的で花は涼しげ

f0160480_23205946.jpg

個人的に今プチブームなツワブキ、これは’大獅子’という品種で
葉の縁がかなりふりふりと波打ち葉の表面がややスモーキーなのがgood!
やはり個性的なヒイラギナンテンと合せて株元に根締めでござんす。

f0160480_23262067.jpg

モリアザミ
f0160480_23264642.jpg

トウテイランは花期が長い

f0160480_2329172.jpg

Sydnie だったと思います。^^;
春はボタンアイがなまなましくてアップできなかった。
f0160480_23321587.jpg

Rock Hill Peach Tea よく咲きます。
[PR]
by sakillus | 2016-09-28 23:34 | 植物 | Trackback | Comments(2)
涼しい夏
f0160480_2352797.jpg

トクサ

今年は雨の少ない梅雨ですが、今頃になってやや梅雨らしい日が続いています。
というよりすっきりと晴れる日がない!
はっきりいって涼しいです。

今この水鉢は蓮に明け渡したのでトクサの勇姿として残しておこうと思います。

f0160480_238079.jpg

マツムシソウは花が咲くと株自体は終わるのですが、種でつないでいます。

f0160480_2395546.jpg

f0160480_23101025.jpg

ウィリアム R スミス は、夏でもよく咲きます。
f0160480_23112973.jpg

アリスター ステラ グレイ
f0160480_2312289.jpg

あんまりいい花じゃないけれど、ロックヒル ピーチ ティーも房咲きで咲いています。
f0160480_23155762.jpg

カザンリクに実が成るかどうか試したら1/5ぐらいの割合で成りました。笑

f0160480_2317414.jpg

オオルリトラノオ
色が冴えていて花期も長くこの時期ありがたい、好きです。
f0160480_23203518.jpg

白のクロックスやエキナセア、トウテイラン
f0160480_23221514.jpg

個性的なフロックス ナチュラルフィーリング
f0160480_2324472.jpg

トウモロコシはわたしもそだてているのだけれど、もう少し、
これは近所のおじいさんからいただいた(6本も!)もので、
肥効を長引かせるというのでやや小さく切って、
ぼろぼろな感じのバラの株元にすき込みました。すき込む前に、畑の土と土壌を少し替え
ぼかし肥料を施してからです。


f0160480_23293013.jpg

f0160480_23294638.jpg

ハナはよく食べ元気にしています。^^。
[PR]
by sakillus | 2016-07-24 23:30 | 植物 | Trackback | Comments(4)
大分県九重連山のアジサイ
f0160480_2343189.jpg

大分県九重連山のアジサイでまず思い浮かぶのは九重山(くじゅうさん)
明るい緑色に散斑、花も水色のさわやかなガク咲き、
多くの人から好まれます。
株も密に枝が茂りそう高さは出ない、まとまりよく花つきよく、返り咲きすることもあります。

f0160480_092458.jpg

九重紫紅(くじゅうしこう)
花色の冴えたガク咲き、花の大きさはやや大きいほうです。

f0160480_0125875.jpg

九重八重(くじゅうやえ)
花のよいときの写真を撮れなくて残念、咲き進んで疲れた感じですが、
これもいい花でした。
装飾花はやや離れて咲くところがおもしろいですね。
ところで、この名前、九重をくじゅうと読むと知らなければ、
九重なのか八重なのかどっちなんじゃいとつっこみを入れたくなります。



ここで、近年九重連山で発見されたヤマアジサイをご紹介しましょう。
f0160480_23471876.jpg

九重麗華(くじゅうれいか)咲き始めです。
珍しい花のつき方をしています。
なんて言うか、スティックブロッコリーを思い出してしまったのですが、
テマリ型ではなく、花枝が分かれて咲く興味深い花です。
f0160480_23513553.jpg

獅子咲きといっていいのかな?
花色もさわやかな澄んだブルー

もうひとつ姉妹版ともいえる?
f0160480_2353198.jpg

九重凛華(くじゅうりんか) つぼみです。
このぎゅうぎゅうな感じから、
f0160480_23543376.jpg

少し花開き、色づいてきて、
f0160480_07573.jpg

f0160480_23552567.jpg

こうなりました。
これはねぇ、今年のヒットのひとつでした。
花色は紫に傾き、九重麗華と花の咲き方、形は似ているのだけれど、
もっとゴージャスな感じ、私は必ずしもゴージャス好きではないんですが、
これはいいなぁ
f0160480_012756.jpg

いっしょに寄せ植えしているホタルブクロ富士紫

わたしは品種を保存したいので、ヤマアジサイの2〜3種寄せ植えというのをよくやります。
地植えできる場所は限られる、大きな鉢にこれぐらいの数で寄せ植えすると、
栽培的にも安定し翌年はけっこうおおきくなり見栄えがします。
[PR]
by sakillus | 2016-06-19 00:18 | 植物 | Trackback | Comments(0)
ヤマアジサイが見頃
f0160480_2334364.jpg

f0160480_23342468.jpg

土佐涼風 とさすずかぜ

名前でわかるように高知県産
水色の装飾花が涼しげで咲き始めから咲き進むにしたがって花が大きくなるようです。
葉が若干赤味を帯びているのはお日様を浴びてしまっているため


昨日から今日にかけて雨がしずかに降っています。
植物にとっては恵みの雨、この時期は夏前でも腫れると日射しがかなり強く
雨が降るとほっとします。

いよいよ紫陽花が見頃になってきました。
我が庭では年々ふえてゆき、今では鉢も含めると50種にはなっているようです。
年数の経った紫陽花はけっこう大株になり品種ごとの枝ぶりなど特徴がみえて
興味深いです。

f0160480_2343186.jpg

f0160480_2344297.jpg

大虹  おおにじ
花も大きめで横ばり性

f0160480_23451170.jpg

舞妓  まいこ
小型品種、なにもしなくてもコンパクトにまとまる愛らしい山紫陽花です。

f0160480_23474438.jpg

名称不明
シックで大人っぽい雰囲気の山紫陽花,好きな花です。
おととし、たぶんカミキリムシのせいでおおかた枯れてしまいましたが、残った部分が
復活しています。
f0160480_2350587.jpg

淡い桃色の装飾花の紫陽花は
月ヶ谷テマリ  つきがたにてまり
はんなりとした雰囲気でこれも好き

今年その良さをあらためて見直したのは
f0160480_23585677.jpg

f0160480_23591565.jpg

紫紅梅  しこうばい

深みのある色、少なめの装飾花と赤味の軸、
それから枝ぶりが伸びやかで密ではなく粗なのがいい
f0160480_01025.jpg

ちょっとわかりにくんですが、縦横に枝を伸ばし,何かをつかもうとしているような様が
いいんだなぁ・・・

眠くなってきたのできょうはここまで

f0160480_032739.jpg

ヤマボウシ、パーゴラ付近の迫力加減がよいなぁなんて思いましたとさ
[PR]
by sakillus | 2016-06-08 00:04 | 植物 | Trackback | Comments(0)
苦節15年のライラック
f0160480_19213586.jpg

英語ではライラック、フランス語では リラ、和名ではハシドイ、
ライラックは名前だけでもそそるものがある。
ご多分にもれず、わたしもターシャ チューダーの庭本を持っているひとりなのだが、
わたしがライラックをどうしても欲しいと想ったのは彼女の本からだった。
2mははるかに越え、横ばりも相当でその豊かな花房はロマンチックそのもので、
全体のなかでも際立って素敵だった。
どの品種でもよいというのではなく、それがほしかったのだが・・・
日本でライラックを扱うところはとても少なく、その花房の豊かな品種はどんなに探してもなかった。
それで,半分仕方なくこのライラックを買ったのは15年近く前のこと。

以来,毎年毎年花は今年はどうかな〜と楽しみにしていたのだが、いっこうに咲く気配がない!
もうここ数年は花をあきらめていた。これは永遠に咲かないのだ、
かといって葉が特に興味深いというわけでもなく、樹形もとりたててどうということはなかった。
目隠しになるぐらいがメリットといえばメリット。

ライラックの苗の流通が少ないわけだ.姫ライラックというのはもっとずっと早く花が咲くようだが、一般的なライラックはきっと花が遅いのだ。(といっても調べていない)

それが!なんとつぼみをつけているではないか!
わぁ、やっとだよ〜。うるうる

というわけで、涙でかすんで写真も霞んでいる(嘘)


f0160480_19361097.jpg

今年はParks' Yellowの誘引、剪定をあまりやっていないので枝数が多く,枝垂れて今の段階ではいい感じだ。

f0160480_19374664.jpg

北側ではバンクシアエノルマリスとクサソテツ、シラユキゲシが今ボリュームあふれている。
f0160480_1939784.jpg

それと、いかりそう、初音やニリンソウ、ミニシャクナゲ ぴんくひかげなど、
小さな花が妖精のように咲いている。
f0160480_19402223.jpg


f0160480_19405962.jpg

コリダリスのなんだったかなぁ? すずらん、ぴんくすずらん、
白花武甲ヒメシャガなど、やはり小さな愛らしい花々

f0160480_19424370.jpg

ミヤマオダマキ おぼろは昨年これが今年は、
f0160480_19431648.jpg

こうなります。

f0160480_19434536.jpg

濃色姫ケマンソウは四季咲きで寒さ暑さに強くおすすめ♡

f0160480_1945621.jpg

クレマチス ペトリエイ
寒くなる前に鉢増しして肥料やっておくとたわわに咲きます。
[PR]
by sakillus | 2016-04-25 19:45 | 植物 | Trackback | Comments(2)
コブシ 
f0160480_8425680.jpg

屋根からの雪で倒れていた沈丁花を立て直し,遠くから見る。
コブシが真っ白の花をたくさん、たくさんつけて木が白で埋まるのを見ると
永遠というのはこういうことと
思ってしまうのですね。

f0160480_8454122.jpg

[PR]
by sakillus | 2016-04-01 08:46 | 植物 | Trackback | Comments(0)
RED
f0160480_2139894.jpg

大文字草 京小町

REDというとその昔プログレ少女だったわたしは、やっぱりキング・クリムゾンのあの曲が鳴り響きます。(と前にも書いたかもしれませんが,十代の記憶って強い)
といっても,それにうなづく人はほとんどいないでしょうね。笑。それももうン十年以上前.
なんか危機感あふれる曲でしたが、彼らはなにに危機を感じていたのか、あるいはそうでもなかったのか。
ま、そんなことにはいっさい関係なく、
最近は赤い花や実が多々、いや少々にぎわしている我が庭、いくつか挙げてみましょう。ピンク系も含む。
f0160480_2150227.jpg

この秋は大文字草に萌え〜のわたくし、紫雲です。
なにが紫やん、という感じの、どちらかというと黒赤ですね。
軸の赤さが際立っています。(非常出口を連想してしまった)
f0160480_21593221.jpg

ややふっくらした弁でフギレ(ギザギザのこと)があります。
f0160480_2211698.jpg

大文字草を並べてにたにたしています。
f0160480_222413.jpg

福玉 鈍い桃色にやや緑が入ります。
f0160480_2241145.jpg

中国女王山菊
f0160480_226362.jpg

椿紅妙蓮寺が早くも咲き始めました。
f0160480_2274116.jpg

大実ゴールテリア(チェッカーベリー)
この実ね、まん丸じゃないんですよ!
しもやけがすぎてグローブになっちゃったみたいじゃないですか?

f0160480_2211926.jpg

そして、赤じゃないけれど、ゴールテリアみたいなハナ
にゃんてかわいいんだろう〜


   .........................................................


それから、いよいよ通知が来ることになったマイナンバーですが、これの申請はあくまでも任意です。書留で送られてくる通知を受け取り拒否することもできますが、全国民に番号が振られるのはまちがいないことでその番号はつきまといます。受け取り拒否するよりも、申請をしないことの選択が有効です。

と、結論を先に書いてしまいましたが、このマイナンバー制度、幾多の疑問や危険性が指摘されています。数年後の2021年には預金講座への義務化が予定されています。
2020年のオリンピック会場の入場の際にも個人識別のためマイナンバーが使用されるようだとも言われています。
何が危険で不愉快かというとやはり超管理システムになるということですね。
それほど複雑な情報は入れないようですが、多岐にわたる個人情報が集約され個人情報が管理され、悪用される危険(なりすましなど)もあるこの制度は、これが機能すれば世界で最も進んだ個人情報管理システムになってしまいます。

わたしたちは牛でもなければ子羊でもありません。

手続き上便利になるといってもたとえば住民票を取るのはそんなに不便でしたか?
住民票や戸籍を1年になんど取りにいきますか?
この制度にかかる費用は3兆円ともいわれ、すでに取り入れている韓国や米国では、結局その負担は国民にしわ寄せがくるわけで、たいへんな負担になっているとのことです。
そのしわ寄せは,中小企業や低所得層にますます税金としての負担がかかると言われています。

そのうち、カードを忘れる人が多発するから体にICチップとして入れましょうとか言い出しそうです。
それを狙っている勢力がまちがいなくあるからこそ恐いのです。
それこそREDです。

わたしたちは家畜ではありません。
この程度なら大丈夫,日本はまだ平和だとなんでも受け入れるうちに麻痺してきて、きづいたら我が子が,孫が戦地に赴くことになっていた、情報管理にがんじがらめになっていたとなりかねません。

先般の安保法制の特別委員会採決においても、本来ならあれは採決になっていません。
最後のいざ採決の場面で「速記をやめた」場合、スポーツでいうなら「タイム」中であるのを同様、記録も残っていない状況では正式なものとはならない、「委員会の議事進行の実体がない不存在」なのです。
そのうえ、採決の混乱の時、鴻池議長を取り囲んだのは参議院議員ではなく衆議院議員や公務員のひとたち、本来そんなことはあってはならないことです。
おまけに前日横浜で開催された地方公聴会での内容報告が省略されたなどという前代未聞の事態もあり、不当な手続きで行なわれた採決は「不存在」で無効だと指摘する声もあります。(公聴会で弁をふるった水上貴央弁護士)

こんななんでもありの政府与党、官僚の暴挙をゆるしておくわけにはいきません。

と、脇道にそれましたが、少しでも多くの人がこのカードの申請を遅らせ,管理国家、監視社会に小さな抵抗を。
志ある方はぜひともに実行しましょう。
[PR]
by sakillus | 2015-10-23 22:40 | 植物 | Trackback | Comments(0)
庭はまだうっすらと夏の余韻を残しながら手をあまりかけられないまま雑然とした状態であります。
やはりこの時期も花は少なくまだ紅葉へはいたらず、この葉はあぁだった、こうだったと花期の頃を思い出しています。紫陽花などは花殻を残しているので、とっくに褪せた色を愉しみつつ来年の花を想います。

そんな中、ちらほらっと見える小さな実は印象的。
f0160480_021493.jpg

これはスズランの実
f0160480_0214170.jpg

これはホウチャクソウ
f0160480_0225663.jpg

まばらではあるけれどカラフトイバラ
f0160480_0242164.jpg

ホウズキはすけすけ

f0160480_0252921.jpg

これは番外 畑のタカキビ
食べられるまで脱穀とかたいへんなのだけれど、炊くと肉のような食感があり、
なかなかおもしろく使える。
f0160480_0273774.jpg


f0160480_028476.jpg

レンゲショウマ
f0160480_9505149.jpg

ブロンズフェンネルの種はすごく香りがよくて頭がすっきりします。
お菓子にいれてもおいしそう、料理にはいろいろ使えそうです。

f0160480_0292297.jpg

f0160480_0293619.jpg

ハナもなんとか元気にしています。
f0160480_0301047.jpg

珍しいミカとチロのツーショット

  ☆チロは今度のGarden&Garden Vol55にちらっと登場しています。
  「庭にかわいいお客さま。」という新連載コーナーです。
[PR]
by sakillus | 2015-10-18 00:32 | 植物 | Trackback | Comments(2)
パンパスグラス、白花レンゲショウマ
f0160480_23223634.jpg

きのうは秋めいてきたような涼しさでしたが、一転今日はまぁ暑かったですね〜!
おまけに湿度も高くまいります。

気付いたらパンパスグラスが咲いていました。
これだけ見るとなかなかいい感じですが、どうしてどうして、、手強いヤツです。

神代植物公園のパンパスを見た方も多いかと思いますが、あれを見てやばい!とおもったときは
すでに植えたあとでしたものね。^^;
奥は壁、手前は小さな池でこれ以上広がるのを阻止してます。。。


f0160480_23301160.jpg

先日は八重咲きレンゲショウマをお見せしましたが、白花も素敵です。
f0160480_2331384.jpg

つぼみがまん丸で、こう宇宙のなかに星々が点々とあるようでおもしろいなぁって思います。

レンゲショウマは栽培的は地植えでもそれほど難しくありません。
けっこう日陰が適です。西日にあてると葉が焼けてしまうのでご注意を。


f0160480_23351634.jpg

Le Vesuve



f0160480_23331049.jpg

ハナ、伸び〜っ。
[PR]
by sakillus | 2015-08-22 23:33 | 植物 | Trackback | Comments(0)