ROSASOLIS

<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
林弘子さんの死を悼む
f0160480_2171463.jpg

   サツマノギク


料理の道を進みつつある娘が言った。

娘「辰巳芳子さんのスープの会って、いつになったら入れるんだろうねぇ?。」
私「そうねぇ、まだ見込みがあるのかどうかさえもわからないわねぇ。」

そのスープの会とは、料理研究家の辰巳芳子さんが主催している会なのだが、
以前娘がちょっと料理の勉強もしたいと言った時に、すぐに入れるとは思わなかったが、
とりあえず入会申し込みのはがきだけは出していたのだった。

それから早7年の歳月が経つ。

娘「住所も変わっちゃったしね。」
私「でも、まだ転送されてくるかもよ。」
娘「もし、入れるときに私が忙しかったらお母さんが替わりに入ってもいいよ。」
私「だめよ!わたしは魚がさばけないんだから。」
娘「う〜ん、なんでもやれちゃいそうな人なのにねぇ。」
私「トラウマだから仕方がないのよ。」
娘「食べるのにね。」

娘「もう辰巳さんのスープの会、募集していないんだって。」
私「誰だって寿命ってもんがあるからね。」
娘「どうしよう・・・ほかに誰かいい先生いないかなぁ・・・?」
私「そうねぇ・・・林弘子さんがいいわよ!何か料理教室もやっているはずよ。」
娘「あぁ、そうだね、いいかも。」
f0160480_21123211.jpg

   ヒノミサキギク

林弘子さんは、早くから国産小麦粉で作るパンとか、もろもろの発酵食とか伝統食、
とにかく目の付け所が良く、生きることと食べることを直結させていた数少ない料理人だとおもう。

娘「えっ?」
私「なに?」
娘「・・・えっ?」
私「だからなに?」
娘「亡くなってるって。」
私「えっ!嘘!。」

f0160480_21451667.jpg

   家菊

林弘子さんとわたしは生まれが1958年、何か近しいものを感じていて、
お会いしたことなどはないが、その著書はいくつか読んでおり、
特に「秘伝発酵食づくり」はいろいろ役に立った。

10年以上前、盟友とともに暮らしに役立つこと、日本の文化伝承のためにやっておきたいことを
ピックアップし実践していた頃があった。
みそ作りもそのひとつで、その際上記の本はとても参考になった。単にミソを作るだけではなく
麹までつくったこともあった。それも林さんの本を参考に黒米や雑穀などで。

去年の終わり頃ふとしたきっかけでブログをやっていらっしゃることを知り時々見ていた。
娘の言葉でそのブログを久しぶりに見て唖然とした。

7月にお亡くなりになっていたというのだった。

視界狭窄、神経がそうとうやられていたのだろう。誤字脱字の多さに泣けてきた。
そんなつらい状況でもなんとかブログを更新させようとしていて胸が痛んだ。

生きるための、生き延びるための食ではなかったのか?
そんなに無理をしなくてもよかったのではないか?

おこがましいいい方であることは承知でいえば、遠くから同志のような気持ちでいた。
林さんの大胆さ、おおらかさ、繊細さが好きだった。
f0160480_2212678.jpg

   嵯峨菊

またまたずうずうしいことを言わせてもらえば、林さんの仕事のようなことを、わたしは、
庭でできないかと思っていた(いる)。
つまり、日本人であるということを忘れたくないのだ。
この地に生きている人として、この地にあった庭づくりをしたいと!

f0160480_2254059.jpg

   水場で 野路菊(愛媛)
f0160480_226289.jpg
 
   足摺ノジギク 
f0160480_227367.jpg

   クレマチスが楓にからまって。

林さん、天国で笑っていてくださいね。
おいしいもの、たくさん食べて。
な〜んか、菊の似合いそうな林さんに捧げます。




 
[PR]
by sakillus | 2010-11-30 21:15 | Trackback | Comments(4)
タコツボッティ
庭になにか置物があればいいなぁと少しばかり思っていた。
少しばかりというのも妙だが、どうしても、というほどではないが、それがあることでポイントになり、また、趣を添えてくれるものがあれば、というぐらいのもので。
だが、どこの庭でもそうだろうが、どんなものでも良いというわけにはいかない。
馴染んでくれるものでなければかえって逆効果であるから、出会いがあるまでじっくり待つことにしていた。

先日、バラ友でもあるすみごんさん
初めてここにおいでになっておもしろいものをくださった。
f0160480_21564157.jpg

それがこれであります。ふふふ

たこつぼとして実際に使われていたものらしく、貝殻?のようなものがこびりついていたり、
海の中で長い年月を過ごしていたと思われる風化具合がとても味わいがあっておもしろい。

中が空洞で、底が開いている。上の穴の部分に紐を通して海中に置いてたこ(いいだこではないかという)を獲るのだそうだ。

夫婦みたいでしょう?というのがあたっていて、長年連れ添ってきた熟年の夫婦みたいでもある。
または鳥のつがいのようでも。
どこかユーモラスであり、気持ちがやわらぐ。
f0160480_221373.jpg

f0160480_2215761.jpg


ずっと海の中にいたから、こんどは陸においてもらえばとすみごんさんは言う。
ご本人も気に入っていたもののはずだが、室内に置いておくより、庭の方がいいのではないかとのことだった。
たいへん気に入りました。ありがとうございます!

それで、名前を勝手につけた。タコツボッティです。
タコツボノフスキー、タコツボーニャ、タコツボリエンコ、、、
いろいろおもいつくが、ただいま私の頭はジャコメッティが占めているので、それにちなんで
タコツボッティなのだった。

そのほか、アオツヅラフジでつくったリースなどもくださった。
f0160480_2292682.jpg

f0160480_22113585.jpg

このシンプルさがいいですね
ちなみにこの実の中の種はアンモナイト型をしているというのであけてみたら
本当にそうだった!  自然って不思議

手も器用な才女、すみごんさんは手作りのバッグやマフラー、小物もつくっていて、
それはここ、un filで。
手の込んだ品々が乙女心?をくすぐります。

また、拙庭を撮ってくださった写真の数々はWalikin'へ。


他人の目で見た写真って興味深いですね。
[PR]
by sakillus | 2010-11-27 22:20 | 自然物 | Trackback | Comments(12)
初冬の薔薇と鉢土替え
紅葉のシーズンも終盤を迎え、落ち葉がどんどん、どんどん、どんどん落ちます。
f0160480_2273489.jpg

   ここはコブシの葉が落ちるところ、これなんかはまだ少ない方。
   青い花はユウガギク
f0160480_2285225.jpg

f0160480_2291614.jpg

  ヒメツルソバにも。色とりどりで絵のよう。

たくさんの落ち葉は、小径や多量のところ、迷惑になるところ以外はそのまま春までおいておきます。
そのほうが冬の寒さから守ってくれますし、土壌も団粒化するようです。
それに、カニガラを撒く予定です。

今頃、薔薇が案外咲いています。
秋薔薇の予定がどうもずれこんでしまいます。
でも、紅葉や初冬の景色の薔薇もなかなかおつなもの。
f0160480_22155090.jpg

Safrano
f0160480_22171732.jpg

f0160480_2219281.jpg
f0160480_22194554.jpg


Alister Stella Gray
f0160480_2224358.jpg

やっと咲いた Maman Cochet
f0160480_22252695.jpg

ずっと咲いてる William R.Smith
f0160480_22262686.jpg


おニューの New Wave
どうしても咲かせたくて、鉢なので夜は室内に取り込んでいます。^^;


f0160480_2229914.jpg


R.fedtschenkoanaの葉はこの時期でも銀色を帯びていてきれい。



f0160480_22323661.jpg

R.nitida の紅葉


f0160480_22402069.jpg


今日はいくつか鉢土替えをしました。
Keiさんのご指導にのっとって、鉢底には軽石、用土にはピートモス(酸度調整済)を加えてみました。


鉢底の軽石は水分の停滞を防ぎ根を腐敗させないため、ピートモスは保肥力、保水力をあげるためです。
全取り替え、部分取り替えなど、それぞれの様子をみながらです。
ネグサレセンチュウ、ネコブセンチュウにやられないように鉢を直接土の上に置かないのも大事ですね〜。
ネグサレセンチュウのdeepな記事はこちら


   *おまけ*


f0160480_22445879.jpg

とても珍しいヨーロッパのビオラ
ビオラ コルシカ(左)とビオラ ソロリア ’フレックルズ’、これ、なんと吹き掛け花なんです!
宿根します。
冬はお休みし春からまた咲き出します。
日本のスミレと同じですね。(今咲いているのは別としても)
f0160480_22481137.jpg

モミジ葉ツワブキ、鉢にはチングルマ、もっと紅葉するかもしれません。

咲季山草軒のネットショップで扱っていますので、ご覧になってくださるとうれしいです。
[PR]
by sakillus | 2010-11-23 22:49 | 薔薇 | Trackback | Comments(10)
撮影を終えて 2
カメラマンのFさんは以前、植物調査業務に従事していたというだけあって、
植物を見る目が細部まで行き届いていると感じた。
f0160480_20362378.jpg

   コバノズイナとその足下、ユキノシタなど


f0160480_20383871.jpg
f0160480_2039103.jpg


   オビトケノコンギク、シモバシラ


庭にいるものたちは見た目派手なものは誰の目にも明らかだが、
おおかたはひっそりと生息している。
庭仕事をしているとうのわたしは、あちらであれが今は静かにしている、
奥の方で隣のものと仲良くしている、地下で眠っているなど、
自分の細胞のように感じているけれど、
Fさんは一つ一つを丁寧にみて感じてくださっているような気がして
わたしもすんなりうれしくなる。

f0160480_20412057.jpg

   Fさんがいいねと言ったシーンを、ちょっとアングルを変えて
   Hibernica ヒベルニカ ホトトギスと
f0160480_20433313.jpg

   Baronne H. de Snoy
f0160480_20442031.jpg

   寄せ植えもまだいきいきとしています。
   鉢も庭の中ですんなりとけ込めればいいねとおもう。


外の撮影もほぼ終えて、次は室内の撮影となる。
室内から外の風景など撮りつつ、なんと、想定外のわたしの仕事現場写真も
撮ることになり焦る!
そこは撮らないと思っていたのでかたづけていないのだった。
いやぁ、冷や汗ものであったが、でも、うれしかった。
わたしの長年やってきた仕事はもちろん好きなことだが、地味な仕事だ。
そこに光をあててくれたことに素直にありがたくおもう。

   どうもありがとうございます。

そのほかにも、え!こんなのも撮るんですか?というのもあり、
ホント、やらせではないです。
暮らしそのまま撮られてました。

実際のところ、その中のどれが載りどれが載らないかは全然わからないけれど、
(その中で載るのはほんの一部でしょうけれど)
身に余る今回の撮影には本当に感謝しています。
掲載はまだまだ先のことでありますが、みなさまみていただけたらうれしいです。
f0160480_2056535.jpg

   ヤマコウバシの橙は素敵
[PR]
by sakillus | 2010-11-21 20:58 | 庭づくり | Trackback | Comments(6)
撮影を終えて
春の庭を撮っていただけるという思いがけない提案に加えて、
急遽秋の庭も撮ることはできますか?との打診を受けたときはさすがに驚き焦ったが、
こういうときにものいうのは体力だとおもう。
わたしはこれだけは自慢できる。

とにかく撮影までの約10日間可能な限り手入れをし手を加えた。
日取り決めは難しく当初の日程を少し早め16日にしたのは当たりだった。
秋の紅葉はいつ何時さ〜っとなくなってしまうかもしれないから。

前夜の久しぶりの雨、そして、当日の薄陽は恩寵と言えるものかもしれない。
ここで「普段の行いがよいから。」というのをぐっと抑える。
とにかく、この庭に来てまだ3年半、決して長くはない期間ではあったが、
庭に費やした時間は半端ではなかった。
f0160480_20563414.jpg

  道路から見た主庭
f0160480_20575757.jpg

  同じ場所を少し右へ

当日の撮影の全容を語る必要もないとおもうが、敏腕編集者Sさんとの、
雑誌にしてはおそらく込み入った打ち合わせは、なぜこの庭がこのようになったか?
ということを知りたいということだった。
そしてなんとSさんが着目したのは、わたしがもう25年以上やり続けている仕事に関することだった。
それに関わるある提案をSさんが持ち出したとき、ならばこれを、というものがわたしにはあった。
f0160480_2151515.jpg

  ジューンベリー越しに雑木、その下草を見る
  アオハダの黄葉もいいね。
  壁水栓の左上にちらっと見えるカイナンサラサドウダンの紅葉はどきっとする赤だ。

f0160480_216217.jpg

  少し引いて 半野良猫のオセロ(黒白ともいう)もいる。
  野良猫ゆえの苦労もあるとおもうが、こうして日向でのんびり毛繕いしている姿は
  半分面倒もみている身としてもなごむものである。


その夜あらためて、仕事のことから始まり、植物(栽培)との出会い、好きで始めたあること、
後年のバラとの出会い、今年から始めた山野草の生産、販売など、
自分自身の変遷と、庭づくりの変遷、庭そのものの変遷がオーバーラップし、
ひとりでじ〜んと胸が熱くなるのを抑えられなかった。
    
f0160480_21123778.jpg

  アオハダ、右上はコナラ

  つづく
[PR]
by sakillus | 2010-11-18 21:14 | 庭づくり | Trackback | Comments(10)
紅妙蓮寺が一輪
咲きました。
f0160480_18243411.jpg

f0160480_1827368.jpg

日増しに色づく雑木の中で
f0160480_18252331.jpg

紅がわかりますか?
艶やかでしょ?
f0160480_18284794.jpg

大紫リンドウ
f0160480_18292998.jpg

ヤブコウジの赤も冴えています。
f0160480_18302763.jpg

Saflano,The Nun,LeVesuve がよく咲いています。
f0160480_18345473.jpg

f0160480_1835104.jpg

Le Vesuve

f0160480_18354864.jpg

f0160480_18361436.jpg

Blue Fou You
f0160480_18395425.jpg

Mrs.Hervert S.
f0160480_1841120.jpg

Alister S.G.
f0160480_18413921.jpg

白花深山ラッキョウ
ほんの小さなものなのですが・・・
f0160480_1843942.jpg

糸ラッキョウ
f0160480_18433225.jpg

家菊


  とても美しい人だとおもう・・・アウン・サン・スー・チーさん、
  解放!よかった!
[PR]
by sakillus | 2010-11-13 18:43 | 植物 | Trackback | Comments(4)
「バラはだんぜん無農薬」
f0160480_1755330.jpg


まもなく発売です。

この本はyukikoさんやkajinyさんtakasiさん、りきさん、Toto&Bebeさん、HISAKOさんたちが、かなり前ネット上でバラ栽培のやりとりをしていたことが発端で、いつしか、自分たちの無農薬での栽培実践本を出したいと地道に画策したことが今回こうして形になったのでした。
その方々たちに加えて、あっちゃんやkatatakaさん、kazuさん、POCO A POCOさん、そしてわたしが参加しています。

f0160480_1772832.jpg



内容の紹介、各人のブログ、HP案内は築地書館のHPへ!


f0160480_1782358.jpg
f0160480_1784128.jpg


バラという植物はいろいろな意味で奥深いものですが、栽培に関してもそうなのではないかと思います。
植え付け、剪定から肥料やり、水やり、予防措置・・・etd、あ、まちがい、etc.
野生バラを除き、バラは人の世話になることで、人の気を引くことで自らの繁栄を勝ち取ってきたのではないか、そう思うことさえあります。
今でもあまり栽培上手ではないわたしはそう思ってしまいます。
f0160480_171058.jpg



無農薬で育てること自体はそう難しいことではないとおもいます。
事実、近年それで育てている方はとても多い。
こうして、わたしたち素人の実践本が世に出るということは時代の流れと言いましょうか。
農薬の危険性はやはりまだ未解明なことがあると思いますし、一人でも多く「わたしもやってみよう」と思ってくださる方が増えればこれに越したことはありません。
どうぞ手にとってみてくださいね!


f0160480_17103571.jpg
f0160480_17105946.jpg

f0160480_17112318.jpg

f0160480_17114415.jpg

熊本ファウンド「教会のバラ」
[PR]
by sakillus | 2010-11-09 17:12 | 掲載・本 | Trackback | Comments(10)
はじける
晩夏に咲いた、衝撃的に素敵だった吹き掛け花ツリフネソウの
f0160480_222014100.jpg

種はほどなくしてできたが、
近頃種の数が少なくなっていることに気づく。

落ちてしまったのだろうか?

ツリフネソウは一年草なので、この種はぜひ採りたいと思っていた。
全部落ちてしまうと目的が果たせられないので、
完熟していないかもしれないとも思い、お茶の紙パックをかぶせようとしたところ、

  ぷちっとはじける種!

そうか、熟したものは何かの刺激ではじけ飛んだのだ。

ならばということで今度は、紙袋を下に持って、さやのような種にふれる。

  ぷちっとはじけた種が袋にあたる勢い 紙の音が心地よい
f0160480_2228330.jpg

はじけたさやは瞬時にくるっと丸くなる。

植物の戦略、なんという知恵なんだろう。全身全霊の知恵だ。
わたしは、この小さな種ほどの知恵を持ち得ているのだろうか?
f0160480_22283389.jpg



こころを定める。
宇宙の一番大きな懐にこころを向ける。
方向性を間違えないように。
なにものにもとらわれない時、本当の自由を感じる。
何も失わない、自由
わたしの魂は宙(そら)を飛ぶ。
[PR]
by sakillus | 2010-11-07 22:37 | 自然物 | Trackback | Comments(6)
秋の庭
春のバラはそのバラの力によって咲く、それはさしてむずかしくないことだが、
秋のバラを咲かせるのは人の力によって、それは技術のいること、というように、
庭自体の見せ方という意味でも、春は植物の多彩な勢いによって春爛漫たる様を見せるのはたいへんなことではないが、しかし、秋をどれだけ豊かに、すばらしい庭にさせるかは簡単なことではない。
f0160480_2252533.jpg

f0160480_22523481.jpg


まだまだ未熟で、自分のいたらなさもわかっているのだが、私は、秋こそ彩り豊かな、質感も多彩で、しかもすっきりとしていて、植物同士の響きあいも感じられるしっとりとした庭にしたいと思っていた。
f0160480_22534372.jpg

なにをクリアーに見せ、なにを引っこませるか?
伸びすぎた枝はおもいきり切ってしまい、枝数を制御する。
花殻も残しておいていいものと残さない方がいいものとそれぞれ対処する。
なにしろ日頃の手間が大事だ。

過日、すばらしい庭をたくさん見ている方お二人がここにお見えになった。
そうして我が拙庭を気に留めてくださることをとてもありがたく思う。
いろいろなお話をする中で、前からこれはすばらしいと思う庭の本の写真を見せたところ、
お二人はその庭もその庭の主もよくご存じでいらした。
プロではなく素人の庭である。
特に秋の庭がすばらしく、
「この方はどういうところが違うのでしょう?」と問うた。すると、
「絵心と経験値でしょう。」とおっしゃる。さらに、
「紅葉のいろあい、葉の形、質感を理解していて、それを描きながら組み合わせる。」のだという。
うなってしまった。
「秋こそ技量が出てしまうんですよね。」と、たたみかける。
わたしも本当にそう思う。

そして、またあらたに挑戦するように、私の気持ちは来年の春に、そして秋に向かっているのだった。

f0160480_230277.jpg


嵯峨菊、ノウゴウイチゴ、アサギリソウ

f0160480_230272.jpg

    紅チガヤ、シラサギスゲにノコンギクが寄り添ってきている。


そして、よい庭をつくるには自分の感受性を豊かにするのが一番と思うのだった。

f0160480_2321215.jpg

f0160480_2324027.jpg

f0160480_233765.jpg

    清澄白山菊
f0160480_2345998.jpg

    八重咲きリンドウ
[PR]
by sakillus | 2010-11-05 23:09 | 庭づくり | Trackback | Comments(5)
花菜ガーデンにて -2-
花菜ガーデン、つづきです。

f0160480_2018283.jpg


f0160480_20184099.jpg


lewwson Gower / ルーイソンゴワー(左)とFeu Pernet-Ducher / フー・ペルネ・デュッセ
f0160480_20242097.jpg


まったく知らなかった EBB TIDE / エブ・タイド という薔薇、フロリバンダのようです。
紫というより黒赤に見えました。
相当黒く、皆「いいねぇ。」の合唱でした。
f0160480_20265688.jpg

これも驚きでした。
The Friar / ザ・フライヤー  なんとイングリッシュローズ、1969年の作出です!
知らなかったです。
藤色を帯びた花色とそう多くはない花弁数がなんともいえない風情を醸し出していました。
D.Austin氏は推奨してなかったようで、当然販売はないでしょう。
日本人受けすると思うのですが・・・
f0160480_20333278.jpg

これもかなり好みです。
同じくERの MALVERN HILLS / モーヴァン・ヒルズ
アリスター・ステラ・グレイをしなやかなつる性にしたよう。
f0160480_20352821.jpg

あんまりアイが見えないけれど、EYES FOR YOU / アイズ・フォー・ユー
木槿とかシャクヤクのような花でした。


ところで、これはなんでしょう?
f0160480_20372473.jpg


むふふ、ロサ・キネンシス・スポンタネアの実です。
いただきました。
中を割ると、
f0160480_20382493.jpg

あらっ!ほとんどひとつの実にひとつの種しか入っていません。な〜んだ。
とても大きな種です。すでに大物の予感。

スパイシーな香りがします。エキゾチックでもありやすらぎます。
これが、1,3,5 トリメトキシベンゼンというヤツだね。(習ったばかり)
この香り成分はストレス緩和作用が高いのだそうです。

種は当然蒔きました。この種は赤系でとても花付きの良い個体のです。
期待大です。どこに植えるのかわからないとしても・・・
[PR]
by sakillus | 2010-11-03 20:43 | Trackback | Comments(2)