ROSASOLIS

カテゴリ:植物( 175 )
ヤマユリ 白星
f0160480_2392920.jpg

これはヤマユリの‘白星’という変種です。

基本種のヤマユリは斑点が濃いのですが、これは乳白色で目立ちません。

一応下は基本のヤマユリです。
f0160480_23114528.jpg


どうですか?どちらが好みですか?

わたしは基本種のヤマユリのほうが好きなのですが、まぁ‘白星’も好きです。
開花期が違うようで‘白星’はけっこう遅いんですね。
だから楽しみが多いっていうか、あの濃厚な匂いがまたやってくるというのは私は好きだなぁ・・・


ユリ科つながりですが、
f0160480_23143227.jpg

ご存知、ギボウシ、ホスタの‘ブルーカデット’です。
斑入りじゃないのも好きなんですよ。
このしまった色もいいし、タマノカンザシみたいな淡くみずみずしい黄緑もいいですよ。
f0160480_23162477.jpg

‘ブルーカデット’はまた花がいいですね!
[PR]
by sakillus | 2014-08-14 23:16 | 植物 | Trackback | Comments(2)
ヤマユリ
台風以来急に暑くなってきましたね〜。
まだうちは樹木に遮られているせいでだいぶ違います。
みなさま体調はいかがですか?
わたしは元気なのが取り柄ですが、さすがにこのもあっとした暑さは嫌いです。
夏バテというのではないけれど、疲れやすくそして眠い。

そうこう言ってもしかたがない。夏も来ないと秋は来ませんものね。
庭ではなにかが虫にやられ、なにかがちりちりになり、なにかが水をほしがっている、
つるの猛威に閉口しているものもある。
濃い緑旺盛の中で大好きなヤマユリが咲き始めました。
f0160480_19314595.jpg

むせるようなゆりの香り、夏の到来をおもいます。
f0160480_19334135.jpg

f0160480_2120399.jpg

ホスタ ファーストフロスト、後ろのオレンジ色の花は増えすぎ傾向のヒメヒオウギズイセン
f0160480_19365872.jpg

ソバナ 丈夫で涼しげでこれも好き
f0160480_19384759.jpg

アサマフウロ
f0160480_19392072.jpg

アリスター・ステラ・グレイ
f0160480_19395060.jpg

ロックヒル・ピーチ・ティー
f0160480_1941771.jpg

ナツノニワデスナ
[PR]
by sakillus | 2014-07-16 19:42 | 植物 | Trackback | Comments(2)
Scabiosa atropurpurea 'Ace of Spades'
f0160480_98662.jpg

台風が来ると言うので、ほんの少しだけ咲いている花を切ってきました。

サカビオサ エースオブスペードは今年はじめて育てたのですが、これがなかなかおもしろかった。
本来はもっと低く咲くのかもしれませんが、まわりとの競合によってすくすく高くなり、
枝茎がひょうろひょろ。
f0160480_9221886.jpg

アップにするとこんな花です。
花径は4センチくらい。
多年草とありますが、夏越しができるかどうかですね。

f0160480_9235175.jpg

少し草取りをしていたら薄日が射してきてチロがやってきました。
手前にはサケバヒヨドリ(裂葉鵯)を植えてみました。
チロの日傘にもならないけれど。
f0160480_9262798.jpg



f0160480_926591.jpg



  ☆ 自分の体とミツバチがかわいかったら少なくともネオニコチノイド系農薬は使わないようにしましょう。「ミツバチは、神経毒によって帰巣能力を失った

  ☆ 商品名はこちら

お願いします。
[PR]
by sakillus | 2014-07-10 09:27 | 植物 | Trackback | Comments(0)
梅雨の晴れ間
f0160480_6342864.jpg

イワガラミの苗をいただいてから咲くまで5年ぐらいはかかりました。
今年は豊作になりました。
装飾花といっていいのかしら?
周囲のひらひらっとした1枚花弁がおおらかでいいなぁ〜。
ボートのオールみたいでね。

f0160480_636953.jpg



f0160480_6361472.jpg

スカビオサ・エースオブスペードにも驚きました。
元々この高さになるのかもしれないが、
まわりの草花に背の高い多いので、いっしょにぐんぐん伸びて
今では1.2メートルぐらいになってます。

f0160480_6414886.jpg

この庭の元々の住人、空色紫陽花

f0160480_642433.jpg

フランソワ・ジュランビル
f0160480_6425133.jpg

冬梅之子も大きくなりました。

f0160480_6432773.jpg

カンムリキンバイ
f0160480_644181.jpg

甘茶
f0160480_6442461.jpg

ゲラニウム・ファエウム ‘ローズマダー’
ずっと咲いている

f0160480_6452448.jpg

紫紅梅(向こう側)と九重山

f0160480_6511259.jpg

藍姫



今年は薔薇より紫陽花のほうが優秀であります。^^;
紫陽花、手がかからないし・・・


f0160480_7291199.jpg

[PR]
by sakillus | 2014-06-17 06:45 | 植物 | Trackback | Comments(0)
アマギシャクナゲ
f0160480_6545645.jpg

今年はアマギシャクナゲが久しぶりにたくさん咲きました。
ここ何年か花数が少なかったのです。
この白く清楚な花と常緑で力強い葉と枝振りが大好きで、
本当に清々しい気持ちになるのです。
箱根の山中に自生しているアマギシャクナゲはその多くはピンク花であるのに
この個体は白であるというのがすごくうれしい!
先日おいでになった友人は白花を最も好む方でしたが、わたしも白花は好きですねぇ。

f0160480_71459.jpg

ほらぁ、こんなに美しく立派!
f0160480_713081.jpg

あれぇ、だれかなぁ?
朝寝起きで少々ぐずっているのね
最近は言葉がずいぶん発達してきて、歌も何曲もうたってくれます。
「ばぁばが運転する」のうたも作ってうたってくれました。
もうじき2歳です。

f0160480_72560.jpg

この子も通って。
[PR]
by sakillus | 2014-05-15 07:04 | 植物 | Trackback | Comments(8)
シモツケゴールドフレーム *アネモネ・オブツシロバ アルバ
f0160480_954834.jpg

シモツケゴールドフレームの葉が赤く芽吹いてきてきれいです。

日々多忙でなんだか一日中仕事をしている状態です。笑。
まぁ、いろいろ勉強になることも多くありがたいことです。

庭は日ごとに様相が変わり毎日朝が楽しいです。
そうそう、このところ朝日を見るようにしているのです。
20秒ぐらいから。
理由はそのうち・・・


f0160480_982254.jpg

ビオラ コルビネ
宿根性のビオラです。絞りの感じがいいですね。

f0160480_9134552.jpg

今年も会えたね! 八重咲きサンギナリア カナデンシス

f0160480_9143128.jpg

いい花時を逃しちゃった。

f0160480_91598.jpg


これこれ!バラ友さんが中国 雲南、四川省の旅に出かけた時たくさん写真にあった
アネモネ・オブツシロバの白花です。
学名:Anemone obtusiloba f. alba
キンポウゲ科イチリンソウ属の耐寒性多年草。
それほど大きくない花ですがとっても可愛いです!
枝茎は横に広がっています。



咲季山草軒もこの時期苗がいろいろございますのでよろしかったら覗いてみてください。
[PR]
by sakillus | 2014-04-10 09:18 | 植物 | Trackback | Comments(2)
モコモコ系
f0160480_19244026.jpg

産毛に包まれた植物ってかわいいですよね。
赤ちゃんみたいでおもわず頬が緩んでしまいます。

これはプルサティラ・ブルガリス パールベル (Pulsatilla vulgaris Pearl Bells)
ヨーロッパ中部、ウクライナ原産のプルサティラ・ブルガリスの選別種です。
オキナグサの仲間です。

もうすぐ開花です。ちなみに去年の開花画像
f0160480_19313871.jpg

とてもきれいです。きゅんっときますねぇ。

そして同じくプルサティラの仲間
f0160480_19322842.jpg

黒い!期待大!
何年か待ってやっと開花だもの。ドキドキ♡
Pulsatilla turczaninovii です。(Blue Siberian Pasque Flower)という名もあるようです。
turczaninovii(トゥルクザニノウィイでいいのかな?) ってことは人名からきた名前でしょうか。
ダークブルーの花のようです。ふふふ
シベリアや東アジアに分布するようです。
種を採らなければ!

f0160480_19381935.jpg

これはなんでしょう?
オキナグサではありません。
わたしも忘れてしまいました。
え〜と、う〜んと、、、そうだ、あれだ!
これでわかる人は通です。
答えは
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・




桃花吉野草でした。
吉野草はもう少し色が濃いのです。
葉が展開するとそんな感じではないのに、この時はかわいいですね。


モコモコ系ということで、お約束のこのひと
f0160480_19433041.jpg

ハイ、失礼いたしました〜。
[PR]
by sakillus | 2014-04-02 19:43 | 植物 | Trackback | Comments(4)
クリスマスローズその他
f0160480_23423482.jpg

これも背丈の低いところで咲いて、しだいに少し高くなります。
白がピュアホワイトというのでしょうか、新鮮な白です。

f0160480_2344377.jpg

グリーンダブル
梅の花びらが風情を添えています。
f0160480_23464027.jpg

バイカラーのグレープ色が咲き誇っています。いい感じです。
f0160480_2346306.jpg


f0160480_23501870.jpg

原種系チューリップのヘレネが予想外?に愛らしくキュンとなりました。
ピンクの目立つ色ではありますが、コクがあり全く嫌みがありません。






f0160480_23513770.jpg

これはヤシャビシャクという落葉小低木です。
珍しいもので、通常は山地の高木の上に着床するのだそうで、なかなか見つけにくいもののようです。
和名は「夜叉柄杓」です。できる果実の形が緑色に熟する毛の生えた楕円形で、その形から名づけられたとのことです。
柄杓はひょうたんのことで、ひょうたんのことを古くは「ひさご」と呼んでいたそうです。

かわいらしい花です。

f0160480_23595914.jpg

ショウジョウバカマ
カッコイイです。
f0160480_01580.jpg


Moreよくやった!沢田研二
[PR]
by sakillus | 2014-03-31 00:03 | 植物 | Trackback | Comments(0)
チビッコ クリスマスローズ
花木が咲いてくるのを感動的に眺めている日々ですが、去年の情報と比べてみると
やはり1週間以上遅れています。
大雪の影響は大きかった!

クリスマスローズも同じです。
今が一番の見頃なのです。
f0160480_0105065.jpg

これはわたしが「チビッコ」と勝手につけているもので、
ほんと、かわいいんです。
手前にあるクロッカスはやや大型なのですが、比べてみてもちいさいというのがわかるでしょう。

f0160480_0121398.jpg

f0160480_01346.jpg

これは地味〜な子
なんかプルプラの地がはいっているようなヘレボですね。
デュメのハイブリッドのはずなのですが。
こういう鈍色もけっこう好きなのです。

f0160480_0135385.jpg

これはグラデーションになっている子
きれいですね。
ギボウシに隠されてしまうところに植えたので、掘り上げて鉢に植えました。
f0160480_016486.jpg

おなじみ元気印の多花性


f0160480_0173086.jpg

f0160480_0174859.jpg

枝垂れ梅が満開になり、今は満開を過ぎはらはらと散ってきています。
f0160480_0183519.jpg

今年はマンサクが本当に長い間咲いてくれて、永遠に咲いているんじゃないかなんて錯覚するほどでした。
だからもう終焉になって来たこのごろは惜しむ気持ちです。
[PR]
by sakillus | 2014-03-28 00:20 | 植物 | Trackback | Comments(0)
クリスマスローズ
f0160480_22382226.jpg

今育てている中でどれが一番好きか?と聞かれると答えに窮しますが、
これはとても好きです。
H.torquatus ボスニア産の種からです。
年数も経ち充実してきました。
カップ咲きの形も良いですが、色ですよね。
f0160480_2242456.jpg

渋いけれど新鮮な色です。赤味のピコティもあります。
ちょっと神秘的な色をしています。
f0160480_22435333.jpg

これはバイカラーダブル
ちょっと写真ではよくわかりませんが、内側は渋い緑で絞りのような筋のような模様があります。
大株にしたら見事だろうなぁとひとりでにたにた
f0160480_2246132.jpg

f0160480_22464734.jpg

これも好きなんですよ。
赤い筋に哀愁があって、遠くに引っ越した友人を思い出すのですね。
G d Dさん、お元気ですか?

f0160480_2250294.jpg

実際はもっと黒いかな
f0160480_22505657.jpg



まだ咲いてないのもあります。


ところで、我が家の屋根は45度の急斜面で、先日の大雪では雪崩のごとく大量の雪が落ちてきます。その下の植物が見えたのはかなりの日数を経てからのことで、
植物によってはかなりダメージを受けました。
その筆頭がこの沈丁花
f0160480_22545474.jpg

うぅぅ・・・・・痛かったね
太い枝が中心の幹から避けるように、ほとんど首なしニックのように取れかかっていました。
さすがにそれはだめだろうということで切って、
でも、支柱を打って立ち上げました。
f0160480_2257681.jpg

ふっか〜つ!
形は悪くなったし、近くにあるシャクナゲ モーニングマジックもダメージを受けたので、
今年はオープンガーデンやめだと思ったのですが、
復活を見てゆくのは学びがあります。

弱っているものこそまず救う、ですよね。
弱いものの立場に立つ。そのことを強く思います。
[PR]
by sakillus | 2014-03-21 23:10 | 植物 | Trackback | Comments(6)