ROSASOLIS

カテゴリ:植物( 173 )
写真日記 6/5~6/10
f0160480_0342619.jpg

この紫陽花はハウスの中でこぼれ種から発生したオリジナル?の紫陽花で
勝手に「咲季」と名づけたものです。
庭植えしたら生長のはやいこと!おまけに丈夫、ここはわたしに似ている。
花の大きさは小型で色も濃く、なかなか人気があります。
f0160480_0382395.jpg

f0160480_0565772.jpg

ちょこっと写っているバラはジェネラス・ガーデナーで、おととしぐらいにカミキリムシ幼虫に
やられてから生長が芳しくなかったが、ようやく立ち直ったもよう。
f0160480_124872.jpg

f0160480_131197.jpg

人気という意味では今年何人かの方から「いいね。」と言われた緑星テマリ
私自身も今年はいいなぁとつくづく思いました。
かなり小型の花で、こんなライラック色だったかしら?と思う。
例年だともっと地味な印象だったのです。
で、なんで緑星かというと、
f0160480_165725.jpg

花の一部が緑色なんですね。
f0160480_192284.jpg


f0160480_103732.jpg

笹の舞は枝は細く繊細な部類。白から咲き進むとやや水色がはいるところがまた素敵。
f0160480_0464771.jpg

紅額と土佐童
f0160480_1115246.jpg

土佐童 童というだけあって小型の紫陽花です。

f0160480_0393566.jpg

冬梅之子 って小型のバラかと思いきやけっこう大きくなるんですね。
f0160480_0411080.jpg

カーディナルの下のほうからベーサルシュートが出て来ていいぞいぞ!
f0160480_049743.jpg

レッドネリーの実ができました。

f0160480_1183435.jpg

わたしとしては、庭植えの植物で絶対必要、must!というものはあります。
アヤメ科の植物、ユリ(特にヤマユリ)、シャクナゲ、フウチソウ、ギボウシ、紫陽花・・・たくさんあれど、ソバナのない庭というのは考えられませんね。

f0160480_0504780.jpg

f0160480_0542912.jpg

f0160480_0545293.jpg

[PR]
by sakillus | 2015-06-11 01:16 | 植物 | Trackback | Comments(2)
いきいきと輝く山紫陽花
f0160480_232427.jpg

あらためて数えてみると、鉢植えのも含めると40種類ぐらいあります。
ヤマアジサイです。
バラに次ぐこと、少し前まではイカリソウといい勝負だったのですが、最近数を増やしてしまったので、どうやら紫陽花のほうが勝った感があります。
まだおちびちゃんのもあるのですが、5年以上経つものもけっこうあり、のびのびとそれぞれの
伸び方を見せてくれています。
おのおの個性があり、枝の伸ばし方、大きさ、葉の様子、花数など違いのわかる頃合いになりました。
1枚目の写真は肥後絞り、装飾花に絞り模様があります。
f0160480_2394688.jpg

さつき姫は去年は青で咲いていたのに今年はどういうわけかこんな桃色で咲いています。
小型のテマリ咲き、愛らしい紫陽花です。
f0160480_23114127.jpg

あいかわらず人気の高い九重山
葉に涼しげな斑が入ります。
f0160480_23132475.jpg

同じく葉に斑のはいる、なんていう名前だったかな?エゾアジサイです。
f0160480_2317253.jpg

ちょっと色がよく出ていないけれど、大虹です。
f0160480_23182317.jpg

甘茶
f0160480_23191618.jpg

f0160480_2320780.jpg

生長もゆっくり、地味な部類だけれど好きなんだなぁ、羽衣の舞
f0160480_23245814.jpg

f0160480_23254268.jpg

紅つるは富士山麓にはえているといいます。
とても丈夫で多花性
f0160480_2327570.jpg

紫紅梅は大きく枝を伸ばしてかっこいいです。

f0160480_5264619.jpg

[PR]
by sakillus | 2015-06-08 23:28 | 植物 | Trackback | Comments(0)
ジューンベリー
f0160480_015338.jpg

ジューンベリーも満開です。
f0160480_022980.jpg

樹を植えたのは何年前かな?
ここに引っ越してきた頃でしょうか。
もうここも8年になります。早いものです。

下に見える赤い花は、椿 卜伴
遅咲きの椿ですが、今年はいっそう遅かった。

ジューンベリーの後ろに見える裸の枝はコナラ
これも大きくなったものです。
[PR]
by sakillus | 2015-04-16 00:05 | 植物 | Trackback | Comments(0)
Plants of Gold
f0160480_0191546.jpg

黄葉も終わりに近づき、いよいよ枯れてゆきます。

地際と茎と葉に与えられたエネルギーは、
最後の光を放つように金色になります。
f0160480_023994.jpg

Plants of Gold
植物はいいですね。
なにも飾ることがない、嘘もない。

光合成をして自らとっていたエネルギーを溜め込む役割をしていた葉は
一年ごとに決着をつけるごとく潔く散ってゆきます。
最期のときに拍手を送るように太陽の光が金色を与えます。

ありがとう、また来年。


f0160480_0282971.jpg

ひとつの雪割草はもう咲きそうです。(早すぎちゃう?)

f0160480_029132.jpg

バロンヌ、、いいときを撮ってあげられなかったが、これもいい感じじゃないですか。
[PR]
by sakillus | 2014-12-14 00:30 | 植物 | Trackback | Comments(0)
冬になりました
木枯らしも吹いてすっかり冬の到来となりましたね。
こちらはまだ雪は降っていませんが、なんと四国で雪とのこと!
天候が読めませんね。

f0160480_0575145.jpg

少し前の冬梅乃子です。
もっと更新したい気持ちも山々なのですが、
なかなか時間がとれません。
いろいろな意味で、焦りにも似た気持ちがありますが、
まずやらなければならないことをやらなければなりません。
f0160480_0594331.jpg

春のようにたくさん蕾を付けた冬梅乃子はさすがに急激な寒さのため
全部咲かせることはできませんでした。

f0160480_11281.jpg

ル・ヴェジューヴも年間を通してよく咲くバラです。
寒さでいっそう際立った色を見せてくれています。

f0160480_131454.jpg

パーゴラのあたり
f0160480_14127.jpg

コブシ バレリーナは黄葉を一瞬で落とし灯火のような蕾を残し

f0160480_153395.jpg

初シモバシラです。
[PR]
by sakillus | 2014-12-08 01:05 | 植物 | Trackback | Comments(2)
山紫陽花の紅葉
草木の紅葉も山場を終え、しだいに色が淡くなり葉が薄くなり
やがて落葉するこの時期、もののあはれというのでしょうか、
役目を終えて倒れいずれはまた新たな萌芽を溜め込んでいる
この時期の植物にもえも言われぬ魅力を感じます。

f0160480_0202274.jpg


山紫陽花の姿形もひとくくりにはできない多様さがあります。
葉の形、質感、枝の広がり方、大きさ、花ももちろんですが、
紅葉の様もそれぞれです。

f0160480_0205084.jpg

これは紫陽花の仲間に入れられる甘茶
花も残しておくと素敵ですが、紅葉も渋いですね。

f0160480_0214499.jpg

九重山(手前)と富士の滝かな?

f0160480_0225635.jpg

肥後絞りは葉も大きめで渋い紅葉を見せます。

f0160480_023182.jpg

これは実生で生まれた 優子 と名づけたもの
タイトでいい感じです。

f0160480_0242395.jpg

さつき姫 ずいぶん赤味がありますね。ギボウシも写っていますが。
f0160480_0262258.jpg

藍姫


f0160480_0274026.jpg

なかなかいいもんでしょう?
[PR]
by sakillus | 2014-11-30 00:29 | 植物 | Trackback | Comments(2)
ヤマコウバシ
f0160480_233031.jpg

茜色に色づいているのがヤマコウバシです。

今年はいっそうきれいです。
ほかがイマイチという中でこれはよかった!

いい名前ですよね。
香ばしいような色をしています。
でも、名の由来はそれではなく「葉を揉むと芳香があるためについた」のだそうです。
クスノキ科クロモジ属 の落葉低木です。
葉自体は特別な形をしているわけではなく穏やかな印象ですが、
紅葉から冬の時期にかけては目立ちます。
冬に残りますから。

f0160480_23112643.jpg

水場あたりもいい感じです。
昨日のカイナンサラサドウダンがちらっと見え、
え〜っとどこの菊だったかな、瀬戸のじぎくだったかな、
とにかく野菊がかかっています。


f0160480_2318615.jpg

カイナンサラサドウダンとアオハダなど

f0160480_2319165.jpg

[PR]
by sakillus | 2014-11-14 23:16 | 植物 | Trackback | Comments(2)
椿 茶々姫
f0160480_19581669.jpg

‘茶々姫’です。
いや〜、まいりました。めちゃくちゃかわいいです!
4センチほどの小輪、抱え咲きで色がまたいいんですよね〜。
やわらかなサーモンピンク、弁底は白くなっています。

名前で想像つく方は「通」ですぞ。
そう、椿と茶の木の交配品種です。

椿(ヤブツバキ)と茶との交配といえば‘炉開き’もそうですね。
‘炉開き’は花弁がもう少し不規則な感じがします。
‘茶々姫’はくるっと形がよいです。
f0160480_2062188.jpg

f0160480_2051056.jpg

花弁がひらっとしているところも愛らしいですね。


f0160480_2064982.jpg

これはフガクサラシナショウマ
富士山麓が自生地の小型種です。
花穂もサラシナショウマよりも小型です。
左の一匹狼がいいですね。
なんでですかね?

f0160480_209318.jpg

少しずつ紅葉が始まりました。

f0160480_20101535.jpg

[PR]
by sakillus | 2014-10-30 20:10 | 植物 | Trackback | Comments(8)
ヤマユリ 白星
f0160480_2392920.jpg

これはヤマユリの‘白星’という変種です。

基本種のヤマユリは斑点が濃いのですが、これは乳白色で目立ちません。

一応下は基本のヤマユリです。
f0160480_23114528.jpg


どうですか?どちらが好みですか?

わたしは基本種のヤマユリのほうが好きなのですが、まぁ‘白星’も好きです。
開花期が違うようで‘白星’はけっこう遅いんですね。
だから楽しみが多いっていうか、あの濃厚な匂いがまたやってくるというのは私は好きだなぁ・・・


ユリ科つながりですが、
f0160480_23143227.jpg

ご存知、ギボウシ、ホスタの‘ブルーカデット’です。
斑入りじゃないのも好きなんですよ。
このしまった色もいいし、タマノカンザシみたいな淡くみずみずしい黄緑もいいですよ。
f0160480_23162477.jpg

‘ブルーカデット’はまた花がいいですね!
[PR]
by sakillus | 2014-08-14 23:16 | 植物 | Trackback | Comments(2)
ヤマユリ
台風以来急に暑くなってきましたね〜。
まだうちは樹木に遮られているせいでだいぶ違います。
みなさま体調はいかがですか?
わたしは元気なのが取り柄ですが、さすがにこのもあっとした暑さは嫌いです。
夏バテというのではないけれど、疲れやすくそして眠い。

そうこう言ってもしかたがない。夏も来ないと秋は来ませんものね。
庭ではなにかが虫にやられ、なにかがちりちりになり、なにかが水をほしがっている、
つるの猛威に閉口しているものもある。
濃い緑旺盛の中で大好きなヤマユリが咲き始めました。
f0160480_19314595.jpg

むせるようなゆりの香り、夏の到来をおもいます。
f0160480_19334135.jpg

f0160480_2120399.jpg

ホスタ ファーストフロスト、後ろのオレンジ色の花は増えすぎ傾向のヒメヒオウギズイセン
f0160480_19365872.jpg

ソバナ 丈夫で涼しげでこれも好き
f0160480_19384759.jpg

アサマフウロ
f0160480_19392072.jpg

アリスター・ステラ・グレイ
f0160480_19395060.jpg

ロックヒル・ピーチ・ティー
f0160480_1941771.jpg

ナツノニワデスナ
[PR]
by sakillus | 2014-07-16 19:42 | 植物 | Trackback | Comments(2)